公文 克彦(大阪ガス)|ドラフト・レポート

公文 克彦(大阪ガス)

ここでは、「公文 克彦(大阪ガス)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 楽天 阪神 千葉 中日 オリ 横浜 日ハム 巨人 福岡 東京 西武 広島
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



172cm75kg 左左 MAX152km スライダー・カーブ・フォーク 高知高 3年目
最速152㌔の勢いある直球とスライダー。阪神との交流戦で2回無安打2奪三振無失点の好投。
2012年巨人4位

  動 画

  投球成績

   12都     回数 被安 奪三 四死 自責
   ホンダ熊    2.1  1  0  0  0 142㌔
   JX-ENEOS 先  1.2  2  1  2  3 146㌔
            4  3  1  2  3 防6.75
       被安打率6.75 奪三振率2.25 四死球率4.50

 ■ 甲子園成績

     試合 回数 被安 奪三 四死 失点
   08夏: 1  4  5  2  3  3 140㌔ 広 陵
   09夏: 2  15  21  17  5  10
         9  9  14  3  3 143㌔ 如水館
         6  12  3  2  7 140㌔ 常葉橘
   通算: 3  19  26  19  8  13 防6.16
    被安打率12.32 奪三振率9.00 四死球率3.79

  最新記事

 ■ 都市対抗野球:パナソニックがHonda熊本を破る(毎日jp) 12/7/18

 第3試合はパナソニック(門真市)とHonda熊本(大津町)が対戦し、パナソニックが2−1でHonda熊本に競り勝った。パナソニックは1点を追う四回、敵失などで1死二、三塁とし、梶原の中前適時打で逆転した。秋吉を六回途中から救援した公文と田中篤の好投が光った。Honda熊本は四回に先制し、相手を上回る7安打を放ったが、あと1本が出ず、力投する山中を援護できなかった。

 JX-ENEOS戦は2段モーションを指摘されて以降、リズムを崩し残念な結果でした。
 捕手による紹介では直球、スライダー、カーブ、フォーク、いずれの球種でもストライクを取れる
 とのことで本来はもう少しコントロールが良いのかもしれないですね。

 ■ 守り信じもう崩れない 高知・公文投手(asahi.com) 09/7/31

 公文は中学時代から投手を務めてきた。腕の力だけで投げていたため、昨冬からフォームの改造に着手股関節に体重を乗せて投げることを覚え、球威をつけてきた。春からは1日約300球の投げ込みでスタミナもつけた。しかし、5月2日に徳島市であった春季四国地区大会1回戦。5点リードの8回、突如制球を乱し、寒川に6―8で逆転負けを喫した。「自分の四球のせいで負けた。エースの厳しさを感じた」。それ以来、一つの四球から崩れないよう強い気持ちを持つことを意識してきた。今大会は決勝まで4試合を8四死球、3失点で乗り切り、制球に自信をつけてきた。

   09夏        回数 被安 奪三 四死 失点
   1回戦:小 津 先   5  3  4  2  0
   2回戦:宿毛工 先   9  7  8  3  1
   準々決:高知南 先   6  6       1
   準決勝:追手前 先   6  0       1
   決 勝:明徳義 先   9  5  8  5  2
              34  20  28  13  5 防1.32(失点から計算)
          被安打率5.29 奪三振率7.41 四死球率3.44

  プロフィール

 高知県出身。
 公文 克彦(くもん かつひこ)投手。
 小学3年から野球を始める。
 芸西中時代は軟式野球部に所属し、3年夏に四国大会準優勝を達成した。

 高知高では1年秋からベンチ入り。
 2年夏に出場した甲子園は広陵に5対8で敗れ初戦敗退。
 5点ビハインドの6回表から起用され、140㌔を記録するなど力投を見せたが、
 同点に追いついた直後の8回表に3点の勝ち越しを許し負け投手となった。
 2年秋からは主戦を務め、2季連続で県大会準優勝、四国大会進出(初戦敗退)、
 3年夏に5試合34回28奪三振5失点の好成績で3年連続県大会優勝を達成。
 決勝で秋春とも敗れた明徳義塾相手に5安打8奪三振2失点完投勝利を挙げている。
 甲子園では史上初2日連続雨天ノーゲーム(3回裏0対2、5回表5対6)を経て、
 如水館を9安打14奪三振3失点完投で下し、30年ぶりとなる夏1勝を記録した。
 2回戦は常葉橘打線に12安打と打ち込まれ6回7失点ノックアウト。
 最速144㌔の本格派左腕としてプロからも注目されたが社会人入りを選択した。
 当時のチームメイトに木下拓哉捕手(現法大)ら。

 大阪ガス入社後は2年目春から公式戦に出場。
 都市対抗予選には先発救援で10試合中6試合(先発2、救援4)に登板、
 2次予選パナソニック戦で先発として5回途中2失点の好投を披露した。
 近畿地区代表決定戦ニチダイ戦は制球甘く3回途中2失点でノックアウト。
 NTT西日本の補強選手に選出され、本大会8強入りを経験するも登板機会は無し。
 3年目は長野大会三菱重工横浜戦、京都大会セガサミー戦で連続完封を挙げる好スタート、
 三菱重工横浜戦では最速148㌔直球を武器に5回までパーフェクト、
 6連続含む10奪三振、4安打無四球に封じる快投を演じている。
 都市対抗2次予選では先発救援で5試合に登板するも、接戦を落とし代表権獲得ならず。
 守安玲緒との投手戦となった2度の三菱重工神戸戦はいずれも完投負け(2失点、3失点)。
 本大会にはパナソニックの補強選手として出場し先発救援で2試合に登板、
 初戦Honda熊本戦で2番手として2回1/3を無失点に抑える好救援を見せたが、
 先発に抜擢されたJX-ENEOS戦は制球に苦しみ2回途中3失点KOに終わった。
 プロ相手には2年目5月に行われた阪神との交流戦に6回から3番手として登板、
 2回ノーヒット2奪三振1死球無失点の好結果を残している。

 172cm75kg、ガッチリした体格のスリークォーター左腕。
 セットポジションから右肩を内に入れて重心を下げ、インステップし肘を柔らかく使った
 腕の振りから繰り出す最速152㌔、常時130㌔台後半から140㌔台中盤の勢いある直球と
 120㌔台のスライダー、100㌔台から110㌔台のカーブ、120㌔前後のフォーク。
 武器である真っすぐで打者の懐を突きスライダーを織り交ぜる。直球主体の本格派。
 横の角度、小さめのテイクバックによる出所の見づらさも持ち味の一つ。
 コントロールにはバラツキがやや多い。高卒3年目の若手左腕。
 打撃センスにも優れる。遠投105m、50m6秒6。

  スカウトコメント

中日・米村スカウト|12/10/5
 「真っすぐが150キロ以上出ますし、コントロールも制球力もよくなりました」
広島・松田元オーナー|09/8/11
 「球筋がいいし、手首の軟らかさもある。腕の振りが良かった」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2019年プロマーク状況



最終更新日:2012-08-03(金)|2012年ドラフト指名選手 | コメント(7) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
最高責任者が下位指名を発言は志望届提出で有れば獲得も有り得るのでは当然スカウトの意見も聞くのが常識では。
| 広鯉! | 2009年08月21日(Fri) 18:34 | URL #- [ 編集]
優勝目指して頑張っ
| 男 | 2009年08月11日(Tue) 21:37 | URL #- [ 編集]
そう言えば、広島は捕手の木下くんも注目してませんでしたっけ?

バッテリー、ともに注目株の場合比較的注目されてない方をとるきらいがありますよね。倉しかり白浜しかり。
公文と木下はどちらを獲るんでしょうか?
| 黒鯉 | 2009年08月11日(Tue) 16:59 | URL #- [ 編集]
プロからの指名は夏の出来次第でしょうけど、大学に進んだ方が面白いピッチャーになりそうな気がします。
| ハルタカ | 2009年08月11日(Tue) 16:28 | URL #- [ 編集]
バランスのいい腕の振りでしたね。

将来的には面白そうです。
| 球児 | 2009年08月11日(Tue) 15:51 | URL #- [ 編集]
まだ指名が確定したわけではありませんが、松田元オーナーが興味を示した模様。ちなみにこのオーナーの一言で入団した選手はすべて失敗。福良、松本高明、岩本など。
| もこもこパンダ | 2009年08月11日(Tue) 15:10 | URL #- [ 編集]
広島が下位で指名するらしいです。ということは上位は右腕か。
| ドラ | 2009年08月11日(Tue) 14:33 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2012年ドラフト指名選手 | コメント(7) Page Top↑