山田 怜卓(八戸学院光星)|ドラフト・レポート

山田 怜卓(八戸学院光星)

ここでは、「山田 怜卓(八戸学院光星)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



178cm74kg 右右 MAX145km スライダー・カーブ・チェンジ
直球の伸びに自信を持つ右サイドハンド。甲子園で145㌔を計測。スライダー、チェンジアップを交える。

  動 画

  投手成績

 ■ 甲子園成績

   19夏     回数 被安 奪三 四死 自責
   誉 高 校     4  3  3  2  0 142㌔
   智弁学園    3.2  4  7  4  0 145㌔ ○
   海星高校    3.2  2  3  1  1 144㌔ ○
   明石商業    2.1  2  1  2  1 142㌔ ●
          13.2  11  14  9  2 防1.32
       被安打率7.24 奪三振率9.22 四死球率5.93

投手成績詳細

 ■ 高校時代成績

   18夏           回数 被安 奪三 四死 失点
   青森2回戦:八戸工業    0.2  0  1  0  0
     準々決:大間高校 先   4  0  6  1  0
                4.2  0  7  1  0 防0.00
            被安打率0.00 奪三振率13.50 四死球率1.93

   18秋           回数 被安 奪三 四死 失点
   青森準々決:弘前工業 先   5  2     0  0封
     決勝戦:弘前東高 先   6  6     5  4
   東北2回戦:専大北上     2  2  1  1  1
     決勝戦:盛岡大付 先   2  6  1  1  2
                 15  16  12  5  7 防3.00
             被安打率9.60 奪三振率7.20 四死球率3.00

  最新記事

 ■ 八戸学院光星の山田、痛恨の暴投(時事ドットコム) 19/8/18

 八戸学院光星の山田には、痛恨の1球となった。同点の八回2死三塁から暴投で決勝点を献上。「低めを狙ったスライダーが引っ掛かってしまった。自分のせいで負けた」と責任を背負い、変化球の制球に磨きをかけてきた背番号「1」は号泣した。今大会では全試合に救援登板。終盤の大事な場面でマウンドを託され、「全力は出し切った。夢の舞台で終われたことはよかった」と涙を拭った。

   19夏(背番号10)      回数 被安 奪三 四死 失点
   青森1回戦:大間高校 先   1  0  1  0  0
     2回戦:板柳高校     1  2  2  0  0
     準々決:三沢商業 先   5  5  5  3  0封
     準決勝:青森商業    0.1  0  1  0  0
                7.1  7  9  3  0 防0.00
            被安打率8.59 奪三振率11.05 四死球率3.68

 ■ 八戸学院光星、打線に粘り(時事ドットコム) 19/8/12

 八戸学院光星が中盤以降の激しい攻防を制した。リードを6点に広げた直後の六回、先発の横山が突然崩れて7点を奪われた。しかし八回に下山の二塁打で同点。途中出場の沢波が九回に一塁強襲安打を放って2点を勝ち越した

 ■ 輝け光星’19センバツ 選手紹介 山田怜卓投手(毎日新聞) 19/2/24

 ボールの回転数は2300超(1分間)と投手陣でトップ球のキレと伸びには自信がある。「背番号は関係ない。後藤と並ぶ2人のエース」と仲井監督も太鼓判を押す。

  プロフィール

 京都府向日市出身。
 山田 怜卓(やまだ・りょうた)投手。
 第4向陽小時代から軟式の野球を始め、寺戸中では京都東山ボーイズに所属。

 八学光星に進学後2年時夏に出場した甲子園はベンチ外。
 翌3年春のセンバツを登板なく1回戦敗退で終え、同夏の甲子園になって全国デビューを果たす。
 ヒジの状態に不安を抱える主戦・後藤に代わり10番からエースナンバーに昇格。
 いずれも救援として全4戦に登板し、計13.2回で14K4失点、2勝1敗、防1.32の実績を残した。
 10-8再逆転勝ちを収めた2回戦・智弁戦(6回裏7失点)で最速145㌔を計測。
 7-3の6回裏1死満塁から2番手で3.2回7K2失点(7回以降無失点)の力投を披露している。
 海星高相手の3回戦を7対6サヨナラ勝ち(3.2回1失点)で制して2勝目を記録。
 準々で明石商と接戦を演じたが、8回に暴投で決勝点を与え、惜しくも6対7の1点差で敗れた。
 同期のチームメイトに近藤遼一一塁手、武岡龍世遊撃手ら。

 178cm74kg、最速145㌔直球を持つ右サイドハンド。
 セットポジションから前傾をして軽く重心を下げ、着地早めに右肘を使った腕の振りから繰り出す
 最速145㌔、常時130㌔台後半から140㌔台前半(救援登板時)の真っ直ぐと、
 120㌔台から130㌔前後のスライダー、シュートして沈む120㌔台から130㌔強のチェンジアップ。
 回転数2300超を記録する真っすぐが持ち味。スライダー、チェンジアップを交える。
 3年夏の甲子園で最速タイの145㌔を計測、4試合13.2回で14K(直球6、スライダー6)を奪った。
 遠投100m、50m6秒7。コントロールにはバラツキが残る。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2019年プロマーク状況



最終更新日:2019年08月23日(金)|2019年高校生投手 | コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2019年高校生投手 | コメント(0) Page Top↑