石井 裕大(西濃運輸)

ここでは、「石井 裕大(西濃運輸)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 千葉 東京 日ハム 中日 オリ 巨人 楽天 横浜 西武 阪神 福岡 広島
    【18候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野



175cm70kg 右右 MAX146km スライダー・シンカー・チェンジ・カーブ・シュート 青学大 3年目
キレの良い直球と多彩な変化球をコーナーに投げ込み打たせて取る投球。

  投球成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   08春: 4  0勝0敗  5.1  4  3  2  0  0.00
   08秋: 5  0勝1敗   12  7  3  2  1  0.75
   09春: 10  2勝1敗  32.1  22  26  13  5  1.39(7位)
   09秋: 10  1勝3敗  36.2  20  30  13  9  2.21(8位)
   10春: 5  2勝0敗   14  14  9  7  4  2.57 2部 
   10秋: 11  3勝1敗   31  24  19  6  8  2.32(9位)
   11春: 10  2勝1敗  36.1  25  25  12  5  1.24(4位) 
   11秋: 9  5勝1敗  39.1  29  40  12  6  1.37(4位)
   通算: 59 13勝8敗  193 131 146  60  34  1.59
          被安打率6.11 奪三振率6.81 四死球率2.80 

 ■ 甲子園成績

     試合 回数 被安 奪三 四死 自責 
   07夏: 2 15.1  18  10  1  6 135㌔

  最新記事

 ■ 篠塚ジュニアは守備で貢献 巨人2軍に勝った!(スポニチ) 11/8/21

 巨人2軍と青学大がプロアマ交流戦(ジャイアンツ球場)を行い、青学大が2―0で勝った。巨人元打撃コーチの篠塚和典氏(野球評論家)の長男・宜政(4年)が「3番・遊撃」で先発出場。3打数無安打1死球ながら守備で勝利に貢献し、観戦した篠塚氏は「俺がユニホームを着ていたチームを相手に戦うなんて感慨深いものがあるね」と目を細めていた。

      巨人2軍 3回 被安1 奪三6 四死0 失点0

 ■ 青学大 初勝ち点!2番手石井が粘投(スポニチ) 09/4/17

 2番手の2年生・石井が5回2/3を5安打1失点リーグ通算13試合目で初白星を挙げた。1点を追う4回1死一、二塁で登板すると中原、加嶋を連続三振。チェンジアップを駆使する粘投で6回の逆転劇を呼び込んだ。青森山田では07年夏の甲子園2回戦進出の実績を持つが、今季は昨夏の甲子園V腕・福島(大阪桐蔭)の加入に刺激を受けている。「走者がいると燃える。これで後輩にモノも言える」と笑顔だった。

 資料を確認していて身長が175というのはちょっと意外でした。もう少し大きく映ったんですが。
 今季はここまで6試合中4試合に登板する中継ぎの柱。
 気持ちの強さはリリーフでより生きるのかもしれないですね。

   09春  回数 被安 奪三 四死 自責
   東洋大   4  3  4  3  1 ●
         3  2  2  0  0 
   亜 大   2  3  0  2  2 
        5.2  5  8  1  1 ○ 146㌔
   中 大  1.2  1  0  2  0 
         3  1  2  2  0 
        1.1  0  0  1  0
   立正大   3  2  2  1  0 ○
   国学大   4   0  6  1  0
        4.2  5  2  0  1 
        32.1  22  26  13  5 防1.39
    被安打率6.12 奪三振率7.24 四死球率3.62

  プロフィール

 兵庫県西宮市生まれ。
 石井 裕大(いしい ゆうだい)投手。
 小学2年から投手として野球を始める。
 高須中時代は甲子園シニアに所属し2年夏に全国大会出場。
 3年12月に青森山田中に転校した。

 青森山田高では2年夏からベンチ入り。
 エースとなった2年秋は初戦で敗退、
 翌春は東北大会準優勝を果たすもその後特待生問題により一定期間出場停止と
 苦しい時期を乗り越え3年夏に甲子園出場を果たした。
 初戦報徳学園戦で8安打無四球完封勝利を収めている。
 続く聖光学院戦は満塁弾を浴び4対6で敗退となった。
  
 青山学院大進学後は1年春からリーグ戦に出場。
 2年春亜大戦で2番手として5回2/3を1失点に抑えリーグ戦初勝利。
 以降1部リーグ4季でいずれも二桁登板をこなし投手十傑入り、
 ロング・先発もこなすリリーフエース(救援43試合、先発7試合)としてチームを支えている。
 2年秋の東洋大戦で2安打無四球完封の好投を演じ先発初勝利。
 4年8月に行われたプロ交流戦では2番手として巨人2軍を3回1安打6奪三振無失点に抑え
 先発福島由登との完封リレーで勝利を収めた。
 1部リーグ通算59試合、13勝8敗、193回、146奪三振、防御率1.59。

 サイド気味、バネを感じさせる躍動感あるフォームからキレの良い直球と多彩な変化球を
 コーナーに投げ込み打たせて取る投球が持ち味。
 直球で内角を突き右打者にはスライダー、左打者にはシンカーと外角に逃げる
 変化球で緩急、安定した制球でゴロを量産。
 球速も最速146㌔、常時130㌔台後半までアップ。
 社会人経由でのプロ入りを希望している。
 
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況





 Comments
この記事へのコメント
先発と中継ぎ、どちらの可能性も感じさせる投手。
社会人経由でのプロ入り希望ということでやっぱり志望届は提出しないんですね。
| ハルタカ | 2011年10月20日(Thu) 10:21 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する