宮里 優吾(岩倉)|ドラフト・レポート

宮里 優吾(岩倉)

ここでは、「宮里 優吾(岩倉)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



宮里 優吾(岩倉)

181cm80kg 右右 MAX147km スライダー・カーブ・フォーク
最速147㌔直球とフォークが武器の本格派。2年秋に都8強入り。都選抜でキューバ遠征を経験した。

  動 画

投手成績詳細

 ■ 高校時代成績

   17夏(背番号11)    回数 被安 奪三 四死 失点 
   2回戦:安田学園     1  1       2

   17秋(背番号10)    回数 被安 奪三 四死 自責
   1回戦:多摩目黒    1.1  3  1  0  0
   2回戦:八王子高    0.1  0  0  0  0
   3回戦:明星高校     1  0  2  0  0
              2.2  3  3  0  0 防0.00
          被安打率10.13 奪三振率10.13 四死球率0.00

   18夏(背番号19)    回数 被安 奪三 四死 失点
   2回戦:修徳高校     3  0       0

   18秋(背番号1)    回数 被安 奪三 四死 自責
   1回戦:立志舎高 先   9  9  10  1  1
   2回戦:八王子高 先  5.1  7  5  2  2
   3回戦:立正大付    5.2  1  9  1  0
   準々決:東海菅生 先   8  6  4  1  1
               28  23  28  5  4 防1.29
           被安打率7.39 奪三振率9.00 四死球率1.61

  最新記事

 ■ 岩倉・宮里、無死満塁斬り無安打救援も涙の敗退(スポニチ) 19/7/20

 プロ注目右腕の岩倉・宮里優吾の夏が終わった。都高島相手に3点ビハインドの6回無死満塁のピンチで3番手として登板3者連続で打ち取り無失点で切り抜けると、その後も打者14人から7三振を奪い、無安打救援の力投。中1日で先発を櫛田に譲ったが「点を取られる前に投げたかった」と試合後は涙が止まらず。「もう一度体を作り直してプロのステージで勝負したい」と先を見据えた。

   19夏(背番号1)    回数 被安 奪三 四死 失点 
   2回戦:東洋高校     5  0  6  1  0 143㌔
   3回戦:朋優学院    5.2  3       1
   4回戦:日体荏原 先   9  6  7  1  0封
   5回戦:都立高島     4  0  7  2  0
              23.2  9       1 防0.38(失点から算出)
          被安打率3.00 奪三振率10.00 四死球率2.00(3回戦を除く)

 ■ 岩倉・宮里が5回0封好救援(デイリースポーツ) 19/7/8

 プロ注目右腕の宮里優吾投手が5回無失点6奪三振の好リリーフ6月下旬に手首を痛めて直前では投球練習もままならない状態の中、両軍ともに無得点の五回から登板。中日など3球団のスカウトから視察を受ける中、ヤクルトのスピードガンで最速142キロを計測した直球とフォークを軸に五回2死から4者連続奪三振に斬った。部内暴力が発覚し、1月30日から4月29日まで対外試合の禁止処分を受けた。今春の東京大会は出場辞退し、他校との練習試合を再開したのは5月3日。地道なトレーニングが実を結び、昨秋から球速は147キロまで上がった。
 日本ハム・坂本スカウトは「6月の練習試合で見たときよりもバランスが良く、勝てる投手に成長していて驚いた本人の努力がうかがえる。将来がとても楽しみ」と進化を続ける右腕を高く評価した。「秋は最高140キロだった」という球速は、6月末の浦和学院との練習試合で最速147キロ。(報知)
 ヤクルトの斉藤宜之スカウトは「夏の初戦、しかも(コンディションが)厳しい場面でこれだけ投げられたら十分(候補になる)でしょう」と高く評価した。(スポニチ)
 ヤクルト・伊東編成部長は「横浜高の藤平(現楽天)のイメージ。楽しみ。あと2度ぐらい見たい」と期待した。(SANSPO)
 中日・小山スカウトは「変化球が低めに決まっている」と評価。(デイリースポーツ)

  プロフィール

 東京都渋谷区出身。
 宮里 優吾(みやざと・ゆうわ)投手。
 渋谷本町学園小1年から軟式野球を始め、同学園中では硬式・練馬北シニアに所属。

 岩倉高校では1年夏から背番号11でベンチ入り。
 1年生ながら安田相手の初戦に救援で起用され、2ラン被弾、1回2失点の夏デビューを果たす。
 その後負った右ヒジの怪我を克服し、2年時夏の予選に背番号19でベンチ入り。
 2回戦・修徳戦に6回から3番手として登板し、敗戦の中で3回ノーヒット0封の力投を見せた。
 同秋の新チームでエースの座をつかみ、計28回6失点の活躍で都8強まで進出。
 3-1逆転勝ちを収めた3回戦・立正大立正戦で、5.2回1安打9K0封の好救援を演じている。
 この活躍により都選抜入りを果たし、井上らと共に12月のキューバ遠征に参加。
 3年時春の都大会不出場(不祥事)を乗り越え、6月の練試・浦学戦で147㌔を叩き出した。
 同年夏の東大会は都高島に1対4(4回ノーヒット7K0封)で敗れ5回戦で敗退。
 先発救援で全4戦のマウンドにあがり、荏原を完封するなど、合計23.2回1失点の好投をみせた。
 都大会8強が最高成績。甲子園出場経験は無し。

 181cm80kg、最速147㌔直球を持つプロ注目右腕。
 セットポジションからゆっくり足を上げて重心を下げ、着地早めに肘を使った腕の振りから投げ込む
 最速147㌔(3年夏前に計測)の真っ直ぐと、スライダー、フォークなどの変化球。
 真っすぐとフォークが武器の本格派。3年夏の予選初戦・東洋戦で4者連続奪三振を記録した。
 2年秋の被安打率7.39、奪三振率9.00、四死球率1.61。

  スカウトコメント

中日・小山スカウト|19/7/8
 「変化球が低めに決まっている」
日本ハム・坂本スカウト|19/7/8
 「6月の練習試合で見たときよりもバランスが良く、勝てる投手に成長していて驚いた。本人の努力がうかがえる。将来がとても楽しみ」
ヤクルト・伊東編成部長|19/7/8
 「横浜高の藤平(現楽天)のイメージ。楽しみ。あと2度ぐらい見たい」
ヤクルト・斉藤宜之スカウト|19/7/9
 「夏の初戦、しかも(コンディションが)厳しい場面でこれだけ投げられたら十分(候補になる)でしょう」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2020年プロマーク状況



最終更新日:2019年07月23日(火)|2019年高校生投手 | コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2019年高校生投手 | コメント(0) Page Top↑