桐敷 拓馬(新潟医療福祉大)|ドラフト・レポート

桐敷 拓馬(新潟医療福祉大)

ここでは、「桐敷 拓馬(新潟医療福祉大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



178cm84kg 左左 MAX146km スライダー・チェンジ・カーブ・フォーク 本庄東
最速146㌔の左オーバースロー。平国大戦で10回18K完封を記録。スライダー、チェンジアップを交える。

  投手成績

 ■ 大学時代成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   18春:        登板無し
   18秋: 6 0勝1敗   9  4  10  2  2  2.00
   19春: 2 0勝2敗   6  10  4  7  7 10.50
   19秋: 7 1勝1敗   33  23  46  12  8  2.18(4位)
   通算: 15 1勝4敗   48  37  60  21  17  3.19
         被安打率6.94 奪三振率11.25 四死球率3.94

投手成績詳細

 ■ 大学時代成績

   19春(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責
   上武大 先   5  9  3  4  5 ●
   白鴎大 先   1  1  1  3  2 ●
           6  10  4  7  7 防10.50
      被安打率15.00 奪三振率6.00 四死球率10.50

 ■ 高校時代成績

   16春(背番号1)    回数 被安 奪三 四死 失点 
   2回戦:浦和学院 先   8          6 ※1対6

   16夏(背番号1)     回数 被安 奪三 四死 失点
   1回戦:白岡高校 先  7.1  6       3 ※0対3

   16秋         回数 被安 奪三 四死 失点 
   2回戦:春日共栄 先   8          5 ※4対5

   17春(背番号1)    回数 被安 奪三 四死 失点 
   2回戦:山村国際 先   7          0封
   3回戦:浦和学院 先   9  9       4 ※0対4
               16          4 防2.25(失点から算出)

   17夏(背番号1)    回数 被安 奪三 四死 失点 
   2回戦:埼玉栄高 先   9  7  6  1  1
   3回戦:坂戸西高 先   9  7  10  3  0封
   4回戦:市立川口 先  12  11  19  5  4
   5回戦:聖望学園 先   8  4  4  5  4 ※2対4
               38  29  39  14  9 防2.13(失点から算出)
           被安打率6.87 奪三振率9.24 四死球率3.32

  最新記事

 ■ 新潟医療福祉大・桐敷がリーグ記録に並ぶ18K完封(日刊スポーツ) 19/9/22

 新潟医療福祉大は平成国際大を延長10回、5-0で下し4連勝とした。勝ち点を獲得し、今季の勝ち点を2とした。先発の桐敷拓馬投手(2年)が延長戦のため参考ながらリーグ記録に並ぶ18奪三振の快投で、リーグ戦初完封。打線も延長10回に一挙5得点を挙げ、試合を決めた。初回1死満塁のピンチが桐敷に火をつけた。5、6番の中軸打者を迎え、自己最速146キロの直球を連発し、連続三振に仕留めた。その後も140キロを超える直球と得意球のチェンジアップ、さらに試行段階というフォークも織り交ぜながら三振の山を築いていった。2年生左腕の快投に佐藤和也監督も「今までで一番のピッチングだった」と賛辞を贈った。同じ左腕の教え子、OBで現中日の笠原祥太郎投手の2年時と比べ、「桐敷の方がいいね」と今後に大きな期待を寄せていた。

   19秋(1完1封) 回数 被安 奪三 四死 自責
   山学大    1.2  1  2  0  0
          2.2  5  6  1  1 ●
   作新大 先   4  5  6  1  1
   平国大 先   10  2  18  4  0 ○封 146㌔…初勝利初完投初完封
   上武大 先   6  6  8  1  2
   白鴎大 先   5  4  5  3  3
          3.2  0  1  2  1
           33  23  46  12  8 防2.18
      被安打率6.27 奪三振率12.55 四死球率3.27

 ■ 本庄東が延長12回で勝利 エース・桐敷は19奪三振の完投(スポニチ) 17/7/17

 本庄東が、延長12回の激闘を制し、市川口に5―4で競り勝った。本庄東は、桐敷拓馬投手が12回、203球を投げ切った。田中和彦監督が「10回で桐敷に意思を確認して、(続投を)決めた。13回、14回になっても桐敷でいこうと思っていた。信頼していた」と振り返ったエースは、期待に応えて12回を11安打されながら19奪三振の投球を見せた。

  プロフィール

 埼玉県鴻巣市出身。
 桐敷 拓馬(きりしき・たくま)投手。
 鴻巣市立川里中時代は硬式野球チーム・行田シニアでプレー。

 本庄東高校では1年時から控えとしてベンチ入り。
 早くからエースを担うも1・2回戦での敗退が続き、3年時春になって県3回戦進出の実績を残す。
 地区代表決定戦・四校連合戦で6回参考15奪三振ノーヒットノーランをマーク。
 続く夏の県大会全4試合を1人で投げ抜き、38回39K9失点の活躍で5回戦進出を達成した。
 好右腕・米倉貫太(2年)と投げ合った初戦・埼玉栄戦で2-1完投勝ちを記録。
 延長12回の接戦となった4回戦・市立川口高戦で19K5対4完投(203球)の力投を演じている。
 当時の最高球速は138㌔。甲子園出場経験は無し。

 新潟医療福祉大では1年時秋からリリーフでプレー。
 翌2年春のリーグ戦で先発2戦(2敗)を経験し、同秋に防御率2.18(4位)で投手十傑を果たす。
 第3週・平国大2回戦で初星となる延長10回2安打18K5対0完封勝りを記録。
 主に先発2番手でチーム2位の33イニングを投げ、リーグ1位となる46三振(率12.55)を奪取した。
 通算15試合、1勝(1完投1完封)4敗、48回、防御率3.19。

 178cm84kg、最速146㌔の左オーバースロー。
 セットから始動して上体を傾けながら重心を下げ、着地早めにヒジを柔らかく使った腕の振りから
 投げ込む最速146㌔の直球と、スライダー、チェンジアップ、カーブなどの変化球。
 ストレートを武器とする本格派左腕。実績はまだ少なめ。スライダー、チェンジアップを織り交ぜる。
 被安打率6.94、奪三振率11.25、四死球率3.94。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2020年プロマーク状況



最終更新日:2019年10月29日(火)|2021年大学生投手 | 関甲新学生 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2021年大学生投手 | 関甲新学生 コメント(0) Page Top↑