後藤 凌寿(四日市商)|ドラフト・レポート

後藤 凌寿(四日市商)

ここでは、「後藤 凌寿(四日市商)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 楽天 阪神 千葉 中日 オリ 横浜 日ハム 巨人 福岡 東京 西武 広島
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



183cm74kg 右右 MAX145km スライダー・カーブ
最速145㌔直球を持つ細身のプロ注目右腕。3年時春に145㌔をマーク。主将・4番・エースを務める。

投手成績詳細

 ■ 高校時代成績

   18夏(背番号6)    回数 被安 奪三 四死 失点
   1回戦:久居高校     4  6       4

   19夏(背番号1)    回数 被安 奪三 四死 失点
   1回戦:明野高校 先   9  8  9  8  2
   2回戦:津 工 業 先   5  6  7  1  3
               14  14  16  9  5 防2.57
          被安打率9.00 奪三振率10.29 四死球率5.79

  プロフィール

 三重県四日市市出身。
 後藤 凌寿(ごとう・りょうじゅ)投手。
 四日市市立大池中学校時代は軟式野球部でプレー。

 四日市商では1年夏から背番号16でベンチ入り。
 当初、ショートとしてレギュラーの座をつかみ取り、2年夏初戦で二塁打2本の夏デビューを果たす。
 6回表から救援として登板するも久居打線に4回4失点と打たれて2対7で敗戦。
 同秋の地区予選で最速139㌔を計測したが、朝明に0-2完封で敗れ県大会進出を逃した。
 実績乏しいながらも地元・中日などプロのスカウトから注目される存在へと浮上。
 3年時春の四日市予選(2次敗退)初戦・四中工業戦で最速更新の145㌔を計測している。
 3年時夏の県大会は津工業に5対6(5回7K3失点)で競り負け2回戦で敗退。
 全2試合先発で14回16奪三振の力投をみせ、初戦・明野戦で8四死球7-2完投勝ちを挙げた。
 県大会2回戦が最高成績。甲子園出場経験は無し。

 183cm74kg、プロ注目の最速145㌔右腕。
 癖の少ないフォームから投じる最速145㌔ストレートが武器。スライダー、カーブなどを織り交ぜる。
 最速150㌔を目標に掲げる好右腕。県大会1勝と高校時代の実績は乏しい。
 地元・中日などスカウトから注目される将来性が魅力。3年春の地区予選で145㌔を計測した。
 主将・4番・エースの大黒柱としてチームを牽引する。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2019年プロマーク状況



最終更新日:2019-07-23(火)|2019年高校生投手 | コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2019年高校生投手 | コメント(0) Page Top↑