サンドゥ・シャーン・タヒル(津田)|ドラフト・レポート

サンドゥ・シャーン・タヒル(津田)

ここでは、「サンドゥ・シャーン・タヒル(津田)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



179cm73kg 右左 MAX141km 外野手・投手 遠投110m 50m6秒1
身体能力が高い1番・投手兼外野手。野手としての資質にはプロも注目。パキスタン人の父を持つ。

  動 画

投手成績詳細

 ■ 高校時代成績

   18夏(背番号1)     回数 被安 奪三 四死 失点 
   1回戦:高松第一 先   9  6  7  4  0封
   2回戦:坂出工業 先  8.1  10    10  10
              17.1  16    14  10 防5.19(失点から算出)
                 被安打率8.31 四死球率7.27

  最新記事

 ■ プロ注目の津田・サンドゥ初戦で散る「次のステージで…」(デイリースポーツ) 19/7/16

 投打でプロ注目の津田・サンドゥ・シャーンタヒル投手が初戦で姿を消した。初回に甘い球を痛打されて3失点。二回以降は最速141キロの直球を主体に立ち直ったが、逆転の願いはかなわなかった。パキスタン人の父と日本人の母を持ち、俊足を生かした打撃も魅力の逸材は「自分の力を発揮できず悔しい。次のステージで頑張りたい」と震える声で話した。
 約1カ月前の練習試合で腰を痛め、痛み止めを飲みながらの力投だった右腕。(四国新聞社)

      試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率 
   18夏予: 2 .250  8  2 0 0 0 0          .250(5・3番/投)
   19夏予: 1 .333  3  1 0 0 0 0 1 1 1  .500  .333( 1番/投)
   通 算: 3 .273 11  3 0 0 0 0          .273

   19夏(背番号1)     回数 被安 奪三 四死 失点 
   2回戦:高松中央 先   9  8  5  5  3 141㌔…自己最速更新
               9  8  5  5  3 防3.00
           被安打率8.00 奪三振率5.00 四死球率5.00

   【一塁到達タイム】18夏1回戦:4秒32(二ゴ、上記動画から計測)

 ■ 津田・サンドゥ投手兼外野手 快足&窓ガラス割り弾(日刊スポーツ) 19/7/2

 香川県さぬき市にプロ9球団が視察した好素材がいる。179センチの長身と長い手足が特徴的。パキスタン人の父を持つ津田のサンドゥ・シャーンタヒルはエース兼外野手で、50メートル6秒1の俊足を生かした守備範囲の広さが武器。「本来は中軸を打てる。打順を回すために打順は1番。いなくてはならない存在」と中塚智也監督は信頼を寄せる。2年夏から背番号1。角度ある球を投げこむ。長打力も兼ねる。ロングティーでは、グラウンド後方の校舎を越える推定120メートル弾を頻繁に飛ばし、屋上を越えて別棟の窓ガラスを割ったこともある。マリナーズ・イチローに憧れ、小学2年で野球を始めた。父タヒルハミードさんはボクシングとサッカー経験者だが、自身は野球一筋。俊足でグラウンドを駆けるプレースタイルは、イチローと重なる。スカウト陣は走攻守そろった野手として評価。本人も「いけるならいきたい」とプロを志望している。

  プロフィール

 香川県さぬき市生まれ。
 サンドゥ・シャーン・タヒル(Shyan Tahiru Sando)外野手。
 神前小学校2年時から軟式野球を始め、さぬき南中時代は軟式野球部に所属。
 パキスタン人の父親と日本人の母親を両親に持つハーフ。

 津田高校では1年時秋から控えとしてベンチ入り。
 翌2年夏の香川大会で主戦投手の座をつかみ、初戦・高松第一戦で公式戦初登板を果たす。
 6回表2死満塁のピンチを三振で凌ぐなど6安打7三振1-0完封の粘投を披露。
 続く坂出工戦にも先発で臨み、序盤競ったが、後半失速し、9回途中10失点でKOとなった。
 同秋の県大会を初戦(7-10)で終え、冬トレで体重5kg増と体力不足を改善。
 アピールを期して3年春の県大会を迎えたが、高松北高に7回3-10で敗れ初戦で姿を消した。
 同年夏の県大会は高松中央に1-3完投(3打数1安打)で敗れ1回戦で敗退。
 腰痛を押して先発を務めるも初回に3点を失い、打撃陣も1得点のみとふるわずそのまま敗れた。
 県大会2回戦が最高成績。甲子園出場実績は無し。

 179cm73kg、走攻守3拍子揃ったプロ注目外野手。
 バットコントロールによさのある左の好打者。ロングティーでは推定飛距離120m級の打球を放つ。
 50メートルを6秒1で駆け抜ける脚力を武器にリードオフマンとしてチームに貢献。
 守ってはスピードを生かして外野手としてプレー。ピッチャーとして最速141㌔を投げる肩を備える。
 野手としての資質で9球団スカウトから注目をされた。

 スラッとした体格の右オーバースロー。
 セットポジションから始動をしてタメて重心を下げ、後ろ深めに右ヒジを柔らかく使った腕の振りから
 投げ下ろす最速141㌔(3年夏に計測)の直球と5種類そろえた多彩な変化球。
 2年夏の予選2戦17.1回で14四死球を出した制球が課題。冬場トレでスタミナ不足を改善した。
 投打ともに公式戦での実績はまだ少ない。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2020年プロマーク状況



最終更新日:2019年08月30日(金)|2019年高校生野手 | コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2019年高校生野手 | コメント(0) Page Top↑