岡 貴之(明治安田生命)

ここでは、「岡 貴之(明治安田生命)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 千葉 東京 日ハム 中日 オリ 巨人 楽天 横浜 西武 阪神 福岡 広島
    【18候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野



176cm72kg 左左 MAX142km カーブ・スライダー 樹徳高→明大 2年目
最速142㌔直球とカーブ、スライダー。切れと制球が持ち味の好左腕。大学では通算1勝にとどまった。

  動 画

  投手成績

     試合  勝敗 回数 被安 奪三 四死 自責 防御率 
   10春:         登板無し
   10秋: 3 1勝0敗 6.1  4  5  7  1  1.42
   11春: 1 0勝1敗 0.2  2  1  0  2 27.00
   11秋:         登板無し
   12春:         登板無し
   12秋:         登板無し
   13春: 1 0勝0敗 0.1  0  1  0  0  0.00
   13秋:         登板無し          
   通算: 5 1勝1敗 7.1  6  7  7  3  3.68

  最新記事

 ■ 樹徳・岡12K完封で決勝進出…群馬大会(スポーツ報知) 09/728

 群馬では、ともに5試合すべてに完投している樹徳・岡貴之(3年)と東農大二・加藤綾(りょう・3年)の好左腕が、28日の決勝で激突することになった。マウンドで小さくガッツポーズを作った。2―0の9回1死から連続四球と味方の失策で招いた満塁のピンチ。「勝ち急いでしまった。ビビっちゃいました」。1年の秋から1番を背負う樹徳・岡は、こん身の直球で12個目の三振を奪った。市前橋にわずか3安打しか許さず、今大会3度目の完封勝利。身長176センチのエース左腕はチームを2年連続決勝の舞台へ導いた。「今大会で一番しっくりきた」と振り返るように、最速142キロの直球とキレのあるスライダーが決まった。「三振は狙ってないけど、やっぱり気持ちいいです」忘れられない試合がある。昨夏の決勝・桐生一戦。完投しながら1―2で敗れた。「絶対甲子園に行く」。その思いを胸に、練習に励んだ。もともと食は細かったが、夕食でどんぶり3杯を食べ、体重も1年前の62キロから75キロに球速も5キロアップした。準決勝までの5試合、41イニングをすべて一人で投げ抜いてきたが、「疲れはないですね。最近、涼しかったからですかね」と冗談を言えるほど余力は十分。「もうここまできたら絶対優勝します」。昨年の悔しさを晴らすため、岡は決戦のマウンドへ上がる。

 6試合すべてに完投、50回を投げ防御率1.08と実力発揮でしたが決勝で東農大二・加藤
 との実戦派左腕対決に敗れ2年連続決勝で涙を呑むこととなってしまいました。
 まとまりある左腕、一方で最速は140㌔を突破と着実にスケールアップも果たしているようで
 次のステージでの活躍を期待ですね。

   09夏予       回数 被安 奪三 四死 失点
   2回戦: 桐生工 先   7  3  7  2  1
   3回戦: 嬬 恋 先   9  3  11     0封
   4回戦: 前橋商 先   9  2  7  8  0封
   準々決: 健高崎 先   7  4  2  3  3
   準決勝: 市前橋 先   9  3  12  2  0封137㌔
   決 勝: 東農二 先   9  7  9  4  2
              50  22  48     6 防1.08(失点から計算)

  プロフィール

 群馬県大泉町出身。
 岡 貴之(おか・たかゆき)投手。
 小学1年から軟式野球を始め、大泉南中時代は軟式野球部に所属。
 2年時にエースとして県大会優勝を達成した。

 樹徳では1年夏から公式戦に出場し、同年秋にエースナンバーを獲得。
 2回戦で5回参考ノーヒットノーランを達成するなど、5試合4失点の活躍で4強入りに貢献する。
 2年春は控え投手としてリリーフを務め、再び主戦となった夏に県大会準Vを経験。
 全6試合(4完投1完封)の先発をこなすと共に、2試合連続の本塁打を放ち打撃センスを披露した。
 田面巧二郎との延長13回の投手戦を制し、6安打3失点(自責1)完投勝利をマーク。
 連投で臨んだ翌日の決勝・桐生一高戦でも、8回2失点完投の粘投を演じている(1対2で惜敗)。
 3年夏は全6試合完投の奮闘を見せたが、東農大二に0対2で敗れ2年連続の準優勝。
 50回を48三振6失点に抑え、3完封勝利(嬬恋3安打、前商2安打、市前橋3安打)を記録した。
 県大会準優勝が最高成績。甲子園出場実績は無し。

 明大進学後は1年秋からリーグ戦に出場。
 1年秋の立大戦で4.2回2失点リリーフを見せ、4年間で唯一のリーグ戦勝ち星を挙げている。
 リーグ通算5試合、1勝1敗、7回1/3、7奪三振、防御率3.68。

 176cm72kg、まとまりのある好左腕。
 セットポジションから重心を下げて小さめのテイクバックを取り、左上手から肘を使って振り下ろす
 最速142㌔、常時130㌔台中盤から後半の切れの良い直球と縦割れカーブ、スライダー。
 高校1年時からエースとして場数を踏み、落ち着いたマウンドさばきでテンポ良く投げ込んでいく。
 高校時代の監督からはフィールディング、牽制、クイックなどを含めた総合力で高い評価を受けていた。
 球速はさほど無いが切れ、コントロールを持ち味とする左腕。遠投110m、50m6秒5。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2013-12-26(木)|2015年社会人投手 | 東京六大学 コメント(1) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
地区優勝チームに何処の球団も視察無しですかね?
| 広鯉! | 2009年07月29日(Wed) 14:07 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2015年社会人投手 | 東京六大学 コメント(1) Page Top↑