東條 大樹(JR東日本)

ここでは、「東條 大樹(JR東日本)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 オリ 中日 楽天 東京 西武 阪神 千葉 横浜 福岡 巨人 日ハム 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



177cm81kg 右右 MAX147km スライダー・シンカー・カット 桐光学園→青学大 2年目
サイドからシュートする内角直球と外スラ、シンカー。1年目からリリーフで二大大会5試合を経験した。
2015年千葉ロッテ4位

  動 画

  投手成績

     試合  回数 被安 奪三 四死 自責
   14都: 2    3  2  4  2  0
          1.2  1  2  1  0 PANA 146㌔
          1.1  1  2  1  0 JX-ENEOS 146㌔
   14日: 3   4.1  6  2  1  2
          1.1  2  1  1  2 JR九州
          0.1  0  0  0  0 ヤ マ ハ
          2.2  4  1  0  0 トヨタ自 145㌔
   15都: 1    3  0  3  2  0 三菱神戸 144㌔ ●
   通算: 6  10.1  8  9  5  2 防1.74
      被安打率6.97 奪三振率7.84 四死球率4.35

 ■ 大学時代成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   10春: 4 2勝0敗 14.1  7  10  7  5  3.14二部
   10秋: 4 1勝0敗  8.1  7  4  2  4  4.32
   11春:         登板無し
   11秋:         登板無し
   12春:         登板無し
   12秋:         登板無し 
   13春: 7 2勝2敗 22.1  16  4  7  6  2.42
   13秋: 6 2勝0敗 30.1  17  19  4  1  0.30(1位)
   通算: 17 5勝2敗  61  40  27  13  11  1.62
         被安打率5.90 奪三振率3.98 四死球率1.92

投手成績詳細

   10春2部   回数 被安 奪三 四死 自責 
   拓殖大     2  0  1  1  0 ○
   駒沢大 先   9  2  6  3  0 ○封
   専修大    0.2  2  1  2  2
   日 大 先  2.2  3  2  1  3
         14.1  7  10  7  5 防3.14
      被安打率4.40 奪三振率6.28 四死球率4.40

   10秋    回数 被安 奪三 四死 自責
   国学大    2.1  3  2  1  1   144㌔ 
   東洋大    1.1  2  0  0  1   143㌔
   亜 大     2  0  0  0  0 ○ 147㌔
          2.2  2  2  1  2   146㌔
          8.1  7  4  2  4 防4.32
      被安打率7.56 奪三振率4.32 四死球率2.16

   13春    回数 被安 奪三 四死 自責 
   亜 大 先  1.1  4  0  0  3 ● 139㌔
   駒 大    1.1  1  0  1  0   140㌔
          4.2  2  0  1  0   141㌔
   国学大 先   4  5  1  1  2 ●
          2.1  0  1  1  0
   専修大    4.2  3  2  1  0 ○
           4  1  0  2  1 ○ 141㌔
         22.1  16  4  7  6 防2.42
      被安打率6.45 奪三振率1.61 四死球率2.82

   13秋    回数 被安 奪三 四死 自責
   駒 大    4.2  3  4  2  0   143㌔
          7.1  4  2  1  0 ○ 143㌔
   国学大    0.2  2  1  0  0   143㌔
          5.2  3  5  1  0   142㌔
   中央大 先   9  3  6  0  0 ○封144㌔
           3  2  1  0  1   142㌔
         30.1  17  19  4  1 防0.30
      被安打率5.04 奪三振率5.64 四死球率1.19

  最新記事

 ■ ドラ2関谷、同4位・東條「即戦力」林球団本部長が太鼓判(スポーツ報知) 15/10/23

 ロッテのドラフト2位指名を受けたJR東日本の関谷亮太投手(24)と、同4位指名を受けた東條大樹投手(24)が23日、千葉・柏市内で指名あいさつを受けた。リリーフ右腕の東條は「ピンチでも臆せず、攻めの投球ができるようにしたい」と意気込んだ。2月の石垣キャンプは両者1軍スタートが有力。林球団本部長は「2人とも即戦力。先発でも中継ぎでも行けると思う」と期待した。

     試合 回数 被安 奪三 四死 自責 防御率 被安率 奪三率 四死率
   15年: 23  47  31  41  21  14  2.68  5.94  7.85  4.02

 ■ 先発も抑えも!JR東日本 ドラフト候補二枚看板フル回転だ(スポニチ) 15/3/9

 JR東日本は今秋のドラフト候補に挙がる2年目右腕の関谷と東條大を軸に、頂点を狙う。堀井哲也監督は「2人は先発も抑えもある」とフル回転を求める。野手陣は青学大出身の安田、国際武道大出身の長谷川、明大出身の真栄平が新加入。指揮官は「チームの仕上がりはいい。今年1発目の大会で優勝を目指したい」と意気込みを口にした。

 ■ JR東日本 ルーキー投手に期待「めちゃめちゃ鍛えます」(スポニチ) 14/6/21

 昨年準優勝のJR東日本・堀井哲也監督は「予選では関谷、東條大の新人投手が自信をつけた。東京ドームでも自信を持っていけるように、これからめちゃめちゃ鍛えます」とルーキーに期待を寄せた。昨年はエース・吉田(現オリックス)や攻守の要・田中(現広島)を軸に決勝まで勝ち上がった。指揮官は「プロに行った選手の穴を埋めていく。初戦からしっかり戦う」と話した。

過去記事

 ■ 青学大・東條が無四球完封/東都大学(日刊スポーツ) 13/10/10

 青学大・東條大樹投手(4年=桐光学園)が1部で初めての完封勝利を挙げた。140キロ前半の直球をコースに投げ分け、的を絞らせない。120キロ台の緩いスライダーでタイミングを外すなど、散発の3安打に抑え無四球の完璧な投球だった。「今季はオープン戦でも完投したことがなかったのでとにかくテンポよく投げることを心がけました。ケガをして悔しい思いをしていたので、自信になる1勝になりました」と1年春に2部で挙げた以来の完封勝利に笑顔だった。
 青学大のサイドスロー、東條がリーグ戦初完投を完封で飾った。今季初先発に起用した河原井監督は「きょうは東條に尽きる。無四球には驚いたがね」と喜んだ。東條は「勝ち点を挙げられひと息つけた感じ。完封はうれしいが、遅きに過ぎたかな」と苦笑いした。右肘痛で2、3年生では登板がなく、これが通算4勝目。社会人野球のJR東日本に就職が内定しており「残り試合に全力で頑張る」と笑顔で話した。(SANSPO)
 スライダーとツーシームを有効に使い、三塁を踏ませなかった桐光学園でチームメートだった早大・東條航(わたる)主将をライバル視しているという右腕は「桐光の東條は俺だ!と見せたかった」と笑った。(スポニチ)

 ■ 駒大が連勝で勝ち点1、亜大はタイ/東都(SANSPO) 13/4/9

 東都大学野球リーグ第1週第2日は9日、神宮球場で2回戦2試合が行われ、駒大が連勝で勝ち点1を挙げた。亜大は雪辱して1勝1敗のタイとした。亜大は毎回の14安打の猛攻で、青学大に9-0で大勝した。

 早くも最終学年を迎え、結果がほしいところですが、11.1回12安打とまだ被安打が多いですね。

 ■ 桐光学園・東条2回投球悔い/神奈川大会(日刊スポーツ) 09/7/29

 桐光学園は1-5で横浜隼人に敗れ決勝進出を逃した。エース東条大樹は肩を落とし、ロッカー室で20分近くしゃがみこんだ。野呂雅之監督(48)が「あそこまで崩れるとは」と、悔やんだ2回に制球が乱れ一挙3失点。東条も「悔いはあります」と唇をかんだ。プロからも注目されるが進路は未定。「今日を糧にしてさらに上の選手を目指したい」と話すにとどまった。監督の長男、昂平外野手(3年)は、母直美さんも見守る中で得意の犠打も決めたが、親子鷹での晴れ舞台は実現しなかった。

 横浜隼人の食らい付く打撃につかまり、2回に押し出しの頭部死球などで3失点。
 合計8回10安打5失点でした。最速は145㌔をマーク。前回中継の厚木西戦では球速表示が無く、
 思った以上に球速が出ていて驚きました。コントロールが乱れ惜しい投球でしたね。

           回数 被安 奪三 四死 自責
   3回戦:厚木西   6  0  11  0  0 142㌔
   5回戦:市川崎   7  3  9  1  0 145㌔
   準決勝:横浜隼人  8  10  3  3  5 145㌔
            21  13  23  4  5 防2.14(失点から計算)
         被安打率5.57 奪三振率9.86 四死球率1.71

 ■ プロ注目!桐光学園・東條7回0封9K…神奈川大会(スポーツ報知) 09/7/25

 プロ注目サイド右腕、桐光学園の東條大樹(3年)は雨天をものともせず、7回を無失点の9奪三振でコールド勝ちに貢献した。初戦こそ全力投球を封印していたが、この日の速球は最速タイの145キロを計測。視察した横浜の酒井スカウトは「速球が素晴らしい。粗削りだが伸びしろが十分」と絶賛した。だが、求めるレベルが高い東條大は不満顔だった。6回、先頭打者に四球を与えたのをきっかけに、1死一、三塁と今大会初のピンチを迎えたことが気に入らなかった。持ち味の速球で押し、2者連続ファウルフライに打ち取ったが、「先頭打者への力んだ投球は反省点です」。野呂雅之監督(48)は「選手は1戦ごとに成長する。良い経験です」と進化に期待した。

 ■ 桐光東条サイドから142キロ/神奈川大会(日刊スポーツ) 09/7/20

 最速145キロのプロ注目右腕、桐光学園のエース東条大樹(3年)が今夏初登板し、6回11奪三振、無安打無四球無得点と好発進した。厚木西に11-0の7回コールド勝ち。サイドから繰り出す直球は最速142キロと球速を抑えても、球の伸びと制球は抜群。出した走者は、二塁ゴロ失策の1人だけだった。11点差となった7回表、控え投手に登板機会を与えるため代打を送られた。参考記録ながら公式戦初の無安打無得点を逃したが「意識していなかった。『勝負はここじゃないから』と(監督に)言われた。これからも勝つことを優先させたい」。分解写真でヤクルト館山らのフォームを参考にする頭脳派は冷静だった。日本ハム楽天巨人横浜など4球団のスカウトが視察に訪れた。千葉県野球場で東海大望洋・真下を見てから保土ケ谷球場に移動してきた横浜堀井チーフスカウトは「下半身が強く腕の振りがシャープ。軽く投げても球がいく」と評価していた。

 右打者の並ぶ厚木西に対しシンカーが効果的に決まっていましたね。
 制球良く投げ分け6回を無安打無四球で11奪三振、無失点。
 昨夏は制球・フォームにバラツキがあり決まったときは威力、といった感じだったのが今年は
 バランス良くなり安定感を増した印象。

  プロフィール

 神奈川県藤沢市出身。
 東條 大樹(とうじょう・たいき)投手。
 浜見小3年から捕手として野球を始め、高浜中では湘南クラブボーイズに所属。
 同チームでピッチャーに転向し、3年夏前に横手投げとなった。

 桐光学園では1年夏に甲子園(登板は無し)を経験。
 2年夏・秋の大会はいずれも慶応高に敗れ、それぞれ北大会ベスト4、県ベスト8敗退に終わる。
 3年春の準々決で同校相手に11回2対1サヨナラ勝ち(10回まで6安打1失点)。
 続く準決勝でも横浜商大高と接戦を演じたが、粘投及ばず12安打3失点完投負けとなった。
 3年夏は145㌔腕として注目されながら、横浜隼人に1対5で敗れベスト4敗退。
 3回戦・厚木西戦で6回11Kパーフェクト投球(無安打継投で7回コールド勝ち)を演じている。
 5回戦・市川崎戦で最速145㌔を投げ、7回コールド3安打9K完封勝ちを記録。
 横浜・阪神・SBなどプロ球団から注目されたが、志望届は提出せず青学大への進学を選んだ。
 当時のチームメイトに東條航遊撃手(現JR東日本)ら。

 青山学院大進学後は1年春から2部リーグ戦に出場。
 開幕2戦目の拓殖大2回戦で初登板初勝利、駒大2回戦で2安打初先発初完封を記録する。
 1年秋の亜大2回戦で1部初勝利を収め、自己最速を更新する147㌔を計測。
 2年春以降の4季は右ヒジ痛もあって登板なく、4年時になって救援中心に合計4勝を挙げた。
 最終シーズンに6戦30.1回3失点(自責1)でリーグトップの防御率0.30をマーク。
 通算5度目の先発を任された中央大2回戦で、3安打6K無四球1部初完封勝ちを収めている。
 東都21試合、7勝(2完投2完封)2敗、75.1回、防御率1.91。

 JR東日本では1年目から救援で公式戦に出場。
 都市対抗2次予選3試合に抑えとして起用され、計6回無安打7三振無失点の好成績を残す。
 本大会では2試合3回に中継ぎ登板し、両試合で最速146㌔(東京D)を計測。
 秋の日本選手権でも3戦4.1イニングを経験し、1年目からリリーフ右腕として存在感を示した。
 2年目夏の都市対抗は、直球主体に3Kを奪うも、3回2失点、2対6で初戦敗戦。
 4イニング目の11回(2対2)に四球・投失と乱れ、無死2、3塁のピンチを残して交代を告げられた。
 二大大会通算6試合、0勝1敗、10.1回、9三振、防御率1.74。

 177cm81kg、147㌔直球を持つ右サイドハンド。
 セットポジションから上体を前に倒してインステップし、肘を使った球持ちに良さのある腕の振りから
 繰り出す最速147㌔、常時140㌔前後から145㌔前後(リリーフ時)の真っすぐと、
 120㌔台から130㌔前後のスライダー、130㌔台のカットボール、120㌔台後半の外シンカー。
 シュート気味に動く直球とスライダー、シンカー。社会人で奪三振率を改善した。
 まずまずの制球力で両サイドに投げ分ける。2年目の与四死球率4.02。遠投100m、50m6秒2。
 落ち着いたマウンドさばきを見せるリリーフ右腕。

  スカウトコメント

千葉ロッテ・林球団本部長|15/10/23
 「2人とも即戦力。先発でも中継ぎでも行けると思う」
千葉ロッテスカウト|15/10/22
 「サイドスローからキレのあるボールを投げる即戦力投手。セットアッパー候補」
横浜・酒井スカウト|09/7/25
 「速球が素晴らしい。粗削りだが伸びしろが十分」
阪神・北村スカウト|09/7/25
 「球の伸び、球持ちがいい」
横浜・稲嶺スカウト|09/7/20
 「軸がぶれない。腕の使い方は館山(ヤクルト)と似ている」
横浜・堀井チーフスカウト|09/7/20
 「下半身が強く腕の振りがシャープ。軽く投げても球がいく」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2015-10-31(土)|2015年ドラフト指名選手 | 東都大学 コメント(7) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
青学は4連勝で勝ち点2ですか。
福島投手もしっかり勝っていて調子良さそうですね。
| gogo126 | 2010年04月20日(Tue) 22:13 | URL #q1Fr55OM [ 編集]
リーグ戦初先発初完封で早くも2勝目!
内容は被安打2、四死球3、6奪三振だそうです。
| ハルタカ | 2010年04月20日(Tue) 18:38 | URL #- [ 編集]
桐光からのドラフト指名は今までいなかったのですね…意外です。
しかし個人的には高卒即プロの器ではないかなと考えます。
指名は7、8位なら何とか許せるか…っていう感じですかね…

フォームも相当未完成な投手なので、大学に行って、4年後に期待したい投手です。
有力大学に行く実力は現時点で十分あると思うので…
| Shades | 2009年09月15日(Tue) 19:54 | URL #lHYkqaOs [ 編集]
巨人にも欲しい人材です。今後の成長を楽しみにしています。
| どもっす名無しです | 2009年09月14日(Mon) 19:23 | URL #- [ 編集]
桐光学園初のドラフト指名なるか、期待しています。
| 桐光OB | 2009年07月27日(Mon) 21:38 | URL #yrtSn7oI [ 編集]
降板するまでポーカーフェイスでコントロール良く落ち着いた投球。今度は強豪相手にどういった投球をするのか見てみたいです。
| gogo126 | 2009年07月20日(Mon) 22:41 | URL #q1Fr55OM [ 編集]
高校生で右サイドと聞くと東北時代の真壁投手を思い出します。
名前の響きも好きなのでぜひ楽天に指名してもらいたい。
| ハルタカ | 2009年07月20日(Mon) 21:01 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2015年ドラフト指名選手 | 東都大学 コメント(7) Page Top↑