奥山 皓太(静岡大)|ドラフト・レポート

奥山 皓太(静岡大)

ここでは、「奥山 皓太(静岡大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



奥山 皓太(静岡大)

186cm90kg 右両 MAX140km超 外野手 遠投120m 50m5秒8
身体能力が高い大型外野手。投手として140㌔超を投げる強肩、50mを5秒8で走る脚力を備える。
2019年阪神育成2位

  打撃成績

 ■ 大学時代成績

     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   16春:          出場無し
   16秋:          出場無し
   17春:          出場無し
   17秋:          出場無し
   18春:          出場無し
   18秋: 13 .318  44 14    0 2    1
   19春: 9 .323  31 10 2 1 0 4    4     .452
   19秋: 6 .250  20  5 0 0 0 0    0     .250
   通算: 28 .305  95 29    0 6    5

  プロフィール

 山梨県甲府市出身。
 奥山 皓太(おくやま・こうた)外野手。
 甲府市立西中学校時代は軟式野球部でプレー。

 甲府西時代3年夏(主戦)は県大会8強で敗退。
 当初、控えの外野手としてメンバー入りを果たし、1年生の秋から本格的に投手の練習を始めた。
 当時の自己最速は140㌔。甲子園出場経験は無し。

 静岡大進学後、肘の怪我もあって外野手に再転向。
 3年時春までの5季を実績を残せないまま終え、同秋から3番・右翼兼中堅でレギュラーを務める。
 以降2シーズンで計22試合に出場し、通算24安打、打率.320本0盗5をマーク。
 高校時代右打ちながらスイッチヒッターに挑戦し、4年時春のリーグ戦では主に左で活躍した。
 運動能力に恵まれた大型外野手としてスカウト陣から注目される存在に浮上。
 リーグ選抜として出場した4年時8月の巨人3軍戦で右安(途中出場、右打席)を記録している。
 静岡リーグ通算28試合、打率.305、0本塁打、5盗塁。

 186cm90kg、身体能力の高いプロ注目外野手。
 恵まれた体格を誇るスイッチヒッター。本来右打ちで静岡大入学後から左打ちの練習を始めた。
 3年時秋から3番・外野手(主に右翼)でレギュラー、4年秋から1番・中堅を担う。
 50m走5秒8を計測する脚力の持ち主。高校時代は最速140㌔超の大型右腕として活躍した。
 タイトル獲得などの実績は無し。遠投120メートル。

  スカウトコメント

阪神・吉野誠スカウト|19/10/17
 「身体能力抜群の大型アスリート系外野手。高校時代は投手だったこともあり、野手としてはまだ荒削りな部分はあるが、力強いスイングと外野からのスローイングは非常に魅力的で、プロの世界で大化けする可能性を感じる選手」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2019年プロマーク状況



最終更新日:2019年09月19日(木)|2019年ドラフト指名選手 | 東海地区大学 コメント(3) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
なるほど…文章そのまま鵜呑みはいけませんね

情報修正ありがとうございます!
| 。・。 | 2019年10月04日(Fri) 04:43 | URL #- [ 編集]
「右打ちに専念」は3年秋(右10試合、左3試合)の話なんじゃないですかね。東海地区大学野球連盟の公式ページによると4年春は左中心(左8試合、右1試合)だったようですよ。
| 管理人 | 2019年09月20日(Fri) 01:18 | URL #- [ 編集]
今は右打ちに専念

https://t.co/5lBQKkpZCM
| 。・。 | 2019年09月20日(Fri) 00:58 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2019年ドラフト指名選手 | 東海地区大学 コメント(3) Page Top↑