笠島 尚樹(敦賀気比)|ドラフト・レポート

笠島 尚樹(敦賀気比)

ここでは、「笠島 尚樹(敦賀気比)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



177cm71kg 右右 MAX145km スライダー・カーブ・チェンジ
最速145㌔のスリークォーター右腕。コーナーを狙って投げ込む。丹生・玉村に3-0完封で投げ勝った。

  動 画

  投手成績

 ■ 甲子園成績

     試合   回数 被安 奪三 四死 自責
   18夏: 1    1  2  0  2  3 135㌔ 木更津総
   19夏: 3    21  17  15  6  7
        先  9  3  7  2  1 144㌔ 富島高校 ○
        先  6  4  2  4  2 145㌔ 国学久我 ○
        先  6  10  6  0  4 145㌔ 仙台育英 ●
   通算: 4    22  19  15  8  10 防4.09
       被安打率7.77 奪三振率6.14 四死球率3.27

投手成績詳細

 ■ 高校時代成績

   18春            回数 被安 奪三 四死 失点
   福井県1回戦:武生東高 先   4  4  5  2  1

   18夏            回数 被安 奪三 四死 失点
   福井県1回戦:丸岡高校 先   4  0  5  0  0
      準決勝:敦賀高校     1  0  0  0  0
                  5  0  5  0  0 防0.00
              被安打率0.00 奪三振率9.00 四死球率0.00

   19春            回数 被安 奪三 四死 自責
   北信越1回戦:航空石川 先   9  4  9  0  0封139㌔…初完投初完封
      準決勝:日本文理 先   5  2  1  2  0
      決勝戦:星稜高校 先   8  9  4  3  2
                  22  15  14  5  2 防0.82
              被安打率6.14 奪三振率5.73 四死球率2.05

  最新記事

 ■ 敦賀気比・笠島が最速144キロ 日本ハム平沼憧れ(日刊スポーツ) 19/8/8

 2年生エース笠島尚樹投手の1失点完投で、敦賀気比が福井県勢春夏通算90勝を挙げた。笠島は初回に自己最速を2キロ更新する144キロをマーク。前に突っ込む投球フォームを改善しようと、冬場に重心を後ろに置く意識で投げ込みを行いキレも制球力もアップ。東哲平監督は「あれだけひざ元で伸びる球を投げられる投手はなかなかいない」と笠島の将来性に目を細める。

   19夏            回数 被安 奪三 四死 失点
   福井県2回戦:坂井高校 先   5  5  3  4  4
      準々決:若狭高校 先   5  3  2  2  2
      準決勝:福井商業    5.1  4  5  0  1 142㌔
      決勝戦:丹生高校 先   9  5  8  3  0 142㌔
                 24.1  17  18  9  7 防2.22
              被安打率6.29 奪三振率6.66 四死球率3.33

 ■ 笠島投手が直球で圧倒(中日スポーツ) 19/7/26

 初戦、二戦目と本調子ではなかった。「三年生と少しでも長く野球をやりたい」。気負いが力みを生み、フォームを崩していた。決勝の大一番も気負いは抜けない。「必要以上に力が入った」。序盤は体が突っ込み、制球が乱れた。しかし、中盤から落ち着きを取り戻し、右腕が輝き出す。春から威力を増した140キロ超の直球で押し、丹生打線を圧倒。七回の先頭打者に投じた外角の直球は、この大会の集大成。「キレ、コースともに完璧だった」と自賛した。

  プロフィール

 福井県鯖江市出身。
 笠島 尚樹(かさしま・なおき)投手。
 鯖江市中央中時代は硬式野球チーム・鯖江ボーイズでプレー。

 敦賀気比では1年時春から控えとしてベンチ入り。
 1年生ながら夏の本戦初戦に救援で起用され、1イニング3失点のホロ苦全国デビューを果たす。
 2年時春の北信越大会に主戦として臨み、計22回3失点の活躍で準Vを達成。
 初戦・航空石川戦で無四球1-0完封を記録し、決勝・星稜戦で8回3失点の粘投を見せた。
 同年夏の県大会準決勝・福井商戦で自己最速を3㌔更新する142㌔を計測。
 プロ注目左腕・玉村昇悟と投げ合った翌決勝で5安打8K3対0完封の好投を披露している。
 続く甲子園本戦全3戦の先発を務め、計21回7失点の粘投で3回戦まで進出。
 初戦・富島戦で3安打1失点完投勝利を収め、2回戦・国学院久我山戦で145㌔を計測した。
 2学年上のチームメイトに黒田響生、1学年上に木下元秀ら。

 177cm71kg、最速145㌔のスリークォーター右腕。
 セットポジションから上体を傾けて重心を下げ、インステップして球持ちに良さのある腕の振りから
 繰り出す最速145㌔、常時130㌔台中盤から140㌔強(先発時)のストレートと、
 120㌔台の2種類のスライダー、110㌔前後から110㌔台のカーブ、その他チェンジアップを操る。
 2年春の北信越大会で主戦の座を掴み、同夏の甲子園で145㌔をマークした。
 低めに伸びる直球で東監督から高評価を獲得。甘い球もあるが内外角に丁寧に投げ分ける。
 甲子園4試合22回で、奪三振率6.14、四死球率3.27。

  スカウトコメント

オリックス・由田慎太郎スカウト|19/9/26
 「ホップするような球質のストレートと、打者に向かっていく姿勢がいい。あとは抜いた球を覚えれば最高です」
ロイヤルズ・大屋国際スカウト|19/8/13
 「全身がバネのようで、ボールが生きている」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2020年プロマーク状況



最終更新日:2019年08月25日(日)|2020年高校生投手 | コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2020年高校生投手 | コメント(0) Page Top↑