片岡 奨人(東日本国際大)|ドラフト・レポート

片岡 奨人(東日本国際大)

ここでは、「片岡 奨人(東日本国際大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



184cm78kg 右左 外野手 遠投110m 50m5秒9 札幌日大
3番に座る俊足好打の左打者、強肩のライト。3年春の選手権で中堅フェンス直撃の3塁打を放った。
2019年日本ハム7位

  動 画

  打撃成績

 ■ 大学時代成績

     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   16春:          出場無し
   16秋: 4 .000  3  0 0 0 0 0 0 0 0  .000  .000
   17春: 8 .276  29  8 0 1 0 2 6 2 2  .323  .345
   17秋: 7 .313  16  5 0 1 0 2 1 1 1  .353  .438
   18春: 10 .355  31 11 2 0 1 7 3 5 3  .444  .516(7位)
   18秋: 10 .229  35  8 1 1 1 7 4 4 3  .308  .400
   19春: 10 .424  33 14 0 2 0 12 6 8 6  .537  .545(5位)
   19秋: 9 .323  31 10 3 1 0 8 5 8 3  .462  .484(5位)
   通算: 58 .315 178 56 6 6 2 38 25 28 18  .408  .449
    ※ 19春:MVP 18春19春秋:ベストナイン

 【 全国大会 】
     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   18選: 3 .455  11  5 0 1 0 1 2 1 0  .500  .636(3番/右) 
   18神: 1 .000  3  0 0 0 0 0 1 1 0  .250  .000(3番/中)
   19選: 1 .333  3  1 0 0 0 1 0 0 0  .333  .333(3番/中)
   通算: 5 .353  17  6 0 1 0 2 3 2 0  .421  .471

  最新記事

 ■ 東日本国際大・片岡がプロ志望届提出 春に初MVP(日刊スポーツ) 19/9/9

 東日本国際大(福島)片岡奨人外野手がプロ志望届を提出し、9日に全日本大学野球連盟のホームページに掲載された。片岡は今春まで主将を務め、リーグV4をけん引。今春は打率4割2分4厘、12打点、リーグ1位の14得点で初のMVPにも輝いた。外野手としても2度目のベストナインを獲得するなど、中軸として活躍。身長184センチの左打ちで、昨年は全日本大学野球選手権8強入りの原動力になった。東日本国際大は昨年、粟津凱士投手が同大から初めてドラフト指名され4位で西武入り。2年連続のプロ誕生へ、10月17日に行われるドラフト会議での指名を待つ。

   【一塁到達タイム】18選手権2回戦:1回4秒17(一ゴ)、準々決:3回4秒20(一ゴ)
            19選手権1回戦:7回4秒17(二ゴ)

  プロフィール

 北海道札幌市出身。
 片岡 奨人(かたおか・しょうと)外野手。
 深川ヤングスターズで軟式の野球を始め、札幌向陵中では空知滝川シニアに所属。

 札幌日大では2年時秋から中堅手でレギュラー。
 俊足好打のリードオフマンとしてチームを牽引し、打率.500の好成績で全道4強入りに貢献した。
 中野河村と対戦した準々・白樺戦で、4安打2長打3打点の大活躍を披露。
 1対0で迎えた5回ウラの好機で中野の直球をライトに放り込む公式戦1号2ランを放っている。
 3年時夏の南北海道大会は北照高校に4-5サヨナラで競り負け1回戦で敗退。
 先発・山本龍之介が5回途中3失点でKOを喫し、2度追い付く粘りも及ばず1点差で惜敗した。
 1学年上に松田進吾、同期に山本龍之介ら。

 東日本国際大では1年時秋からベンチ入り。
 2年時春のリーグ戦になって出場数を増やし、打率.276、本0点2で規定打席初到達を果たす。
 打撃十傑入りを達成した3年春及び4年春秋の3季で外野ベストナインを受賞。
 7シーズンで計58試合に出場し、178打数で56安打、打率.315本2、点38盗18をマークした。
 3年時秋から4年時春まで主将を務め、7季中4季で南東北リーグ優勝を経験。
 打率.424点12(2位)盗6(2位)の好成績を残した4年時春にMVPのタイトルを獲得している。
 全国大会には3、4年春の大学選手権、および3年秋の明治神宮大会に出場。
 全5戦に3番打者としてスタメンで出場し、計17打数で6安打、打率.353点2の実績を残した。
 3年春1回戦・神大戦で高めに入った変化球を中前に弾き返す先制タイムリー。
 同2回戦・京学戦で外寄り134㌔直球を中堅フェンス上部に直撃させる三塁打を放っている。
 準々決・慶大戦ではライトからのバックホーム(初回、セーフ)で強肩をアピール。
 打者としては右安1本(外寄低めチェンジ)に留まり、8回2-10の大敗で11年ぶりの4強を逃した。
 通算58試合、打率.315、56安打、2本塁打、18盗塁。

 184cm78kg、俊足強肩好打の長身外野手。
 リーグ通算2発、癖の少ないスイングで弾き返す左の好打者。3番打者としてチームを牽引する。
 全国大会で打率.353をマーク、甘いボールを逃さない勝負強い打撃が持ち味。
 3年春の大学選手権であわや柵越えの中堅フェンス直撃3塁打(到達11秒82)を放っている。
 南東北大学リーグ戦58試合で56安打14長打(三6)18盗塁(4年春に6盗塁)。
 ポジションはライト又はセンター。強肩を生かした送球で補殺を狙う。4年時秋はライトを務めた。
 50m5秒9、一塁到達4.2秒を切る俊足を備える。

  スカウトコメント

日本ハム・白井康勝スカウト|19/10/17
 「今春まで主将を務め、南東北大学リーグ4季連続優勝を達成。打率4割超えの活躍で初のMVPにも輝いた。巧みなバットコントロールで広角に打ち分ける左打者。強い肩と脚力も兼ね備え、安定した守備も光る。札幌日大高時代は全道大会4強が最高成績だったが、着実に力をつけた。アグレッシブで強気な性格もプロ向きだ」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2019年プロマーク状況



最終更新日:2019年09月23日(月)|2019年ドラフト指名選手 | 南東北大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2019年ドラフト指名選手 | 南東北大学 コメント(0) Page Top↑