小石 博孝(NTT東日本)|ドラフト・レポート

小石 博孝(NTT東日本)

ここでは、「小石 博孝(NTT東日本)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



177cm85kg 左左 MAX146km カーブ・スライダー・チェンジ・カット・スクリュー・シュート 立正大 2年目
球の出所を隠しタイミングの取りづらさを持ち味とする変則左腕。大学4年秋神宮大会優勝。
2011年西武2位

  動 画

  投球成績

     試合   回数 被安 奪三 四死 自責 
   10都: 3   6.1  0  8  6  0
          1.2  0  2  2  0 142㌔ 77銀行
           3  0  2  2  0 141㌔ ト ヨ タ
          1.2  0  4  2  0 138㌔ JR九州
   10日: 4    14  9  9  8  5
        先 6.2  4  7  2  2     松下電器
           4  2  2  1  0     三菱横浜
           1  1  0  0  0     JR北海道
          2.1  2  0  5  3     ト ヨ タ 
   11都: 3   21.2  12  19  11  1
        先 5.1  5  3  4  0 137㌔ 日本新薬
        先  10  5  5  3  0 135㌔ 日本生命
        先 6.1  2  11  4  1 135㌔ JR東日本
           42  21  36  25  6 防1.29
       被安打率4.50 奪三振率7.71 四死球率5.36  

 【 公式戦成績 】
     試合 回数 被安 奪三 四死 自責 防御率 被安率 奪三率 四死率 
   10年: 21 63.2  37  50  26  12  1.70  5.23  7.07  3.68

 ■ 大学時代成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率 
   06春:         登板無し
   06秋: 2 0勝0敗  5.1  4  3  4  2  3.38 二部
   07春:         登板無し          二部
   07秋:         登板無し
   08春: 6 0勝2敗 15.2  9  12  14  3  1.72
   08秋: 4 0勝0敗   6  3  4  4  0  0.00
   09春: 5 0勝1敗 22.1  20  14  5  4  1.61
   09秋: 8 3勝2敗 41.1  33  36  14  8  1.74(6位)
   通算: 23 3勝5敗 85.1  65  66  37  15  1.58
         被安打率6.86 奪三振率6.96 四死球率3.90 

 【 全国大会 】
   09神宮   回数 被安 奪三 四死 自責
   東北福祉大  7.1  3  11  3  0 ○
   上 武 大  6.2  2  8  3  0 ○
          14  5  19  6  0 防0.00
      被安打率3.21 奪三振率12.21 四死球率3.86

 【 09年春入れ替え戦 】 
         回数 被安 奪三 四死 自責
   専大   先 6.2   3   6   2   0 ○ 146㌔
        先 1.1  2  2  1  0
           8  5  8  3  0

  最新記事

 ■ 小石、無念…ドラ1十亀に投げ勝つも30年ぶりV届かず(スポニチ) 11/11/2

 1球に泣いた。敗れたNTT東日本先発・小石は「点を取られない投球を心掛けたが、相手が上だった。優勝できなかった悔しさが一番大きいが、自分のやるべきことはしっかりやれたと思う」と社会人ラスト登板を振り返った。西武ドラフト1位の十亀と2位の自身との投げ合い。「全く意識しませんでした」と自身の投球に専念した。「調子はびっくりするくらい良かった」と話したように6回まで11奪三振、無安打投球を続けた。だが、ノーヒットノーランの快挙も見えた7回に松本に甘く入ったカットボールを左翼席に運ばれ、さらに死球と安打で走者を出してこの回途中で降板した。来年からは、十亀とともに西武の一員となる。小石は「(十亀とは)お互い頑張ろうと話していた。帆足さんに少しでも近づける投手になれたら、と思います」と視線の先をプロの世界に向けた。

   11都     回数 被安 奪三 四死 自責 
   日本新薬 先  5.1  5  3  4  0 137㌔ 
   日本生命 先   10  5  5  3  0 135㌔ 
   JR東日本 先  6.1  2  11  4  1 135㌔ 
          21.2  12  19  11  1 防0.42
       被安打率4.98 奪三振率7.89 四死球率4.57

 ■ NTT東日本2年ぶり4強!ドラ2・小石10回無失点(スポニチ) 11/10/31

 準々決勝の4試合が行われた。NTT東日本は延長11回の末、日本生命を3―0で下して2年ぶりの4強入り。27日のドラフト会議で西武から2位指名を受けた小石博孝投手(24)が、延長10回144球を投げ、5安打無失点の好投を見せた。小石は「開き直って、力まずに投げられた」と打たせて取る投球で、9回まで三塁を踏ませなかった。西武がほれ込んだ左腕。直球は130キロ台前半ながら球の出どころが見えにくいフォームから繰り出される100キロ台の変化球とのコンビネーションで、丁寧に内野ゴロを中心にアウトを重ねた。「海田より先に(マウンドを)降りないように、という意識はありました」。プロの新人対決「前哨戦」だった。投げ合った日本生命の海田は、今ドラフトでオリックスから4位指名を受けた。同じ左腕、同じ87年生まれが相手となれば、気持ちの入り方も違う。最大のピンチは10回。2死から連打を浴び、あわやサヨナラの走者が生還か、という場面。この走者が味方の好返球によりホームでアウトになると、小石はこの日一番大きなガッツポーズをつくった。チームは直後の11回1死満塁で、「小石のためになんとか先に点を取ってやりたかった」と打席に入った岩本が、2番手・山田から2点二塁打を放ち、均衡を破った。さらに暴投で3点目が入ると、小石はお役御免。チームは逃げ切り、144球の力投は報われた。
 ▼西武・渡辺監督(小石について)凄いね。ワンポイントだけじゃなくて長い回も行けるね

 ■ 虎が視察…NTT東日本・小石0封(デイリースポーツ) 11/4/22

 社会人野球・関東選抜リーグが21日、大田スタジアムで行われた。NTT東日本のプロ注目左腕・小石博孝投手(24)は三菱重工横浜戦に先発し、5回を1安打7奪三振、無失点と好投した。テークバックの小さい独特のフォームから切れのある球をテンポ良く投げ込んだ。簡単にバットに当てさせない。三回先頭からの4者連続を含む7個の三振を奪った。「絶対抑えようという気持ちでマウンドに上がった」。無失点の結果には満足する一方で「まだムダな球が多い。決めないといけないところで、決めきれなかった」と課題も口にした。ネット裏では9球団が視察。阪神の中尾スカウトは「球の出どころが見えにくいから、打者は打ちづらい」と話し、オリックスの牧田スカウトは「制球が良くなっている」と評価していた。

 ■ NTT東日本・小石MVP/都市対抗(日刊スポーツ) 10/7/1

 NTT東日本は昨秋の明治神宮大会で立正大を初優勝に導いたルーキー左腕、小石博孝投手(23)が5回途中から1失点で投げ切り、最優秀選手賞に輝いた。慣れ親しんだ神宮で都市対抗出場を決め「新人だから思い切り投げられた」と笑顔。今春母校は東都大学リーク2部に転落した。「しょうがないですね。(本大会では)任された場面で思い切り投げたい」と後輩たちの分まで活躍を誓った。

       試合 回数 被安 奪三 四死 自責 防御率 被安率 奪三率 四死率 
   10都予選: 4  20  11  18  4  1  0.45  4.95  8.10  1.80

 ■ 立正大・小石「初志貫徹」NTT東日本へ(日刊スポーツ) 09/12/27

 ハイレベルな東都秋季リーグを初めて制し、神宮大会でも初優勝した立正大。その立役者となった小石博孝投手(4年=鶴崎工)は、新たな舞台として社会人野球のNTT東日本を選んだ。ドラフト指名が確実視されるなかでも、あえてプロ志望届を提出しなかった。早すぎた決断-。周囲にはそう見えても、当の本人には迷いも後悔もなかった。「自分で決めて、それで断ったら失礼。それに自分にはハイレベルなマウンド経験が足りない。プロはそれからでも」。遠回り、と言う人もいる。それでも自分を冷静に見つめ直して決めたからこそ、ぶれはない。「社会人で日本一になれば雑音は消せる」と自信にあふれている。6月に決めた。専大との入れ替え戦2試合に先発し、連勝での1部残留に貢献した後だった。この時はまだ4年春までリーグ戦0勝3敗の左腕。その決断に注目が集まることはなかった。ただ入れ替え戦で投球のコツをつかんだ。「ブルペンでバッターを立たせている感覚で投げればいいんだと分かった。入れ替え戦が自信になった」と振り返る。秋の神宮に、これまでの制球に苦しむ姿はなかった。リーグ戦初勝利を含む3勝2敗、防御率1・74と活躍した。ラストシーズンで大化けした左腕に、ネット裏のスカウトは色めきたった。それでも周囲に流されず初志を貫いた。特徴は球の出どころが見にくいフォーム。大学の先輩、日本ハム武田勝をほうふつとさせるが「『参考にしてるの?』ってよく聞かれる。自分が投げやすいように投げてただけなんですけど」と笑う。“天然物”の変則フォームを武器に社会人でも大暴れを誓う。見据えるのは2年後のプロ入りだ。立正大へ進学したのは、ただ野球を続けたかったから。プロなんて考えもしなかった。しかし今回は違う。自分が決めた道こそ、プロでの活躍に続く道だと信じている。

過去記事

 ■ 史上5校目!立正大、初出場初V決めた!!(スポニチ) 09/11/21

 明治神宮野球大会最終日は20日、神宮球場で大学の部の決勝が行われ、立正大が先発・小石博孝投手と菅井聡投手の“4年生リレー”で上武大打線を寄せつけず、2―0で勝利。初出場校としては94年の東亜大以来、15年ぶり史上5校目の優勝を飾った。また06年の亜大から続く東都勢4連覇も達成。全国レベルの大会で初めて決勝の舞台に立った上武大は初優勝を逃した。苦しみ抜いた4年生に最高のフィナーレが待っていた。創部61年目にして東都初優勝の勢いそのままに、史上5校目の初出場V。リーグ戦中盤から出場機会がなく、ずっとベンチを温め続けた石名坂主将だが、初の日本一に胸を張った。この日のスタメン9人中、4年生は3人のみ。そのうちの1人、先発左腕の小石が力投した。6回2/3を2安打無失点球の出所が見づらい変則的なフォームを武器に三振も8個奪った。2番手の4年生、菅井との完封リレーに「入れ替え戦を味わった悔しさをバネに最高の形で終われました」と会心の笑顔を見せた。

   09秋    回数 被安 奪三 四死 自責
   亜 大 先 4.2  5  4  3  1 ●
       先 3.1  3  4  2  1 
   中 大 先 6.1  2  9  2  1 ○ 146㌔
       先  2  4  0  3  2 ●
   東洋大 先 6.1  7  3  2  0 ○
   青学大 先  5  4  4  0  2 
       先  9  4  7  1  0 ○
   国学大 先 4.2  4  5  1  1 
         41.1  33  36  14  8 防1.74
      被安打率7.19 奪三振率7.84 四死球率3.05

■ 立正大・小石、最後のシーズンで初白星/東都(SANSPO) 09/9/16

 立正大の4年生左腕、小石はリーグ戦初白星を手中にして「勝てない時期にいろいろ経験できた。それがいい方向につながった」と喜んだ。2年秋から球の出どころが見にくいフォームの完成を目指してきた。この日は七回途中で降板するまで二塁打2本に抑え、やっと結果を出した。卒業後は社会人の強豪、NTT東日本に進む。学生最後のシーズンに懸ける思いは強く「またチームが勝てるように投げたい」と力を込めた。

■ 立正大が専大に1-0で先勝(毎日jp) 09/6/8

 神宮球場で1、2部入れ替え戦の1回戦を行い、立正大(1部6位)が専大(2部1位)に1-0で先勝した。立正大は四回、越前(3年・横浜)の適時打で先制。先発・小石(4年・鶴崎工)ら3投手が零封した。立正大の小石が6回余を3安打無失点と好投し、神宮球場初勝利を挙げ、「チームのために投げていたが、勝ちもついてうれしい」と喜んだ。リーグ戦未勝利の4年生左腕は、打つ気をそらすカーブがさえ、テンポ良く凡打に仕留めた。 「学生最後のシーズンが2部では嫌。気持ちで相手に投げ勝てた」と小石。昨秋まで7季連続で2部1位チームが昇格というデータがもたらす嫌なムードを払いのけた。

   09春    回数 被安 奪三 四死 自責
   東洋大   4.1  4  3  0  2
       先 6.1  7  3  2  2 
   青学大   1.1  2  0  0  0 ●
   亜 大   2.2  2  3  1  0
   中 大   7.2  5  5  2  0 
         22.1  20  14  5  4 防1.61
      被安打率8.06 奪三振率5.64 四死球率2.01

  プロフィール

 大分県出身。
 小石 博孝(こいし ひろたか)投手。
 大神中では同校野球部に所属。
 鶴崎工時代3年夏は県大会準決勝で敗退。
 甲子園出場実績は無し。

 立正大では1年秋からリーグ戦に登板。
 入学当初は最速で130㌔台中盤程度、コントロールの不安もあったことから
 その後1年をかけて投球フォームの改造に着手。
 この成果で4年春には制球力が向上、球速も140㌔超に到達していたが
 メンタルに課題を残し殻を破るには至らず同シーズンは未勝利に終わる。
 きっかけをつかんだのは専大との入替戦。
 初戦で7回途中までを3安打無失点に抑え神宮初勝利を挙げたことで自信をつかみ
 ラストシーズンになって大きく飛躍を見せる。
 出遅れた南(現千葉ロッテ)に代わりエース格として3勝を挙げ創部61年目での初優勝に貢献。
 続く神宮大会でも先発で2勝を挙げ日本一の立役者となった。
 初戦で東北福祉大を8回途中無失点、決勝で上武大を7回途中無失点、
 合計14イニングでわずか5安打、19奪三振を記録する圧巻の投球を披露。
 ドラフト有力候補としてプロからも注目されたが志望届は提出せず社会人入りを選択した。

 NTT東日本入社後は1年目春から主に中継ぎで活躍。
 都市対抗予選では4試合20回を1失点に抑えMVPを受賞している。
 初先発となった敗者復活明治安田生命戦で7回を無失点の好投。
 第3代表決定戦鷺宮製作所戦では5回途中からのロングリリーフで6.2回を
 本塁打による1失点のみに封じ延長11回の接戦に勝利。
 本戦には3試合とも救援で登板し6.1回を無失点にまとめベスト8入りに貢献した。

 177cm85kg、タイミングの取りづらさを持ち味とする変則スリークォーター左腕。
 テイクバック小さく腕が遅れて出てくる独特のフォームで球の出所が見づらい。
 ノーワインドアップから最速146㌔、常時140㌔前後の直球と110㌔台で斜めに切れ込むカーブ、
 110㌔台後半の切れ味鋭いスライダー、120㌔台後半のスクリュー。
 その他大きく縦に曲がるカーブ、カットなど持ち球は多彩。
 時折乱れる場面も見られるが制球はまずまず。

  スカウトコメント

阪神・中尾スカウト|11/4/22
 「球の出どころが見えにくいから、打者は打ちづらい」
オリックス・牧田スカウト|11/4/22
 「制球が良くなっている」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2020年プロマーク状況



最終更新日:2011年04月22日(金)|2011年ドラフト指名選手 | 東都大学 コメント(13) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
見る目無いな
| 匿名 | 2019年08月01日(Thu) 17:29 | URL #- [ 編集]
小石なかなかいい選手を取りましたね
| 秋山じょぼじょぼ | 2013年05月06日(Mon) 17:44 | URL #bKpfo9GI [ 編集]
青山学院大戦で初めて見ました。
日本にはいないタイプですね。
打ちずらいと思います。

プロでも、防御率1点台、いけると思います。
| タモ | 2011年11月05日(Sat) 22:18 | URL #- [ 編集]
小石の公式戦成績11年ってなってますけど・・・
グランドスラムに載ってる成績って昨年のやつなんじゃないでしょうか?
| 匿名 | 2011年08月16日(Tue) 19:09 | URL #- [ 編集]
他の方の評価が高かったので覗いてみたんですが、
動画見ましたが面白そうな投手ですね。

左腕不足の巨人には是非検討して欲しい投手ですね。

ただ、立正大卒の選手って獲得したことあったかな‥
| ko | 2011年07月03日(Sun) 21:59 | URL #6mhiDe5. [ 編集]
かなりいい投手です!皆さま大注目( ・-・ )
| 14 | 2011年07月03日(Sun) 19:27 | URL #- [ 編集]
武田勝2世だ・・・
巨人指名してほしい
最初は中継ぎで結果を出したら先発だな・・・^^
| 名無しさん | 2011年07月01日(Fri) 12:08 | URL #- [ 編集]
武田勝2世として先発にするもよし、変則フォームと球のキレを活かしてセットアッパーにするもよし。

現時点ではまさに社会人NO1左腕でしょう。
| ダケ | 2011年05月03日(Tue) 06:41 | URL #- [ 編集]
社会人でも即戦力として活躍
さっそく結果を残せてますね!
(ニッカン)
http://www.nikkansports.com/baseball/amateur/news/p-bb-tp3-20100701-647949.html
| 鴎 | 2010年07月01日(Thu) 18:11 | URL #- [ 編集]
小石はワンポイントで大成するで~
| おれやで | 2009年08月24日(Mon) 17:58 | URL #- [ 編集]
最高に良い投手ですよ。みなさん注目です!
| 大分県 | 2009年07月06日(Mon) 18:25 | URL #- [ 編集]
立正大、1部残留ですね。小石投手、ネット上で見つけた動画がどこあったのかを思い出せないのが今の密かな悩みです(笑)
他の投手の名前で検索にかけて行き当たったページ。誰の名前で検索したのかが思い出せなくて(^^;
相互リンク、歓迎です。今後もよろしくお願いします。
| gogo126 | 2009年06月08日(Mon) 23:02 | URL #q1Fr55OM [ 編集]
この投手は良い投手ですよ。
バックネット裏に見ていましたが、本当に出所が分かりづらい投手です。
変化球はスクリュー、シュートもありましたね。変化球が多彩な投手でもありますね。

あと相互リンクをお願いしたいのですが、よろしいでしょうか?
| プライセス | 2009年06月07日(Sun) 22:40 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2011年ドラフト指名選手 | 東都大学 コメント(13) Page Top↑