糸原 健斗(JX-ENEOS)

ここでは、「糸原 健斗(JX-ENEOS)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 オリ 中日 楽天 東京 西武 阪神 千葉 横浜 福岡 巨人 日ハム 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



糸原 健斗(JX-ENEOS)

175cm78kg 右左 三塁・二塁 遠投105m 50m6秒2 開星高→明大 2年目
コンパクトに打ち分ける左の好打者。逆方向に強い打球を放つ。動きの良い堅守のサード兼セカンド。

  動 画

  打撃成績

     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 出塁率 長打率 
   15都: 2 .333  6  2 0 0 0 0 1 0  .333  .333 

 ■ 大学時代成績

     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率 
   11春:           出場無し
   11秋: 1  -   0  0 0 0 0 0 0 0 0   -   -
   12春: 6 .000  4  0 0 0 0 0 3 1 0  .200  .000
   12秋: 8 .105  19  2 0 1 0 2 3 3 0  .227  .211
   13春: 16 .292  48 14 3 1 1 9 9 10 3  .414  .458
   13秋: 12 .317  41 13 1 2 0 12 1 8 0  .429  .439(8位)
   14春: 14 .163  43  7 1 0 0 3 4 8 0  .294  .186
   14秋: 14 .220  50 11 1 2 0 7 3 12 2  .371  .320
   通算: 71 .229 205 47 6 6 1 33 23 42 5  .360  .332
    ※ 13春秋:ベストナイン(三塁手)

 【 全国大会 】
     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率 
   11神: 1   -  0  0 0 0 0 0 0 0 0   -    - 
   13選: 3 .500 12  6 0 0 0 1 0 0 0  .500  .500 ※ 首位打者
   13神: 3 .111  9  1 1 0 0 0 0 3 0  .333  .222
   14神: 3 .182 11  2 0 0 0 1 2 2 0  .308  .182
   通算: 10 .281 32  9 1 0 0 2 2 5 0  .378  .313  

 ■ 甲子園成績

     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   09春: 2 .571  7 4 1 1 0 1 1 2 0  .667 1.000
   10春: 1 .333  3 1 0 0 0 0 0 1 0  .500  .333
   10夏: 1 .000  5 0 0 0 0 0 0 1 0  .167  .000
   通算: 4 .333 15 5 1 1 0 1 1 4 0  .474  .533

  最新記事

 ■ JX―ENEOS ルーキー糸原がサヨナラ打 指揮官に初勝利贈った(スポニチ) 15/3/10

 JX―ENEOSは明大出身のルーキー・糸原が、タイブレークとなった延長10回に右前にサヨナラ打を放った。社会人デビュー戦で3安打の固め打ちを見せ「緊張したが、自分のいいところが出せた」と振り返った。昨年12月から指揮を執る和嶋利博監督に初勝利をプレゼント。3回に追撃の右越えソロを放った渡辺主将は「最初に勝てて良かったし、選手も自信になる」と納得の表情だった。

     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 出塁率 長打率 
   15年: 26 .330 100 33 6 0 0 14 10 14  .412  .390

 ■ 両監督が微妙な判定に抗議…八回の死球めぐり/神宮大会(SANSPO) 14/11/19

 明治神宮大会決勝(明大0-3駒大、19日、神宮)八回の明大の攻撃をめぐり両チームが抗議する場面があった。1点差の二死満塁。左打席の糸原は厳しい内角球をよけるようにしたが、ボールは遊撃方向に転がった球審が「死球」とジャッジしたかに見えたが、駒大・西村監督が抗議4審判が協議し「打者は振りにいって当たったので三振」と判定。確認の抗議をした明大・善波監督はすぐに引き下がった。西村監督は「手に当たっただけならあそこまで転がらない、と抗議した」と話した。

 ■ 明大 33年ぶり連覇に王手!糸原 監督絶賛「渋い最高の」V打(スポニチ) 13/10/28

 1回戦2試合が行われ、明大が法大を5―2で下して80年春以来、33年ぶり6度目の連覇に王手をかけた。1―2の7回2死満塁から3番・糸原健斗内野手(3年)が左前に逆転の2点適時打。3試合連続で打点を挙げる活躍で勝利を呼び寄せた。0―2の7回に1点を返し、なおも2死満塁から糸原が左前に逆転の2点適時打。自軍ベンチに向かって会心のガッツポーズを見せ「それまで3打席凡退だった。みんなの気持ちを背負って打った」と胸を張った。今春はベストナインに輝くなど、3季ぶり35度目の優勝に貢献した。しかし日米大学野球の候補合宿中に、左足甲に死球を受けて途中離脱。大学日本代表から漏れた。「悔しい思いもあったが、もう1年結果を出して選ばれたい」。今季は5番から3番に打順を上げ、リーグ5位の打率・333とチームをけん引している。バットを折りながらの決勝打に、善波達也監督は「糸原らしい渋い最高のヒットだった。粘って勝つ明治の姿を見せたい」と勝てば優勝が決まる2回戦を見据えた。

過去記事

 ■ 明大、法大破り逆王手 28日勝者が優勝(スポニチ) 13/5/28

 3回戦1試合が行われ、明大が法大を下して1勝1敗1分けのタイとし、逆王手をかけた。糸原健斗内野手(3年)が先制打を含む2安打3打点をマーク。投げては今季初先発の上原健太投手(2年)が7回途中3失点で今季初勝利を挙げた。勝てば優勝が決まった法大は、投手陣が粘れず今季初黒星を喫した。28日の4回戦で勝ったチームが優勝となる。5番に座った糸原は2本の適時打で3打点を挙げ「チームの役に立てて良かった。自分たちの粘りの野球で勝って優勝したい」と胸を張った。開幕から調子が上がらなかったが、法大戦は3試合で11打数5安打と、大一番で復調した。

 ■ 明大・糸原「バットが最短距離」/東京六大学(SANSPO) 13/5/12

 明大は三回に3番糸原が中前に2点適時打を放ち、大量10得点の口火を切った第3週の早大戦で本塁打を打つなど調子は上向きで「バットが最短距離で出ている。これを続けたい」と手応えを口にした。善波監督は「いい先制打を打ってくれた」と3年生をほめた。11安打の打線全体に関しては貪欲で「もうちょっといい打球を出してほしかった」と話した。

 ■ 明大が快勝、4回戦へ(時事ドットコム) 13/4/29

 東京六大学野球春季リーグ戦第3週第3日は29日、神宮球場で早大-明大の3回戦が行われ、明大が9-1で快勝し、1勝1敗1分けで4回戦に持ち込んだ。明大は四回に福田の犠飛と敵失で2点を勝ち越し、五回は山崎の二塁打などで加点。その後も糸原、岡大の本塁打で突き放した。早大の先発有原は6失点で今季初黒星。

 ■ 開星、無念の逆転負け(中国新聞) 10/8/12

 全国高校野球選手権大会の1回戦で、開星は5―6で仙台育英に逆転負けした。九回表、2死から逆転される無念の敗退。1点を追う九回裏、2死一、二塁。糸原健斗三塁手が快音を響かせた抜ければサヨナラ勝ちという打球は、仙台育英の三瓶将大左翼手に好捕され、試合終了。開星スタンドは悲鳴に包まれた。最後の打者となった糸原三塁手のいとこで、昨夏は開星のエースだった広島経済大1年春木良太さん(18)は「春から監督辞任などの苦しみを乗り越えてきた。成長した姿を見られてうれしかった」と涙をこらえられなかった。

       試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   10夏予選: 5 .444 18 8 4 0 2 9 1 4 0  .545 1.000

 ■ 開星、自慢の強打で接戦制す(中国新聞) 09/11/4

 強打が、チームを中国王者に押し上げた。全員ががっしりとした体格。「体重増=打力増」の考えから、年間を通じてウエートトレーニングに取り組む。 今夏より、チームの平均体重は3キロ増えた。5キロ増えた1番糸原今大会4試合で4本塁打の活躍。「安打の延長が本塁打という意識だが、(これまでとは)打球の飛距離が違う」と明かす。

 ■ 鋭い洞察力、チームけん引(毎日jp) 09/2/13

 左打席に立った173センチの小兵は、ベンチをほとんど見ない。「もっと見てくれや、と思うことはあるが、指示しなくても試合の流れを読む能力がある」と野々村直通監督(57)。卓越したセンスを持ち、機動力を看板とするチームを1番打者としてけん引する。昨秋の中国大会で1回戦の呉宮原(広島)戦の第1打席から、準々決勝の新庄(同)戦の第5打席まで9打席連続安打左右に自在に打ち分け、長打も2本。「初球から、ボールに逆らわずに低く、強く、ゴロを打つことだけを心掛けている」。中学は部活動で軟式の出身。五十メートル6秒0の俊足が期待されたが、芽を出すのに時間がかかった。「硬式のレベルの高さに戸惑った。力が足りないな、と感じた」。才能が開花したのは、昨年夏の新チーム発足のころだ。自分のチームのベンチは見ないのに、三塁の守備位置から相手チームのベンチを見るのは楽しいという。「相手の監督さんがサインを出す雰囲気やタイミングで、次のプレーをイメージするんです」。秋のレギュラーで唯一の1年生。だが、「プレーでは自分が引っ張っていこうという気持ちでないと負けてしまう」。度胸とずぶとさでも上級生を圧倒する。

 【 秋季大会成績 】
       試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   08公式戦: 8 .429  35 15 2 2 0 7 0 3 5  .474  .600
   08全試合: 28 .455  99 45 9 4 2 29 3 12 13  .514  .687
   09公式戦: 10 .450  40 18 5 0 5 13 1 7 4  .532  .950 
   09全試合: 35 .474 135 64 21 2 7 39 9 29 26  .567  .815

 選抜出場選手中11位の1年秋打率.455は素晴らしいですね。
 99打数で三振はわずか3個、公式戦での三振はゼロ。 
 選抜では2回戦敗退となったものの1番打者として2試合9打席で6度出塁、打席での堂々と
 した姿など存在感ありました。

  プロフィール

 島根県雲南市出身。
 糸原 健斗(いとはら・けんと)二塁手兼三塁手。
 小学2年から投手として野球を始め、大東中では軟式野球部で遊撃手。

 開星高では1年時からベンチ入り。
 1番打者として秋予選で打率.429の活躍を演じ、県大会準V、中国大会4強進出を達成する。
 谷繁元信が持つ中国大会記録(8打席)を更新する9打席連続安打をマーク。
 1回戦・呉宮原高戦で4打席4安打、準々決勝で5打席5安打(六信から4安打)を記録した。
 翌2年春の選抜初戦で白村明弘と対戦し、1安打2四死球の甲子園デビュー。
 続く2回戦・箕島戦で右中間3塁打、一時勝ち越しの左翼線2塁打、左前安打を放っている。
 2年夏予選を初戦2回戦敗退で終え、秋に打率.450本5の大活躍で神宮進出。
 熊南戦で2ラン、岡東商戦で2発、関西戦で先頭弾と、中国大会で4戦4発の活躍を見せた。
 3年時に連続出場した春夏甲子園は、いずれも接戦をものにできず初戦敗退。
 春選抜で藤田達也の内寄り低め直球を捉え、一塁手横を鋭く抜ける右安をマークしている。
 夏甲子園では5対6の9回裏二死2、3塁、サヨナラ勝ちのチャンスで好打を披露。
 143㌔ストレートを見事左中間に弾き返したが、左翼手のダイビング好捕に阻まれ敗戦となった。
 1学年下に白根尚貴(ソフトバンク11年4位)ら。

 明大進学後は1年秋からリーグ戦に出場。
 2年秋の立大2回戦で右中間適時3塁打を放ち、出場8試合目で初安打・初打点を記録する。
 3年春の優勝に三・二塁手として貢献し、16戦9打点で三塁ベストナインを獲得。
 法大との天王山で5番として4戦4適時打5打点、早大戦で3番として右中間ソロをマークした。
 法大2回戦で右中間適時三塁打、3回戦で先制左安、4回戦で右前同点打。
 3年秋に打率.317(8位)、点12(2位)のキャリアハイを残し、連続ベストナインを受賞している。
 慶応大1回戦で先制右中間三塁打、同2回戦で二遊間への先制内野安打。
 法大1回戦で逆転打、同2回戦12回にタイムリーと、終盤4戦5打点で優勝に大きく貢献した。
 ケガもあって4年春を1割台の打率で終え、4番を任された秋も打率.220に低迷。
 慶大1回戦で左中間スリーベース(高め147㌔)、同2回戦で三塁線適時2塁打を放っている。
 全国大会には3年春の選手権(4強)、3年・4年秋の神宮大会(準V)に出場。
 3年春にコンパクトな打撃で3試合6安打を打ち、打率.500で首位打者のタイトルを獲得した。
 センター前ヒット3本、レフト前ヒットと、準々決勝・富士大戦で4安打の固め打ち。
 3年秋の神宮大会決勝で九里亜蓮の外直球をレフト線に弾き返す二塁打をマークしている。
 4年秋の準決・創価大戦で田中正義からショートへの同点タイムリー内野安打。
 3年時に代替招集で代表候補入りを果たしたが、左足甲死球で途中離脱・代表漏れとなった。
 通算71試合、打率.229、47安打、1本塁打、33打点、5盗塁。

 JX-ENEOS入社後は1年目から公式戦に出場。
 スポニチ大会初戦に3番・セカンドとして起用され、サヨナラ打含む3安打の活躍でデビューを飾る。
 年間26試合(三14、二7、遊4)で100打数33安打、打率.330本0点14をマーク。
 5番・三塁手として都市対抗1回戦で遊撃内野安打(4.07秒)、2回戦でレフト前ヒットを放った。
 二大大会通算2試合、打率.333、2安打、0本塁打、0打点。

 175cm78kg、俊足好打のサード兼セカンド。
 高校通算29本塁打、ミート力のある左の好打者。コンパクトな鋭いスイングで広角に打ち分ける。
 逆方向へ放つ強い打球、勝負強さが持ち味。下半身強化で力強さを増した。
 選球眼が良く50m6秒2、一塁到達タイム4.0秒台から4.1秒前後を計測する俊足を備える。
 大学時代は3・5番(3年)、2・4番(4年)でプレー。開星高時代は1番を務めた。
 守っては動きの良い堅守の内野手(社会人では主に三塁)。バント処理等を素早くこなす。
 大学3年(三塁)・4年(主に二塁)の合計56試合で2失策(4年時ノーエラー) 。
 3年秋法大戦でサヨナラピンチを救う好守(二遊間ヒット性の打球に飛びつき直接捕球)を見せた。
 遠投105m。1年目の公式戦打率.330本0点14。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2016-01-25(月)|2016年社会人野手 | 東京六大学 コメント(17) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント


目指すべき選手ですね

| なみ | 2011年05月20日(Fri) 23:01 | URL #PgtEBqSc [ 編集]
4年後が楽しみな選手ですね。二遊間もできるセンスのある選手なのでコンバートもあるかもしれないですが、抜群の打撃センスで早い段階から試合に出てほしい選手ですね。
| 匿名 | 2010年12月18日(Sat) 22:54 | URL #8/bi7mmM [ 編集]
どうやら明大進学のようですね。
近年の六大学で1年生の野手が主力級の活躍したケースは昨年の多木選手と今年の河合選手だけです(共に法大)

彼には1年生から神宮を沸かせてくれることを期待します。
| 匿名 | 2010年12月08日(Wed) 19:49 | URL #- [ 編集]
明治大学進学のようですね・・・。
4年後は島袋や有原と共に楽しみな選手が増えました。
| mino | 2010年10月12日(Tue) 16:27 | URL #- [ 編集]
糸原選手の打撃センスはすばらしく、プロでも十分通用すると思う。凡退したとしても内容悪くないし、選球眼もいい。
| 匿名 | 2010年09月24日(Fri) 00:03 | URL #- [ 編集]
夏の県予選は18打数8安打9打点2HRと大爆発だったようですね。
甲子園での活躍も楽しみです。
| ハルタカ | 2010年07月27日(Tue) 19:13 | URL #- [ 編集]
まずは!島根代表おめでとう!

地方大回ではHRバンバン打ってましたね!

さらに進化した糸原が甲子園で見れると思うと本当に楽しみ!

甲子園で頑張ればドラ1もあるぞ!(まぁ今でも十分ありうるけど・・・)

とりあえず優勝目指して頑張れ!!!
| 匿名 | 2010年07月26日(Mon) 20:35 | URL #RtcCWDf. [ 編集]
甲子園でのあのヒットはヤバかった
| 匿名 | 2010年06月15日(Tue) 22:24 | URL #- [ 編集]
報知高校野球1月号で6秒2と掲載されていたのでそちらを最新のタイムということで採用しました。
選抜雑誌でまたタイムが掲載されるでしょうからまた確認してみます。
| gogo126 | 2010年01月26日(Tue) 22:03 | URL #q1Fr55OM [ 編集]
5オメートル走は6秒ですよ
| 匿名 | 2010年01月26日(Tue) 18:16 | URL #- [ 編集]
1月24日PM1時に、開星高校グランドで糸原選手のバッティング練習を見た。
スイングスピード、下半身の使い方、インパクト強さどれをとってもプロ並み!!
開星高校野球部コーチの山内さんの話では、「この冬場の下半身強化で、秋以上に進化している、今日見る限りでも打球は良くなっている」とのことだった。
私が見る限り、ヤクルトの青木選手のようなタイプである。
広角に打球が出せて、足もあり、守備力もある。
来週は、ノックがあるそうなのでまた、見学したい。
糸原選手は、監督、コーチの指導を自分のものとして取り組んでいるようである、フリーバッティングのゲージの外でも下半身の使い方の反復練習をしていた。
これは、糸原選手が監督、コーチの指導に全幅の信頼を寄せている上に、糸原選手の人柄が出ていると思う。
来週の守備練習がとても楽しみである。
| 野球オヤジ | 2010年01月25日(Mon) 17:13 | URL #XPJWmGWk [ 編集]
長打も増えてきたようで楽しみです。
打席での雰囲気は草野(楽天)っぽい感じがします。
| ハルタカ | 2010年01月16日(Sat) 21:59 | URL #- [ 編集]
やはり糸原は化け物だ
| $ | 2009年12月08日(Tue) 17:30 | URL #- [ 編集]
3年になったら2遊間に回るんじゃないですかね。
足はかなり速いですね。

タイプ的には東出に似たタイプになりそうです。
| ミエハル | 2009年11月20日(Fri) 04:29 | URL #- [ 編集]
こんな選手がいたなんて

遠投110mはすごいですよ

俊足ですねw

僕も野球が大好きなので、これはすごいとおもいます
| 野球太郎 | 2009年04月04日(Sat) 17:15 | URL #- [ 編集]
他に印象に強く残った野手というと中京大中京の堂林あたりでしょうかね。
まあこちらも録画しっぱなしで消化しきれていない上にこれまで投手中心にチェック、まだしっかりと確認できていない野手は多いんですが。
ちなみに1回戦終えて巨人・山下スカウト部長が名前を挙げた野手は西条・秋山、中京大中京・堂林、天理・原田、天理・西浦、南陽工・中川。下級生でPL学園・勧野、習志野・山下でした。
| gogo126 | 2009年04月03日(Fri) 21:57 | URL #q1Fr55OM [ 編集]
2打席しか見てないんですが、とにかく印象的だったのは振りの鋭さ。2年の今の時期にあれだけ振れる選手はそんなにはいないのでは。
また、身長もそれほど低くは感じませんでしたね。

今年は半分も見てないんですが、野手で惹かれる選手は糸原ぐらいかなぁという感じでした。
| as | 2009年04月03日(Fri) 00:07 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2016年社会人野手 | 東京六大学 コメント(17) Page Top↑