石黒 凌(日本製紙石巻)|ドラフト・レポート

石黒 凌(日本製紙石巻)

ここでは、「石黒 凌(日本製紙石巻)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



180cm90kg 右右 外野手 北海学園札幌→星槎道都大 2年目
ガッチリとした強肩強打の中堅手。都市対抗で右越え2ラン。社会人入り後の体作りで力強さを増した。

  動 画

  打撃成績

 ■ 社会人時代成績

     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   19都: 2 .333  6  2 0 0 1 3 2 2 0  .500  .833(4番/中)
   通算: 2 .333  6  2 0 0 1 3 2 2 0  .500  .833
    ※ 補強出場(19都:JR東北)

 ■ 大学時代成績

     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   15春: 10 .395  38 15    0 9            (1位)
   16春: 9 .444  36 16    0 6            (1位)
   17春: 10 .382  34 13    0 6            (5位)
   17秋: 10 .333  33 11    0 11            (4位)
   通算: 39 .390 141 55    0 32
    ※ 15春16春:首位打者 15春:優秀選手賞
      15春16春:ベストナイン(三塁手) 17秋ベストナイン(外野手)

 【 全国大会 】
     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   15神: 1 .500  4  2 1 0 0 0 2 0 0  .500  .750(7番/三)
   17神: 3 .538 13  7 3 1 0 2 1 0 1  .538  .923(4番/中)
   通算: 4 .529 17  9 4 1 0 2 3 0 1  .529  .882

  最新記事

 ■ 日本製紙石巻・石黒、2年目の挑戦!定位置獲る(スポーツ報知) 19/3/4

 日本製紙石巻で入社2年目の石黒凌外野手(23)が、定位置奪取へバットを振り続けている。都市対抗野球東北2次予選敗退後、星槎道都大では本格的に取り組んでいなかったウェートトレの頻度を増加。石黒は「体重や筋力がついて、想像以上に伸びるようになった」と胸を張った。出場機会が増えた8月以降に本塁打を4本打ち、計6本塁打はチーム最多。冬場も継続してウェートトレに取り組んで力をつけながら、強く振ることを徹底して最後の1人になるまで居残り練習を続けた。

      試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   19都予: 6 .208  24  5 1 0 0 5 10 1 0  .240  .250

  プロフィール

 北海道北広島市生まれ。
 石黒 凌(いしぐろ・りょう)外野手。
 高台小1年時から軟式野球を始め、緑陽中では北広島シニアに所属。

 北海学園札幌高校時代に目立った実績は無し。
 3年時夏の南北海道大会は東海大四高に4対6で敗れ札幌地区代表決定戦で敗退となった。
 地区代表決定戦進出が最高成績。甲子園経験は無し。

 星槎道都大では当初サードとしてレギュラー。
 2年時春のリーグ戦で初のベスト10入りをはたし、打率.395の好成績で首位打者など3冠に輝く。
 3年時秋から中堅手に転向し、三塁手で2度、外野で1度ベストナインを受賞。
 2・3年春、4年春秋の4度打撃ベスト10入りし、3年時春に.444(1位)のキャリアハイを残した。
 全国大会には2年秋(2回戦)および4年秋(準優勝)の明治神宮大会に出場。
 2大会全4戦で先発(15秋7番、17秋4番)を務め、17打数で9安打、打率.529点2を記録した。
 4年秋の大会で2戦連続3安打を放ち、福田俊らを擁して決勝初進出を達成。
 杉山望月が相手の初戦2回戦で2本の右線二(外低141㌔、外低め変化球)を放っている。
 続くIPU戦で中堅フェン直三&左中間適二(いずれも外寄り変化球)をマーク。
 2年秋神宮でサード、4年秋神宮で中堅を担い、4年秋の決勝戦で本塁補殺(3回)を記録した。
 同期に藤塚卓志柴崎哲治、1学年下に福田俊ら。

 日本製紙石巻では2年目の都市対抗で二大大会デビュー。
 JR東北の4番センターとして補強で出場し、計6打数で2安打、打率.333本1点3の実績を残す。
 7-1の快勝を飾った初戦・信越ク戦で、先制左前打&右2ラン(外スラ)を記録。
 続く東芝戦では3の0、2K(フォーク)と精彩を欠き、チームも2対3サヨナラで惜しくも敗退となった。
 二大大会通算2試合、打率.333、2安打、1本塁打、3打点。

 180cm90kg、ガッチリした体格の強肩強打の外野手。
 振り切るスイングから強い打球を放つ右の強打者。東京ドームライトに放り込む長打力を秘める。
 社会人入り後のトレーニングで体重を10kgアップ。バッティングの力強さを増した。
 中堅を守る守備では強肩が武器。4年秋の神宮大会決勝でホームへの好返球を披露している。
 右打者で二塁到達8.0秒前後。大学でサードを経験した。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2020年プロマーク状況



最終更新日:2019年10月14日(月)|2019年社会人野手 | 札幌学生 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2019年社会人野手 | 札幌学生 コメント(0) Page Top↑