有原 航平(早大)

ここでは、「有原 航平(早大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 オリ 中日 楽天 東京 西武 阪神 千葉 横浜 福岡 巨人 日ハム 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



有原 航平(早大)

189cm96kg 右右 MAX156km スライダー・チェンジ・カット・カーブ・ツーシーム 広陵高
スリークォーターから156㌔直球と多彩な変化球。馬力ある大型右腕。4年春に最多5勝でベストナイン。
2014年日本ハム1位(契約金1億円プラス出来高5000万円、年俸1500万円)

  動 画

  投手成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率 
   11春: 10  1勝1敗  25.1  20  19  7  15  5.33
   11秋: 8  1勝2敗  17.2  15  12  9  12  6.11
   12春: 10  1勝2敗   18  24  17  4  11  5.50
   12秋: 7  4勝1敗  48.1  25  29  14  12  2.23(7位)
   13春: 7  3勝3敗  43.1  37  28  12  14  2.91(7位)
   13秋: 8  3勝1敗  50.1  33  46  7  4  0.72(1位)
   14春: 8  5勝1敗   52  38  42  6  8  1.38(2位)
   14秋: 4  1勝1敗   16  13  17  7  6  3.38
   通算: 62 19勝12敗  271 205 210  66  82  2.72
          被安打率6.81 奪三振率6.97 四死球率2.19   
    ※ 14春:ベストナイン

 【 全国大会 】
   12選   回数 被安 奪三 四死 自責
   奈産大   1  0  1  0  0 151㌔(神宮)
   九共大   1  1  1  0  0 152㌔(神宮)
   亜 大   1  1  1  0  0 152㌔(神宮)
         3  2  3  0  0 防0.00
     被安打率6.00 奪三振率9.00 四死球率0.00

 ■ 甲子園成績

     試合 回数 被安 奪三 四死 自責
   10春: 4 33.2  26  37  17  9
          9  7  13  8  1 147㌔ 立命宇治 ○
          9  2  10  2  0     宮 崎 工 ○封
         8.1  4  7  2  0 143㌔ 中京大中 ○
         7.1  13  7  5  8     日 大 三 ●
   10夏: 1   8  4  6  0  1 149㌔ 聖光学院 ●
        41.2  30  43  17  10 防2.16 
      被安打率6.48 奪三振率9.29 四死球率3.67

投手成績詳細

   11春   回数 被安 奪三 四死 自責
   東大     2  1  1  0  0   150㌔
          3  1  3  1  0
   明大 先  5.1  3  2  4  3 ● 151㌔
   立大    2.2  0  1  0  0
          2  1  0  0  0 ○
         2.2  6  3  1  7
   法大     2  0  4  0  0 
         2.2  7  3  1  3
   慶大     2  1  1  0  2
          1  0  1  0  0
        25.1  20  19  7  15 防5.33
     被安打率7.11 奪三振率6.75 四死球率2.49

   11秋   回数 被安 奪三 四死 自責
   明大 先   5  6  0  1  4 ●
      先  0.2  3  0  3  5 ●
   東大     2  1  2  0  1   148㌔
          1  0  0  0  0
   法大     3  0  4  2  0   150㌔
         1.1  0  2  1  0
   慶大     2  3  2  1  2   150㌔
         2.2  2  2  1  0 ○ 150㌔
        17.2  15  12  9  12 防6.11
     被安打率7.64 奪三振率6.11 四死球率4.58

   12春   回数 被安 奪三 四死 自責
   東大     1  0  1  0  0 149㌔
   立大     2  1  1  1  0 149㌔
   法大    3.1  3  6  0  1 152㌔
          2  3  3  1  1 149㌔
   明大     1  0  1  1  0 144㌔
         2.1  2  2  0  0
         1.2  7  0  0  5 ●
         2.2  4  1  1  2 ○
   慶大     1  3  1  0  2 ●
          1  1  1  0  0
         18  24  17  4  11 防5.50
     被安打率12.00 奪三振率8.50 四死球率2.00

   12秋   回数 被安 奪三 四死 自責
   東大 先   7  2  5  0  0 148㌔ ○
   明大 先   9  3  3  1  0 149㌔ ○封 
      先  6.1  4  3  4  3     ●
   立大 先   8  3  7  0  2 149㌔ ○
   法大 先   9  4  5  4  1 150㌔ ○
      先   5  4  3  2  3
   慶大 先   4  5  3  3  3
        48.1  25  29  14  12 防2.23
     被安打率4.66 奪三振率5.40 四死球率2.61

   13春   回数 被安 奪三 四死 自責
   東大 先   7  2  7  0  0 ○ 151㌔
   明大 先   7  3  2  3  0 ○ 154㌔(巨人スピードガン)
      先  4.2  8  0  2  4 ●
         3.2  2  1  1  2
   立大 先  8.1  6  7  3  2 ●
   法大 先  5.1  6  4  0  2 ●
   慶大 先  7.1  10  7  3  4 ○
        43.1  37  28  12  14 防2.91
     被安打率7.68 奪三振率5.82 四死球率2.49

   13秋   回数 被安 奪三 四死 自責
   東大     1  1  3  1  0   154㌔ 
   明大 先  7.1  7  4  1  0 ○ 152㌔
          1  0  1  0  0
   立大 先  5.2  7  8  0  1 ○ 152㌔
      先   8  9  2  1  0
   法大 先  12  5  14  1  1   152㌔
      先  6.1  3  5  2  2 ●
   慶大 先   9  1  9  1  0 ○封151㌔ ※ 4者連続奪三振
        50.1  33  46  7  4 防0.72
     被安打率5.90 奪三振率8.23 四死球率1.25

   14春   回数 被安 奪三 四死 自責
   法大 先   9  4  7  1  0 ○封 151㌔
   立大 先  8.2  11  9  2  3 ○  153㌔
      先  6.1  6  2  2  1    151㌔
   東大 先   6  3  7  0  0 ○  152㌔
   明大 先   9  4  7  0  0 ○封 153㌔
      先   5  5  2  1  2 ○  148㌔
   慶大 先   7  5  7  0  2 ●  152㌔
          1  0  1  0  0    152㌔
         52  38  42  6  8 防1.38
     被安打率6.58 奪三振率7.27 四死球率1.04

   14秋   回数 被安 奪三 四死 自責
   明大     3  0  5  0  0 148㌔
   立大 先   6  7  7  3  4 149㌔ ●
   慶大     3  1  3  3  1 148㌔ ○
          4  5  2  1  1 147㌔ 
         16  13  17  7  6 防3.38
     被安打率7.31 奪三振率9.56 四死球率3.94

  最新記事

 ■ 【日本ハム】有原、年俸1500万円で仮契約(スポーツ報知) 14/11/18

 日本ハムからドラフト1位指名された早大・有原航平投手(22)が17日、都内のホテルで入団交渉を行い、契約金1億円プラス出来高、年俸1500万円で仮契約した。即戦力と期待されるアマ球界NO1右腕。先発ローテ入りへは、早大の先輩である斎藤が目下のライバルとなるが、「先輩ですけど、気にせず、自分の実力を出していければいいと思います。先発をやりたい気持ちは持っています」と挑戦状を叩きつけた。現状、来季のローテ入りが決定的なのは、大谷とメンドーサの2人。今季急成長した上沢、中村、浦野がそこに続き、有原は残る1枠を斎藤、吉川らと争う。有原は150キロ超の直球に加え、スライダー、カットボール、カーブ、チェンジアップ、ツーシームと多彩な変化球を操る。右肘を痛めているため、現在はノースローでのトレーニングが続いているが、完治すれば十分、勝負できる。キャンプは2軍スタートが濃厚で、栗山監督は「2月1日に合わせる必要はない。新人のキャンプインは2月15日だと考えている」と当面は右肘の治癒に専念させる方針を示している。

 ■ ドラ1有原、ダルになる!「活躍してファンに愛される選手に」(スポーツ報知) 14/11/12

 日本ハムからドラフト1位指名を受けた早大・有原航平投手(22)が11日、都内の同校で栗山監督らの指名あいさつを受けた。今ドラフトで4球団が競合したアマ球界NO1右腕は「今、持っている真っすぐや変化球が、上のステージでどれだけ通用するか。ダルビッシュさんのようにしっかり活躍して、ファンに愛されるような選手になりたい」と決意表明した。期待の大物ルーキーと初対面した栗山監督も終始、ハイテンションだった。「久しく忘れていましたが、思い焦がれた人に会えるのは、こういう感じだったな、と。直球が150キロを超えるのに、変化球の制球が抜群ダルっぽいよね、俺の感覚では」。待遇も破格で、球団は早大の先輩でもある斎藤同様、契約金1億円プラス出来高、年俸1500万円の最高条件を提示する見込みで、背番号は「16」に内定している。

 ■ 早大・有原、今季初先発150キロ復活も4失点黒星(スポーツ報知) 14/10/19

 今月23日のドラフトの目玉候補、早大・有原航平(4年)が立大戦で今季初先発。味方の拙守も絡み、6回7安打4失点で黒星を喫した。しかし、今季最速となる150キロを計測、7三振を奪った。日米13球団約40人のスカウトが大集結する中、運命の日に向け、違和感を抱えていた右肘に問題がないことをアピールした。この日の朝、「行きます」と岡村猛監督に志願、今季初めてまっさらなマウンドに向かった。「直球はまだ走ってない。全力という感じではない」。そう言いながらも、2回に先頭打者に1発を浴びると力が入った。2死からの2球目が巨人スカウトのスピードガンで150キロを計測。6回には味方の拙守が絡んで2失点し、7安打で計4点を失ったが、最後は2者連続Kで締めて、合計7三振を奪った。ネット裏には阪神ソフトバンクドジャースなど日米13球団約40人のスカウトが集結。豊作のドラフトだった10年春、東海大・菅野(現巨人)の初戦に日米13球団23人、東洋大・藤岡(現ロッテ)の初戦には12球団38人が集まったが、有原の元に集結した人数に、改めて今年のドラフトの目玉であることが証明された。1位指名を表明した広島・苑田スカウト統括部長は「春よりバランスが良くなったし、肘は心配のかけらもない。1年目から10勝以上期待できる」と言い、巨人・山下スカウト部長は「球速があるが変化球にもキレがあり、うちの菅野のようなタイプ」と高評価を口にした。エースとして、試合に負けたことが悔しかった。試合後、7台のテレビカメラの前でドラフトへの思いを聞かれると「今は負けて悔しい。明日も試合がある。3戦目の登板があるなら、そこに向けて調整したい」と制した。誰よりも強い負けん気を持っていることが、この右腕の魅力でもある。
 ネット裏には日米13球団のスカウトが集結。阪神7人態勢で視察した。今季初視察となった中村GMは「腕も振れていた。肘は問題ないのでは」と言及。評価については「デリケートな時期なので多くはいえない」としたが「それにしても排気量が違う」と、スケール感に舌を巻いた。(デイリースポーツ)
ソフトバンク永山アマスカウトチーフ
 素材の良さは分かっていますから、結果でどうこういう投手ではない。あとは(1位)で行くか、行かないかでです。
巨人山下スカウト部長
 全力で投げたボールはわずかだが、150キロは出ているし、スケールの大きい投手。今どうこうではなく、春のいい時を評価したい。肘も心配することはなさそう。うちの菅野タイプ。真っすぐのスピードがあって、変化球の球種が多い
広島苑田聡彦スカウト統括部長
 1位を明言しただけあります。速い球も魅力的だけど、球種も多い。今日のようにバント処理もできるし、けん制もうまい。(右肘の心配は)あれだけ腕が振れていたらないと思う。
楽天福田スカウト部副部長
 投げられて良かったですね。肘も重症ではなさそう。いいに決まっているわけですから、投げられることが分かっただけで、その確認ができれば十分です。今の状態の中で、ベストを尽くしている。
DeNA吉田スカウト部長
 あれだけ投げられれば大丈夫。要所、要所でしっかりと力を入れて投げている。肘も大丈夫そうです。

     11春 11秋 12春 12秋 13春 13秋 14春 14秋 通算 
   先発: 1  2  0  7  6  6  6  1  29
   完投: 0  0  0  2  0  2  2  0   6
   完封: 0  0  0  1  0  1  2  0   4

過去記事

 ■ 虎ドラ1候補早大・有原、圧巻復活デモ(デイリースポーツ) 14/9/29

 早大の最速156キロ右腕・有原航平投手が、今季初登板した。右肘違和感からの復帰戦で3回無安打無失点、5奪三振。7人態勢で視察した阪神など日米10球団のスカウト陣の前で、貫禄の投球を見せた。スカウト陣の注目を一身に浴びる中で、37球の復活デモ。有原が順調な回復をアピールした。2日のオープン戦・ホンダ戦以来の実戦登板。4点を追う六回に3番手でマウンドに上がると、最初の打者をこの日最速の148キロ直球で一ゴロに仕留める。「まだ球が走っていない」という直球は10球ほどにとどめた変化球主体の投球でも、付け入る隙を与えない。打者10人で許した走者は失策の1人のみ。5三振は全て130キロ台中盤のカットボールで奪ってみせた。2日続けて7人態勢で乗り込んだ虎スカウト陣も一安心だ。「直球はまだまだなんだろうけど、変化球のキレと制球はさすが」と担当の平塚スカウト。ドラフトは即戦力投手を1位指名する方針なだけに、佐野統括スカウトも「これだけ投げられれば」と、筆頭候補の元気な姿に頬を緩めた。有原は「直球は5~6割(の力加減)。その分、変化球は腕を振って投げられた」と、ひとまずは納得の表情。登板後の右肘の状態も「普通の張り。変な感じはない」と話し「2連敗して、自分がもっと投げられたらと思った。これからもリーグ戦はあるので練習していきたい」と、巻き返しを誓った。
ソフトバンク・永山アマスカウトチーフ
 「すばらしい投手。直球も148キロが出ていたし、このぐらいでも十分でしょう。どこの球団も10勝ぐらいできると考えるのでは」
中日・中田スカウト部長
 「目いっぱい投げていないけど、いいのでは。力的なものは揺るぎない」
 1位の有力候補に挙げている巨人の榑松(くれまつ)スカウトは「まずは今日投げられたことが一番」と話した上で「調子が良ければ力で抑えるが、そうじゃなくても変化球を使って抑えられるワザを持っている」と賛辞を惜しまなかった。(スポーツ報知)
ソフトバンク永山アマスカウトチーフ
 変化球中心できっちり投げられていたし肘は問題ないと思います。素材が素晴らしいですから、とにかく元気な姿を見られて良かったです。
西武奥薗編成部部長
 捕手があれだけ(変化球を)要求したということは全く問題ないということです。(日刊スポーツ)

 ■ 早大・有原は登板せずブルペンで20球(デイリースポーツ) 14/9/28

 1回戦2試合が行われた。早大は明大に敗れ、今季初黒星。今秋ドラフト1位候補右腕の有原航平投手(4年・広陵)が今季初めてベンチ入りしたが、登板はなかった。右肘違和感から戦列復帰した有原は、回復ぶりを披露する機会はなかった。1点差に追い上げた六回、ブルペンで捕手を立たせて約20球を投じたが、直後に味方が3失点。「終盤で競ったりリードしたら行く、と言われていた。後輩が投げて、いい結果じゃなかったので、責任を感じている」と肩を落とした。シート打撃にもすでに登板しており、違和感は「もうない」と回復を強調。28日の起用について、岡村猛監督(59)は「まだ最近投げたばかり。展開次第でしょうね」と慎重な姿勢を示した。視察した9球団のスカウト陣もチェックはお預け。7人で訪れた阪神の佐野統括スカウトは「投げるまで来ますよ」と残念そうに話していた。

 ■ ドラフトの目玉早大有原が明大戦で復帰へ(日刊スポーツ) 14/9/25

 右肘の違和感で戦線を離脱している今秋ドラフトの目玉右腕で、最速156キロの早大・有原航平投手(4年=広陵)が、27日から行われる東京6大学リーグの明大戦で中継ぎとして復帰するプランがあることが24日、分かった。この日、東京・東伏見の早大グラウンドで練習を行い、投内連係の後、シート打撃に登板。打者4人に対し、右飛、遊ゴロ、四球、中飛で計14球を投じた。岡村猛監督(59)は「肘の痛みはないようですし、投げさせるつもりでベンチに入れます」と、ゴーサインを出したが「まだピリッとしないところがあるし、今の状況で長いイニングというのは難しいかもしれない」と、リリーフ起用を示唆した。実戦は2日のホンダ戦で3イニングを投げて以来となる。

 ■ 今秋ドラフト目玉の早大・有原、故障で登板回避/東京六大学(SANSPO) 14/9/14

 早大の先発投手が、1年生の大竹とアナウンスされると、約9000人の観衆がどよめいた。今秋のドラフトの目玉、最速156キロのエース・有原が先発回避国内外15球団55人のスカウトも肩すかしを食った。「右肘に違和感があるとかで無理させるわけにはいかない。回復して万全で投げられるようにさせたい。2週間後ぐらいになれば…」と岡村監督は説明した。8月下旬までオープン戦に登板していたが、9月に入り違和感を訴えたという。現状では重症ではなく、27日からの明大戦を目指して調整する。
  有原は8月の軽井沢キャンプ後、東北遠征、東京六大学オールスター戦の登板などで疲労がたまり、今月2日のホンダ戦後に右肘の違和感を訴えた。だが、ブルペンでの投球はできているが、今回は大事を取った。関係者によると、病院の診断では炎症はあるものの、じん帯に異常はなかったという。順調に回復しているが、1週空いて27日からの明大戦での復帰を目指す見込みだ。この日は巨人ドジャースなど日米14球団のスカウトが集結したが、有原はベンチ入りせず、ロッカールームで試合を観戦。試合終了前に引き揚げた。(スポーツ報知)

 ■ 早大156キロ右腕 有原「プロの世界へ」(日刊スポーツ) 14/9/10

 今秋ドラフトの目玉右腕、最速156キロの早大・有原航平投手(4年=広陵)が、プロ入りへの思いを口にした。9日、東京・東伏見の早大グラウンドで、故安部磯雄氏、故飛田穂洲氏の胸像お披露目セレモニーに出席。岡村猛監督(59)との話し合いはこれからで、プロ志望届を提出する日程は未定とした上で「プロの世界に行きたいと思って、レベルの高い大学でやってきた。プロに行きたいという目標は変わってないです」と言った。巨人ヤクルト日本ハムなどが1位候補に挙げるなど、10月23日のドラフトでは複数球団の1位競合が確実。5季ぶり優勝を目指すリーグ戦開幕が13日に迫り「自分の力で優勝したい。5勝は絶対条件。評価してもらうためにも、秋は頑張らないといけない」と引き締めた。

 ■ 8・27「早大・有原VSソフトB」ドラフト目玉候補が力試し(スポーツ報知) 14/6/25

 東京六大学リーグの早大が、同校初のプロ球団とのオープン戦を計画していることが24日、分かった。8月27日に東京・東伏見の早大グラウンドでソフトバンク戦を予定。相手は若手中心の3軍になるとみられる。近日中に東京六大学野球連盟に申請するもようで、承認されれば、今秋のドラフト目玉候補に挙がる、エース・有原航平(4年)VSプロが注目される。早大は例年、8月上旬の長野・軽井沢キャンプを経て、社会人チームや大学とのオープン戦を行っていた。しかし、今春のリーグ戦では、勝ち点を挙げた方が優勝する早慶戦で、2戦連続逆転負けを喫してV逸。この夏はさらなる成長の場を必要としていた。なかでも、注目を集めるのが有原だ。巨人がドラフト1位の有力候補に挙げる156キロ右腕が登板すれば、プロの打者に実力が通用するか見極めるチャンスにもなる。東京六大学では、2011年3月にプロ・アマ交流試合が解禁されて以降、早大以外の5大学がプロ球団とのオープン戦を実施。今年も、明大が3月にDeNA2軍と予定(雨天中止)していた。今春リーグ最多5勝のエース右腕を目当てに多くのスカウトが集結するのは必至。夏の早大グラウンドがさらに熱くなるのは間違いない。

 ■ 早大・有原、現役単独最多18勝!直接対決で慶大倒す(SANSPO) 14/5/20

 早大は、ドラフト候補のエース右腕・有原航平投手(4年)が5回2失点に抑え、明大を8-3で破り、2勝1敗で勝ち点4として首位に立った。中1日で5回2失点に抑えた早大・有原が、3回戦での勝利を素直に喜んだ。「打線が点を取ってくれ、真っすぐと、他の変化球でうまく打たせて取ることができた」。大学球界のエースに求められる3回戦勝利を初めて手にした。明大・山崎との現役最多勝同士の投げ合いを制し、単独最多の通算18勝(10敗)としたのだからさらに価値ある1勝だ。視察したロッテ・林球団本部長は「必ずどこかが1位指名の評価というのは当然」とうなずいた。今季5勝0敗、防御率1・23で投手部門の2冠。優勝をかけた早慶戦に向け「いつも通りに、いきたい」と最速156キロの右腕は自信を深めて臨む。
 初めて視察したロッテ・林信平球団本部長も「体が大きいし、器用。十分伸びしろがある」と高く評価した。(スポニチ)

 ■ 早大・有原に日米18球団が熱視線(日刊スポーツ) 14/5/18

 今秋ドラフトの目玉、早大・有原航平投手が、4安打7奪三振完封で、リーグトップの4勝目を挙げた。自己最速156キロに迫る、今季最速タイの153キロをマーク。現役最多タイの通算17勝目で、明大に先勝した。神宮には、国内11球団に加え、レッドソックス、ドジャース、ジャイアンツ、ダイヤモンドバックスなどメジャー7球団以上のスカウトが集まった。大リーグのスカウト陣は、早大戦後に、神宮から巨人-広島が行われた東京ドームに大移動。1位候補に挙げる巨人原沢GMを含めて、7人態勢でチェックした。今季初のアマチュア視察になった同GMは「非常にスケールの大きさを感じる選手。スピード、球種、身体能力を含めて、そういうものを感じる」と言った。周囲がヒートアップする中、有原は期待通りの力を見せる。2回には今季最速タイの153キロをマーク。9回2死から投じた119球目も150キロだった。「スピードはいつもより出ていたと思います。真っすぐと落ちる球が良かった」と言った。直球にチェンジアップ、ツーシームを織り交ぜ、強豪明大に付けいるスキを与えなかった。完封は、4月12日の開幕戦以来。試合がなかった先週末は、3日連続で外野ポール間を約50本走り、体の切れを出した。現役トップタイの17勝目で、4季ぶりVへ、勝率で1位に立った。「1年間で10勝はすると決めてます」と、チームのために勝利を追い求める。
  ネット裏には巨人・原沢球団代表兼GM、通路をはさんでヤクルト松井編成部長の姿もあった。「神宮(での学生野球視察)はことし初めて。『個々』ということでなく、時間があったら見たいと。有原君? スケールの大きさを感じる投手だね」と原沢氏。前方でメジャーのスカウトも熱視線を送っており、有原詣ではさらに過熱しそうだ。(SANSPO)
 最速は153キロをマーク。巨人阪神など日米スカウトが集結した。(日刊スポーツ)

 ■ 早大・有原、1失点粘投!Gスカウト高評価/東京六大学(SANSPO) 14/4/29

 東京六大学野球リーグ第3週第3日(28日、神宮)3回戦2試合を行い、早大は、プロ注目のエース右腕・有原航平投手(4年)が6回1/3を1失点と好投し、小野田俊介外野手(同)の3ランなどで4-3で立大に競り勝ち、2勝1敗として勝ち点を2とした。課題の一つをクリアした。中1日で登板した有原が6回1/3を6安打1失点。神宮の杜でスタミナがあることを実証した。「1回戦(26日)に比べ、真っすぐは走っていないけど粘り強く、低めに投げられた」。ドラフト候補のエースはこの日最速151キロをマーク。三回に大城にカットボールを右前適時打にされた以外は危なげない投球だった。バックネット裏にはヤンキース、レンジャーズ、ドジャースといった大リーグ球団を含む日米6球団のスカウトが視察。巨人も熱心で、山下スカウト部長が「昨年より粘る力を見せた。大学野球のエースの自覚だね」と高評価した。
 元日本ハム監督で現ヤンキース特別補佐(育成担当)トレイ・ヒルマン氏(50)が視察に訪れた。「だれと限らず見ているが(早大の)有原は真っすぐとチェンジアップがいい。大学野球の采配は興味深い」と元監督らしい目線で観戦。(日刊スポーツ)

 ■ 【六大学】早大・有原153キロ!3戦連続完封逃すも9K(スポーツ報知) 14/4/27

 巨人が今秋のドラフト1位候補に挙げる早大のMAX156キロ右腕・有原航平(4年)が苦しみながら開幕2連勝を飾った。神宮では自己最速タイとなる153キロをマーク。あと1人で昨秋から3戦連続となる完封を逃したが立大に8回2/3を11安打3失点。巨人、ヤンキースなど日米12球団のスカウトの前で、粘投を披露した。足取りは重かった。有原は、ベンチから一番最後に整列に加わった。9回2死二、三塁。後を託した内田聖人が一打同点のピンチを切り抜け、辛くも逃げ切った。背番号11は「勝てて良かったです」と大きく息を吐いた。あと1人だった。9回2死一塁。右中間三塁打で1点を返された四球の後、この日の156球目が中前に運ばれ、ここで降板。昨秋から続く3戦連続完封どころか、完投も逃した。自己ワーストの11安打を浴び「最後は自分の体力不足。球が高かったし、あれだけ打たれたら、(走者を)かえされるのは当然です」と潔く語った。「剛柔自在」の能力の片りんは見せた。4回2死から浅田泰斗に投じた3球目は153キロを計時。昨春に続き、神宮自己最速タイを叩き出した。2回を除き毎回安打を打たれたが、要所で変化球を織り交ぜ、得点された場面以外は三塁を踏ませず、9三振を奪取。悪いなりに試合を作るのは、さすがだった。1冊の本が力になった。3月11日、ホンダ熊本とのオープン戦で4回4失点と打ち込まれた。その夜、チーム関係者から「一日一生」という本を手渡された。天台宗の僧侶が生き方を説いたもの。「今日が悪くても明日は来る。切り替えが肝心」。どんな時も心に余裕を持つことを認識し、苦境のマウンドに生かしている。中日・落合GMら、日米12球団のスカウトが集結。「投手として華がある。江川卓にダブる」とうなった阪神・中村GMが「未完成であることも魅力」と指摘したように、伸びしろを感じさせる21歳。「次はしっかり投球からリズムをつくりたい」。勝ってなお、満足感はなかった。
 阪神の中村GMは「かつての江川(元巨人)のような雰囲気を持っている投手だと思う」と絶賛した。状態が上向けば、ネット裏はますます過熱しそうだ。(デイリースポーツ)
 土壇場でピンチを招いて降板した。2点差まで詰め寄られた展開に「最後は直球が多くなった。変化球を多くしていれば、結果も違っていた」と力勝負を挑んだ詰めを反省。岡村猛監督も「(味方がもたついた内野安打などで)カッカしていたみたい。もう少し冷静になった方がいい」と、苦言を呈した。(デイリースポーツ)

 ■ 早大・有原 151キロ出た!日米16球団スカウトうならせた(スポニチ) 14/4/13

 春季リーグが開幕し、1回戦2試合が行われた。今秋のドラフト1位候補対決は、早大・有原航平投手(4年)が三塁を踏ませずに4安打完封で、法大・石田健大投手(4年)をしのいで、早大が3―0で勝った。ともに広島出身でオフには食事にも出掛ける同郷のライバル、法大・石田との投げ合いを制し「チームも自分も勢いづく投球がしたかったので良かった」と胸を張った。序盤は直球に切れがなく、4回までに3安打を許し、奪三振は0だった。きっかけをつかんだのは5回2死。第1打席で中前打を許した石田との対戦だった。9球粘られた末に四球を与えたが、そこで指先の感覚をつかんだ。5回以降は内野安打1本で切り抜け、7奪三振と尻上がりに調子を上げた。そして9回にこの日最速の151キロを計測。チェンジアップの落差も大きくなり「腕が振れるようになって、より真っすぐの軌道に近いものになったと思う」と分析した。下級生時代は主な役割はストッパーだったが、昨春から先発として主戦となった。だが、昨年は優勝争いに絡めずチームは4、3位に終わった。「自分が先発になってからなので、責任を感じていた」。冬場はスタミナ強化のために例年よりも多くブルペン入りし「中盤から終盤にかけて三振が取れたのは自信になった」と投げ込みの成果を実感した。3月の米国キャンプでは現地の大学生相手に2試合に登板。150キロを超える球威は、メジャースカウトの視線をもくぎ付けにした。この日は神宮のネット裏には国内12球団に加え、ヤンキース、ドジャースなどメジャー4球団が視察。日米双方からの熱い注目にも、「やることは変わらない」と目の前の打者だけに集中した。打撃でも3回1死二塁から右中間へ先制の適時二塁打を放ち、決勝打にリーグ戦通算14勝目。「あしたも投げる準備をしたい」。独り舞台の開幕戦を終えたばかりの有原がフル回転を誓った。
 ▼巨人・山下哲治スカウト部長 3人とも間違いなく1位候補。有原は投球の工夫ができるようになった。石田もAクラス(の評価)は変わらない。山崎は変化球の切れが良くなった。
 ▼ロッテ・松本尚樹編成統括 有原は高校時代から変わらず、器用なところが素晴らしい。石田は以前は直球で押している印象だったが、今は打者をしっかり見ている。
 ▼西武・奥園満編成部育成アマ担当部長 有原は昨年から変わらずいい投手。(石田、山崎を含めた)3投手とも見応えのある投球だった。今年の(ドラフトの)目玉になることは間違いない。
 ▼広島・苑田聡彦スカウト統括部長 有原はスピードがあるし、山崎はうちの野村のようにその日の調子を見て投げられる。(ドラフト)1位で消える投手。
 ▼DeNA・吉田孝司スカウト部部長 (3人とも)上位候補。山崎はバッティングもいいね。
 187センチ、90キロの大型右腕は、最速156キロの直球が売りだ。大食漢で、食べ放題に出掛ければ誰にも負けない。一方でスライダー、カーブ、チェンジアップ、カットボール、ツーシームと5種類の変化球を操る繊細さがあり、オリックス中川チーフスカウトも「スケールも器用さもありますね」と評価する。打っては3回に右中間へ先制の適時二塁打。国内球団に加え、ヤンキース、ドジャースなどのメジャースカウトも熱い視線を送る中、投打にわたって活躍した。(日刊スポーツ)
 日米16球団のスカウトの前での完封劇。阪神の平塚スカウトは「去年より落ち着いている。ハイレベルで安定している」とうなった。(デイリースポーツ)

 ■ 早大・有原、お疲れ4失点もGスカウト好評価「菅野みたい」(スポーツ報知) 14/3/12

 東京六大学リーグ・早大の156キロ右腕・有原航平(新4年)が11日、宮崎・南郷キャンプでホンダ熊本とのオープン戦に先発。今秋ドラフト1位候補に挙げる巨人は3人態勢で視察。しかし、4回8安打4失点と崩れた。初回と4回にともに3連打を浴び2失点。最速152キロを記録したものの暴投、死球もあり制球が乱れた。米ロサンゼルス遠征から羽田経由で18時間かけ、8日に南郷入り。疲れに加え、使用球も日本のものに戻った影響もあった。有原は「全部言い訳にならない。悪いなりに低めを意識して投げられるよう修正したい」と話した。巨人は山下スカウト部長が直々に視察。「この時期は結果じゃない」とした上で「昨秋より変化球の質が良くなった球速がある上に変化球がいいのは、うちの菅野みたい1年目から先発ローテに入る力はある」と評価した。

 ■ 巨人ドラ1候補の早大・有原、155キロで全米王者斬り(スポーツ報知) 14/3/7

 巨人が今秋のドラフト1位候補に挙げる早大・有原航平投手(3年)が、カリフォルニア大ロサンゼルス校(UCLA)とのオープン戦で救援登板。マウンドから剛速球を投げ込む有原に、ジャッキー・ロビンソン・スタジアムの客席にいた米国人から感嘆の声が漏れた。同点の7回。打者2人から3球三振を奪う圧巻の投球を見せると、8回には96マイル(155キロ)を計測。温暖な地とはいえ、リーグ戦前のこの時期に規格外の投球を見せつけた。「直球が良かった。腕がしっかり振れている感じがしました」。力負けするどころか、パワフルな全米王者を剛腕でねじ伏せた。「米国の打者はすごい引きつけて打ってくるので、怖かった」と言いながら、全28球中20球がストライク。3回無安打無失点、1四球だけのほぼ完璧な内容だった。ボールはマイナーリーグの公式球。滑りやすいため「深く握るように心がけた」と抜け球はなし。硬いマウンドも「日本と同じでやっては投げづらいので、体重を後ろに乗せる時間を長くした」。日本より外に広いストライクゾーンも「捕手と相談して外角をうまく使いました」といくつかの不慣れな環境の中、自身で創意工夫。米国仕様も難なくクリアし、十分に戦える適応性を見せた。次回のWBCは24歳で迎える。「チャンスがあれば(WBCで)投げてみたいです」と日の丸を背負い、戦うことに思いをはせた。リーグ戦での緊急リリーフも想定し、岡村猛監督(58)は7回から登板させた。テンポの良さで流れを呼び込み、9回に味方が勝ち越して勝利投手になった。昨年の全米王者に競り勝ち、早大は米国遠征で2勝1敗と勝ち越した。「良い経験になりましたし、自信になりました」。メジャーの卵との力勝負を経て、有原が一段と大きくなった。

 ■ 早大・有原、米名門から11人6K!メジャースカウトも賛辞(スポーツ報知) 14/3/5

 米ロサンゼルス遠征中の東京六大学リーグ・早大が4日(現地時間3日)、当地で南カリフォルニア大とオープン戦を行い、3―1で快勝した。巨人が今秋ドラフト1位候補に挙げる156キロ右腕・有原航平投手(3年)が先発し、打者11人から6三振を奪い3回0/3を1安打無失点。最速94マイル(151キロ)をマークし、メジャー関係者からも絶賛を浴びる圧巻の“全米デビュー”を飾った。日本が誇る大学NO1の剛腕が、その実力を米国のパワーヒッター相手に知らしめた。打者11人に対し1安打無失点の快投。全米大学選手権優勝12度を誇る名門を撃破した。「アメリカは(日本と)ボールも違い、下も硬くて、いろいろ違った。でも、なんとか抑えることができ、ほっとしています」と満足げたった。立ち上がりから空振り三振を奪うと、当初から予定していた50球で交代する3回0/3まで3者連続を含む6三振を奪取。許したヒットはバント安打1本だけ。「日本と違ってパワーがある。今日は(相手は)左投手が多かったけど、これから右投手も出てきて学べるものがあったら学んで帰りたい」と収穫たっぷりだ。圧巻の“全米デビュー”に、ネット裏のメジャー関係者からも驚嘆の声が上がった。「最速は96マイル(154キロ)以上、投げるんだろ。知っているよ」と熱視線を送ったブルージェイズのダン・エバンス統括スカウトは「素晴らしい。非常に印象的な投球だった」と賛辞を惜しまなかった。日本のドラフト目玉右腕だが、米国球界にも鮮烈な印象を残したのは間違いない。人生初の海外だが、公私とも異国の地に順応している。この遠征のためタブレット端末を購入し、部屋で対戦相手の打者の動画を見て研究。前日にはチームでドジャー・スタジアムを訪れ「本当にきれいで、こんな球場があるのか」と刺激をもらい、試合に臨んでいた。

 ■ 【六大学】Gドラ1候補の早大・有原、いきなり150キロ!(スポーツ報知) 14/2/27

 巨人が今秋のドラフト1位候補に挙げている早大・有原航平投手(3年)が26日、東京・東伏見の同校グラウンドで行われた紅白戦で今季初の実戦登板。2回を3安打2失点、2奪三振ながら、いきなり150キロをマークして上々の試運転を披露した。初回の先頭打者は同じくドラ1候補の打者・中村奨吾内野手(3年)。カウント2―2からの直球を左前に運ばれたが、これが150キロだった。「(28日出発の米国キャンプへ向け)いつもより速いペースできています」という言葉通りの剛球だ。視察した日本ハム・大渕スカウトディレクターも「この時期に150キロを出す投手は、プロでもそういない」と舌を巻いていた。

 ■ ドジャーススカウトが早大・有原を視察(スポーツ報知) 14/2/3

 メジャーリーグ・ドジャースの大慈弥(おおじみ)功スカウト(57)が2日、東京・西東京市の早大グラウンドで同校の練習を視察した。巨人が今秋のドラフト1位候補に挙げるMAX156キロ右腕・有原航平投手(3年)に熱視線を送った。早大には今年初めて訪れたといい、「有原と中村(奨吾内野手)の2人の顔が見られたし、元気そうで良かったです」と、ドラ1位候補コンビの動きに笑顔。有原については「(直球がシュート回転する癖が)だいぶ良くなった。今年はさらに楽しみです」と評価した。国内プロ入りが有力だが、日本の大学NO1投手の人気はさらに過熱していきそうだ。

 ■ 今秋1位候補、早大・有原始動に9球団(デイリースポーツ) 14/1/6

 今秋のドラフト1位候補の早大・有原航平投手(3年・広陵)が5日、西東京市の同大グラウンドでチームの今年初練習に参加。156キロ右腕の始動に阪神、巨人など9球団のスカウトが集結した。早大の練習始めに訪れた球団数では、10年の斎藤佑(日本ハム)、大石(西武)、福井(広島)のドラ1トリオ在籍時に並ぶ。187センチの長身から投げ込む直球に加え、昨秋は最優秀防御率に輝くなど安定感を増した有原。阪神の平塚スカウトが「ずっと見ていく?それはそうでしょ」と徹底マークを明かせば、巨人・榑松スカウトも「大学生の目玉」と、評価は揺るぎない。昨年末には母校・広陵のOB会で、広島・野村らに激励され「1位という評価をしてもらえるように、今まで以上に結果を残さないと」と、決意を新たにした。目標の年間10勝と優勝、1位でのプロ入りを見据える。
 ヤクルトは鳥原チーフスカウトをはじめ3人が視察に訪れる熱の入れようだ。また中村は「必勝祈願をしたけど、優勝は自分たちで取るもの。先を見据えていきたい」と優勝を手土産にプロへ、と青写真を描いた。(SANSPO)
 日本ハム、中日、オリックスを除く国内9球団のスカウトが見守る中でランニングやキャッチボールなどで汗を流した。2月28日からは4年ぶり12回目となる米ロサンゼルス遠征が決定。現地の大学と3試合行う予定で「自分の実力がどれだけ通じるか。直球で勝負してみたい」と決意を口にした。(スポニチ)

 ■ 今秋ドラフトは“豊作”だ!早大・有原、全12球団が注目(SANSPO) 14/1/3

 2014年はプロ野球のドラフト候補に大学生の好投手がそろい、昨年に比べて“豊作”といわれている。現時点で1番人気とみられているのが東京六大学リーグの早大・有原航平投手(21)だ。最速154キロ右腕には、広島・広陵高時代からスカウトが注目。新4年生となる今年は、全12球団上位指名候補にリストアップしている。ゆったりとしたフォームから投げ込む直球は最速154キロ。1メートル87、90キロと恵まれた体から繰り出される角度のある真っすぐは威力十分だ。昨春の明大1回戦では3安打完封。明大の打者は次戦からバットをふた握り短く持つようになった。武器は150キロを超す直球にツーシーム、スライダー。広陵高時代から注目する広島・苑田スカウト部長は、昨春の時点で「間違いなく来年のドラフト1位」と獲得への思いをめぐらせていた。3年間で通算50試合に登板し13勝10敗、防御率3・01。昨年は春が3勝3敗、防御率2・91(リーグ7位)と今ひとつだったが、秋は3勝1敗、防御率0・72(同1位)と飛躍した。通算202回を投げ、奪三振は151。スピードの割に奪三振が少ないのは、有原自身が「流れを変えるところで取れればいいと思う」と三振にこだわっていないからだ。新4年生は明大・山崎福也(日大三高)、法大・石田健大(広島工高)、中大・島袋洋奨(興南高)と左腕に人材がそろうが、広島以外にも「左右に関係なく、まず有原」という球団が多い。東京六大学リーグ戦の通算勝利数で16勝の山崎、15勝の石田に劣るのは、3回戦での勝利がないため。1回戦に先発した後、2回戦での連投、または中1日で3回戦に登板して結果を出すスタミナが課題で、本人も自覚している。早大・岡村監督は「連投したいという気持ちでやっていかないと、目指す次のステージ(プロ)で活躍することはできない」と精神面を含めたスタミナ強化を指摘。「シーズン10勝を目標にしてほしい」と期待する。達成すれば、2012年春以来となる優勝が待っている。

 ■ 早大・有原1安打完封!バント1本のみ9K(スポーツ報知) 13/11/3

 日本ハムからドラフト6位指名された慶大のエース・白村明弘(4年)に投げ勝ち、来秋ドラフト1位候補が14年シーズンへ向けて存在感を見せつけた。秋雨が降る底冷えの神宮を、有原の力投が熱くした。最後の打者を147キロ直球で見逃し三振に仕留め、4者連続を含む9Kで完封。「慶応は早めに振ってくると知っている。変化球で打たせて取って味方がいい守りをしてくれた」。わずか87球、伝統の早慶戦でリーグ戦2度目のシャットアウト劇に、相好を崩した。終わってみれば、大記録まであと一歩の快投だった。許した安打は3回1死から、8番打者に三塁線に転がされたバント安打1本だけ。四球1つで完封しただけに、結果的にノーヒッターのチャンスを逃した。「早い回に安打が出たので、次は最初から気合を入れていきたい」。それでも初タイトルを大きくたぐり寄せた。今季50回1/3を投げて自責4。防御率は試合前の0・87から0・72とした。0・88で2位につけ、リーグ戦日程を終えた広陵高の後輩、明大・上原健太(2年)から登板前に「0・01差ですね」とメールでプレッシャーをかけられたが、先輩の意地を発揮。来秋のドラフト1位候補だ。最速156キロの剛速球に加え、140キロ近いツーシーム、鋭いスライダーを軸に打者を翻弄。プロのスカウトからは早くも「来年の大学NO1投手」との呼び声が高い。今年は日本ハムのドラフト6位指名された慶大のエース・白村明弘との投げ合いも2戦2勝で、リーグ通算13勝とした。剛腕は「もちろんプロに行きたい」と目を輝かせた。
 慶大は元プロの江藤監督が今季限りの退任を表明後、初の試合だった。早大の有原に抑え込まれ「来年のドラフト1位を盛り上げてしまった。(リーグ戦の)前半はよく打ったが、大学野球は難しい」と不振の打線に首をかしげた。ドラフト会議で日本ハム6位指名のエース白村は球が荒れ気味で5回2失点。「プロでは要求されたところに投げきることが重要だと思う」と制球力向上を誓った。(SANSPO)
 最優秀防御率賞を受賞した早大の有原は故障でリーグ序盤は出遅れたものの、150キロを超す直球を武器に安定した投球を披露した。「コントロールが良かった。テンポよく打たせる投球ができた」と成長を感じていた。一方で「(敗戦投手となった)法大3回戦に勝っていればチームの順位も変わっていた」と3位に終わった悔しさも残る。「4年になったら春、秋と優勝する強い気持ちでやりたい」と決意を口にした。(SANSPO)

 ■ 早大・有原 165球14K完投も…延長12回ドロー(スポニチ) 13/10/20

 1回戦2試合が行われた。第2試合の早大―法大は延長12回の末、1―1で引き分け。早大の有原航平投手(3年)は12回を投げ14奪三振の力投をみせた。早大の有原が12回165球を1人で投げ抜いた。先制直後の5回に同点弾、次打者に内野安打を許したが、その後は打者24人に対し完全投球。12回にこの日最速の152キロを計測し「12回を投げたのは初めて。6回くらいに体が重いなと思ったけど、気持ちが入っていたので疲れはなかった」と胸を張った。5安打14奪三振の快投に、岡村猛監督は「自信になったと思う」と話していた。

 ■ 早大・有原復活 骨折乗り越え152キロ(中日スポーツ) 13/9/30

 早大が4-1で明大に雪辱した。9月初めに左足小指を骨折した有原航平投手(3年・広陵)が今季初先発。7イニング1/3を1失点で、同じく来年のドラフト候補である山崎福也投手(3年・日大三)との対決を制した。来年のドラフト1位候補である早大のエース有原が、今季初先発で8回途中まで1失点。春秋連覇を狙う明大の連勝を3で止めた。「けがで出遅れ迷惑をかけたので、絶対に勝つつもりだった。調子は良くなかったので、粘りのピッチングを心がけました」。9月初めのオープン戦で死球を受けて左足小指を骨折。約2週間、投球ができなかった。今季初登板は開幕カードとなった東大との2回戦(22日)。リリーフで1イニング、打者5人に投げた。踏み込む左足の指を骨折しながら自己最速タイの154キロをマークしたのは驚異的だった。さらに復調したこの日、112球を投げて白星を手にした。最速も152キロを記録した。失策が絡んで1点を失ったが、粘り強かった。「打たれると明治が盛り上がる」と警戒していた今秋ドラフト候補の岡大を、3打席凡打に仕留めた。広陵で同級生だった福田には3安打され「あそこを抑えられたら、もっと楽だったんですが」と照れ笑いだが、明大・山崎との来年ドラフト1位候補同士の投げ合いにも勝った。エースの復活に、岡村猛監督(58)も「走っているし、あれだけ投げているのだから、もう大丈夫」とひと安心。勝ち点2で4位に終わった春の雪辱に欠かすことができない3年生エースは、「まだ60%」と言いながらも明るい表情で帰りのバスに乗り込んだ。

 ■ 大学日本代表選考合宿に48選手が参加(日刊スポーツ) 13/6/22

 今夏の日米大学野球選手権大会に出場する大学日本代表選考合宿が21日、神奈川・平塚球場で始まった。第1日は雨の中9イニングの紅白戦を行い、白組が3-0で勝利した。白組先発のドラフト1位候補、国学院大・杉浦稔大投手(4年=帯広大谷)は2回2安打無失点と好投。9回にはドラフト候補の立正大・吉田裕太捕手(4年=日大三)がソロを放った。紅組は早大・有原航平投手(3年=広陵)が9投手の中で最速の153キロをマークした。大学日本代表監督を務める明大・善波達也監督(50)は「天候は悪かったですけど、さすが全国から集まった選手たち。選考に苦労しそうです」と、うれしい悲鳴を上げた。

 ■ 早大1200勝!有原、7回0封/東京六大学(SANSPO) 13/4/28

 早大は、エース・有原航平投手(3年)が7回を投げ、3安打無失点の好投。打線も12安打で10-1と明大を圧倒。リーグ戦が創設された1925(大正14)年秋の初勝利以来、リーグ初の通算1200勝を飾った。「力を入れずに速いボールを投げることを目指してきた。真っすぐで詰まらせたのがよかった」。五回一死一、三塁のピンチも動じず、真っすぐで押した。後続を149キロで三邪飛、152キロで三飛に仕留めた。昨秋からのポール間のダッシュで下半身が絞られ、踏み出す際に開き気味になる左膝の修正もできている。真っすぐに140キロ前後のツーシーム、カットボール。さらにカーブとスライダーで翻弄。三回には球場表示で自己最速タイの153キロもマークした。視察した巨人・山下スカウト部長は「ウチのスピードガンでは154キロ。簡単には出ない。来年の即戦力NO・1でしょう」と絶賛。来秋のドラフトの目玉だ。
 有原が投じた98球のうち、23球が神宮スピードガンで150キロを超えた。140キロ台のカットボールやツーシームも交え、プロの投手でもめったにいないアベレージで、7回まで球速を維持。山下スカウト部長は「来年の目玉。今年のドラフトに入っても、1位になる」と絶賛だ。

 ■ 有原7回1死までパーフェクト 早大快勝発進(スポニチ) 13/4/21

 1回戦2試合が行われ、早大が東大に6―0で快勝した。先発した有原航平投手(3年)は7回を2安打無失点の好投で、昨秋に続くチームの開幕戦勝利に貢献した。今春から早大のエースナンバー「11」を背負う有原が、7回1死まで完全投球を見せた。20人目の打者・飯田に右前打され、00年の上重(立大)以来、史上3人目の完全試合は逃したが「意識はしていなかった。いつかは打たれると思っていた。そこから切り替えた」と無失点で7回を投げ終えた。最速151キロの直球と100キロ台のスローカーブで緩急を生かし、無四球で7三振を奪った。昨秋に4勝を挙げた右腕は「5試合に投げたら5試合で勝ちたい」と目標を掲げた。岡村猛監督は「安定して投げてくれたのでベンチに落ち着きが出た」と納得の表情だった。

 ■ 早大・有原が初完封!明大を3安打、109球で料理(スポニチ) 12/9/23

 1回戦2試合が行われ、早大は152キロ右腕の有原航平投手(2年)が明大に三塁すら踏ませず散発3安打。自身初の完封勝利でチームの開幕3連勝に貢献した。今春はストッパーとして優勝に貢献した早大・有原が、自身4度目の先発で初完封を飾った。最速149キロの直球とチェンジアップを軸に明大打線を3安打、109球で料理。昨春、昨秋の明大戦に3試合登板(先発2試合)したが、いずれも黒星が付いただけに「もう打たれちゃいけないと思った」と雪辱の勝利を喜んだ。21日に広陵の先輩にあたる巨人・西村がストッパーとして3年ぶりのリーグ制覇に貢献。「直接会ったことはないけど凄い投球をしている。ああいうふうになりたい」と先輩に負けない活躍を誓った。

 ■ 早大、東大に快勝!有原7回0封(SANSPO) 12/9/9

 秋季リーグ戦が開幕し、1回戦2試合を行った。早大は開幕投手に指名された有原航平投手(2年)が、1年ぶりの先発で7回2安打無失点と好投して快勝。有原は東大打線に三塁を踏ませず、76球でスイスイ7回を投げきった。「久々にゲームをつくれた感じがした。スライダーがよかった」。リーグ戦では昨秋の第1週、明大3回戦で一回KOされて以来の先発。2010年に春夏連続で甲子園に出場した広陵高のエースも、早大では救援での起用が続いていた。だが春季リーグで1年生の吉永が活躍、「レベルを認めて負けていられないと思った」と危機感を覚え、先発再転向を決意。8月の軽井沢合宿でみっちり走り込んで体重は2キロ減って88キロにスタミナと自信、首脳陣の信頼を勝ち取った。「安定した投球だった。調子を上げていってほしい」と岡村監督は高評価。有原は「(次は)吉永が投げるのでその先は分からない」と話すが、吉永と下級生コンビでの先発2本柱が形成できれば、春秋連覇どころか早大に黄金時代が到来する。

 先発としては初勝利になりますね。球速を抑え気味に制球重視の投球でした。
 明日からはこれまで苦手にしている印象のある(7試合18回2/3で自責19)明大戦です。

 ■ 早大・有原が好リリーフ 満塁のピンチしのぐ(MSN産経) 12/5/12

 早大の有原が好救援でチームを救った。2点リードの六回2死満塁で登板。次打者をフルカウントから球速150キロの直球で二ゴロに仕留め、「真ん中でいいくらいの気持ちで投げた」と喜んだ。この日は自己最高球速152キロを記録。春のキャンプから1日10キロの走り込みと、野菜中心の食生活で98キロあった体重を90キロへ絞った成果が出つつある。現在は救援が中心だが、岡村監督は先発起用も検討中。「チャンスをもらえたら結果を出したい」と意気込む。

 ■ 1年生右腕・有原が好救援(スポニチ) 11/10/30

 早大が熱戦を制した。立役者は1年生右腕の有原。同点の7回1死一、三塁から登板して慶大の中軸を抑え、4―2の九回2死一、三塁は4番伊藤を左邪飛に打ち取った。「最後(9回)は一番自信のある真っすぐを投げた。この経験をプラスにしたい」と声を弾ませた。今春5位の屈辱から2位と健闘。岡村監督は「いい試合をしてくれた。ただ早稲田の使命は優勝と早慶戦で勝つこと」と選手をたたえながらも来季を見据えた。

 ■ 早大1年・有原、先輩との対決も「意識しなかった」(スポニチ) 11/4/25

 早大1年生右腕の有原がリーグ戦初先発。初回に自己最速を1キロ更新する151キロを計測したが、1―1の6回1死二、三塁から勝ち越しの2点適時打を許し、敗戦投手となった。 広陵の先輩・野村との投げ合いには「相手を意識せずに投げました。緊張もしなかった」と話したが、6回に先頭から連続四死球を与えたことには「先頭を出せば点を取られる」と悔やみきれない様子だった。

 ■ 早大有原150キロデビュー(日刊スポーツ) 11/4/11

 早大のルーキー有原航平投手(1年)が6回から2番手でリーグ戦デビューした。自己最速を1キロ更新する150キロをマーク。直球は常時140キロ後半を記録するなど2回1安打1三振で0点に抑えた。開幕2戦目での登板に「出るチャンスがあれば出たいと思っていた」と話した。

 昨年右ヒジを痛めた影響で調整が遅れているという話だったので2戦目での登板は意外でした。
 それがなければ開幕投手も検討されていたとのことで今後は登板機会が増えそうですね。

 ■ 有原“1泣の夏”今大会最速149キロも(スポーツ報知) 10/8/13

 広陵は、大会No.1右腕の呼び声高い有原航平投手が、七回に痛恨の暴投で1失点。これが決勝点となり初戦で敗退した。有原はあふれる涙を何度もぬぐった。「日本一を目指していたので、負けたことが信じられない」。自己最速を2キロ上回る今大会最速の149キロを2度もマーク。鮮烈な印象を残し、わずか1時間48分で甲子園を去った。六回まで三塁を踏ませなかった。「今までで一番だった」。しかし、落とし穴が待っていた。七回2死一、三塁、星への6球目の147キロ直球が本塁手前でバウンド。空振り三振となったが、捕手の新谷が止められず暴投で失点となった。わずか4安打で敗れた。6月上旬には07年夏の甲子園で準優勝したエース・野村祐輔(現明大3年)が練習に参加し、試合形式の打撃で登板した。有原はマウンド後方にネットを置いて投球を注視。下半身の使い方などの助言も受け、4年越しの悲願へ思いをさらに強めていた。その矢先に不幸が襲った。6月下旬、右ひじが炎症を起こした。広島大会から状態を考慮した調整が続き、大阪入り後も一人で市内の病院へ電車で通院。今後はプロ志望届は出さず、早大進学を目指す。広島・苑田スカウト部長は「高校生、大学生を見てもトップクラス。4年後が楽しみ」と高評価。
 広島・苑田スカウト部長が「大学生を含めてもアタマ(ドラフト1位)でいけるくらい」と絶賛する逸材は、卒業後は早大に進学希望。(スポニチ)

 8回4安打6奪三振無四球の内容に、巨人・山下スカウト部長も「高校生離れしている」とうなった。(スポーツ報知)

 ■ 広陵の有原、けが乗り越え決勝で完封/広島(SANSPO) 10/7/28

 広陵が昨年の決勝で敗れた如水館に雪辱した。プロ注目の右腕有原は4安打で完封し「絶対に倒したかったので本当にうれしい」と誇った。有原は大会前、右ひじの違和感で2週間ほど投げられない時期があった。大会に入っても万全でなく、投球回数を抑えて決勝にそなえた。そのかいあって「今は問題ない」と有原。中井監督は「いろんな人のサポートと本人の意志で苦しさを乗り越えてくれた」とエースをたたえた。

 右ヒジを痛めていたようです。控え投手の踏ん張りも光りましたね。

   10夏       回数 被安 奪三 四死 失点
   3 回 戦:三次青陵  4  1  7  3  0
   準々決勝:崇 徳 高  5  4       3
   準 決 勝:観 音 高  4  2  8     0
   決  勝:如 水 館  9  4  9  0  0
             22  11  28  4  3 防1.23(失点から計算)
         被安打率4.50 奪三振率11.45 四死球率1.64

 ■ 広陵・有原、如水館にリベンジだ!!(デイリースポーツ) 10/7/28

 準決勝2試合が行われ、広陵は序盤にリードを許す展開ながら、3番手・有原航平投手が4回8三振無失点の好投を見せ、逆転で4年連続の決勝進出を決めた。出番は4点差を追い付き、展開が小康状態に入った六回だった。「僕が抑えたら勝ち越してくれると信じていた」。満を持してマウンドに立つと毎回三振を奪い、二塁すら踏ませなかった。八回1死ではこの日、最速の143キロで藤木を空振り三振に仕留めた。今大会、本調子ではなかった。準々決勝の崇徳戦は先発で5回3失点。「状態がよくない」と言う中井監督の判断で、この日も上野健太投手に先発を譲ったが、背番号1はマツダスタジアムでよみがえった。2年ぶりの甲子園をかけた決勝は、昨夏と同じ如水館と対戦することになった。09年の決勝は先発し、9回2失点で完投しながら敗れた因縁の相手だ。「去年の3年生がきょうも応援に来てくれた。その人たちの分までという思いはある。今年こそ、という思いは強い」と普段は物静かな男が闘志をむき出しにした。チームの誰もが有原と同じ気持ちだ。

 ■ 4年後プロだ!広陵・有原が早大進学へ(デイリースポーツ) 10/7/7

 今春の選抜大会で4強に進出した広陵のエースで、プロ注目の有原航平投手が早大進学を目指すことが6日、分かった。身長186センチ、88キロの大型右腕。最速147キロの直球だけではなく、スライダー、チェンジアップのキレも鋭い。今春選抜では2回戦の宮崎工戦で完封するなど、4強進出の原動力となった。プロも高い評価を与えており、6月20日に広陵で行われた大阪桐蔭との練習試合は複数球団のスカウトがそろい、中日オリックススカウト部長が視察に訪れていた。プロへのあこがれは強く、迷いはあったが「今は通用するか不安もあるし、もっと成長したい」と自らに厳しい目を向けて、進学を選択した。早大進学を目指す理由は、東京六大学野球に興味を持っていたことと、07年夏に甲子園で準優勝した広陵の先輩・土生(3年)や、斎藤、大石(ともに4年)ら多くのプロ注目選手がいる点。さらに練習施設なども充実しており、プロを目指す上で最高の環境が整っていることが決め手となったもようだ。

 ■ 広陵に“悪夢”の雨 有原 足が滑って…(スポニチ) 10/4/2

 広陵が雨に泣いた。同点の7回に丸子が勝ち越しソロ。この試合3度目のリードを奪ったが、8回に悪夢が待っていた。1死一、二塁で三塁線に転がされたバントの打球をエース有原が捕球し、一塁に送球しようとした瞬間、足元がわずかに滑った。悪送球となり、同点。それをきっかけに相手打線にのみ込まれた。身長1メートル86、体重90キロの巨体を力強く使って投げる有原にとって、雨で軟弱になったマウンドはつらかった。「ぬかるんで難しかったし、変化球の制球が定まらなくなった」とつぶやいた。

 ■ 有原2安打11K完封、広陵ベスト8進出(スポーツ報知) 10/3/29

 第1試合は3年ぶり22回目出場の広陵(広島)が初出場の宮崎工(宮崎)にサヨナラ勝ちし、2007年以来3年ぶりベスト8に進出した。初戦で147キロを記録したプロ注目の右腕・有原は2安打10奪三振で完封した。宮崎工も初戦完封の浜田が力投したが、打線が援護できなかった。

 ■ 広陵・有原「次は安定した投球をしたい」(asahi.com) 10/3/22

 広陵の大型右腕・有原は勝った瞬間、「ほっとした」と苦笑いを浮かべた。昨秋の公式戦6試合で0・60の防御率を誇ったが、1回に4点を奪われるなど6失点三振を13個奪う一方で四死球を八つも出した。「こんなに崩れたことはあまり記憶にない。スタンドの声援がすごく、勝たなきゃいけないと硬くなった。しっかりと修正をして次は安定した投球をしたい」と反省を口にした。

 フォームにはまだ課題がありそうですが終盤でも140㌔台を記録してくるあたりは流石の馬力ですね。

 ■ 広陵・有原、日本一へマウンド好感触じゃ(デイリースポーツ) 10/3/18

 32校のトップを切って甲子園練習を行った広陵は、まず本塁付近で整列して校歌を熱唱。その後、ノックや投球練習をこなした。エースの有原は「甲子園は大きいなあと思った。マウンドは柔らかくて投げやすい」と聖地の雰囲気に感動していた。20球の投球練習では直球のほかカーブ、スライダー、チェンジアップと持っているすべての球種を試投。「柔らかめのマウンドで、コントロールがうまくいくかチェックした」と説明。冬場の練習で下半身の柔軟性が増し、投球時のステップが半歩大きくなった。「バランスが良くなり、まっすぐも伸びるようになった」と話す。また、セットポジションのグラブの位置を自分の体により近づけるフォームに変え、バランスも良くなったという。

 【 秋季大会成績 】
      試合  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率 被安率 奪三率 四死率 
   09秋公: 6  30.1  19  29  5  2  0.60  5.64  8.60  1.48
   09秋全: 27 158.2 115 180  28  22  1.25  6.52 10.21  1.59

 ■ 帝京や初出場の嘉手納、選抜へ前進(asahi.com) 09/12/1

 大型左腕の菊池雄星が引っ張った09年の高校野球だが、秋は右腕が活躍した。東海大相模(神奈川)の一二三は県大会3回戦で右手人さし指のツメを割りながら、制球と緩急で関東優勝。神宮大会でも2位になった。開星(島根)の白根は粗削りなフォームながら直球は最速147キロ。広陵(広島)の有原も145キロと力強い。

   09秋中国    回数 被安 奪三 四死 失点
   1 回 戦:八頭  6.2  1  5  0  0  
   準々決勝:崇徳   9  7  7  2  2
   準 決 勝:開星   8  9  9  3  5 
           23.2  17  21  5  7 防2.66
        被安打率6.46 奪三振率7.99 四死球率1.90

 ■ 広陵・有原12Kで夏V3王手/広島大会(日刊スポーツ) 09/7/30

 広陵は有原航平投手(2年)が7安打1失点12奪三振の力投。広島商を2-1で下し、3年連続20度目となる夏の甲子園出場へ王手をかけた。高校球児の特権か。有原の成長が止まらない。3回1/3で降板した初戦の福山葦陽戦から2週間あまり。マウンド上の背番号「10」は、誰もが認めるエースに成長した。この日はあいにくの天候となったが、旧広島市民球場の内野席は立ち見も出るほど。有原は得意のスライダーで奪三振ショーを演じ、詰めかけた“高校野球通”を何度もうならせた。失点は「ストレートがシュート回転して真ん中に行ってしまった」と悔やむ、川野友耀(3年)のソロ本塁打のみに抑えた。有原の成長ぶりに中井哲之監督(47)も「いきなりスライダーが良くなったよ」と苦笑いする。雨天順延した27日の4回戦・三原戦こそ緊急回避したが、有原は今大会5試合に登板。2回戦・吉田戦では11回を1安打完封するなど、36回2/3を投げ34K。防御率0・25の大黒柱だ。3打数3安打とバットでもエースを支えた主将の石畑桂佑捕手(3年)は「有原はストライク先行でリードしやすかった」と振り返った。

           回数 被安 奪三 四死 自責
   1回戦:福山葦  3.1  3       0
   2回戦:吉 田   11  1  5  1  0
   3回戦:三 次  5.1  2       0
   準々決:呉 港   8  1       0
   準決勝:広島商   9  7  12  1  1
   決 勝:如水館   9  8  10  3  2
           45.2  22  44     3 防0.59
               被安打率4.34 奪三振率8.67

 ■ 広陵有原が11回1安打完封/広島大会(日刊スポーツ) 09/7/19

 有原航平投手(2年)が延長11回1安打完封の活躍で、第3シードの吉田に1-0サヨナラ勝ちした。圧巻の投球だった。2年生の有原がスコアボードに「0」を11個並べ、サヨナラ勝ちを演出。7回1死に死球を出すまでパーフェクト、8回1死にポテンヒットを許すまでノーヒットノーラン。抜群の制球力で凡打の山を築き、延長11回を1安打完封した。三塁を踏ませぬ力投に「スライダーが良かった」と笑った。昨夏、有原は甲子園のスタンドから2学年上の中田、前田、森宗の“広陵3本柱”の勇姿を目に焼き付けた。入学して間もなく「レベルの違い」(有原)を肌で感じた名門の投手陣。今ではその先輩からマウンドを託される大黒柱に成長した。試合前日、広島にドラフト2位で入団した中田から、電話で「お前ならやれる。お前らなら(甲子園に)行ける」と激励された。その励ましに、自身初の公式戦完封勝利で応えた。

  プロフィール

 広島県広島市出身。
 有原 航平(ありはら・こうへい)投手。
 小学2年時から軟式野球を始め、三和中では軟式野球部に所属。

 広陵高では2年春から控え投手としてベンチ入り。
 主戦格として2年夏の県準Vに貢献し、45.2回44奪三振、防御率0.59の好成績で頭角を現す。
 吉田を8回1死までノーヒットに抑え込み、延長11回1安打初完封勝利を記録。
 2年秋にエースナンバーをつかみ、親指骨折で出遅れながらも、中国大会4強入りを達成した。
 県大会での登板は救援2試合にとどまり、中国大会で先発2勝の活躍を披露。
 準決・開星戦は3回に投失絡みで5点を失い、8回9安打9奪三振、3対5で完投負けとなった。
 3年時に春秋の甲子園出場を成し遂げ、先発3勝を挙げた選抜でベスト4入り。
 立命館宇治高相手に8四死球と乱れながらも、13K5失点完投で初戦突破を果たしている。
 宮崎工を2安打10K、1対0完封で下し、中京大中京戦でも8.1回1失点と好投。
 雨の中の試合となった準決勝・日大三高戦は、7.1回13安打5四死球12失点KOに終わった。
 雨脚増した8回に3投手で10失点を喫し、9回の追撃も及ばず9対14逆転負け。
 3年夏は7回裏2死からの暴投で決勝点を許し、聖光に8回4安打0対1で初戦敗退となった。
 大会前6月に右肘炎症を負いながらも、最速2㌔更新の149㌔を計測している。
 1位候補として高評価するプロ球団もあったが、志望届は提出せず早稲田への進学を選択した。
 当時のチームメイトに福田周平(現NTT東日本)ら。

 早大進学後は1年春からリーグ戦に出場。
 チーム最多タイとなる10試合(先発1)に登板し、救援した立大2回戦でリーグ戦初勝利を飾る。
 初先発の明大1回戦(151㌔を計測)は、6回途中4四死球3失点で負け投手。
 1年秋には開幕投手を任されたが、5回2発4失点と打たれ、3回戦も初回5失点KOとなった。
 その後は救援で起用され、2年春に抑えとしてリーグV、5年ぶり選手権Vを達成。
 好不調の波の大きさ・スタミナ等に課題を残し、防御率は3シーズン連続で5点超に終わった。
 続く選手権で3戦連続無失点火消しを披露( 最速152㌔、常時150㌔前後)。
 2年秋になって主戦として1季通して活躍し、最多タイ4勝、防2.23(7位)の実績を残している。
 東大戦(7回2安打無失点)で先発初勝利、明大に3安打1四球初完封勝利。
 3年秋に左足小指の骨折で出遅れながらも、最優秀防御率(防0.72)のタイトルを獲得した。
 救援した東大戦で最速154㌔を投げ、3カード目になって1回戦の先発に復帰。
 法大を12回14三振1失点(引き分け)に抑え、慶大をバント安打1本、1四球のみで完封した。
 4年春にリーグ最多5勝(2完投・2完封)の自己最高成績でベストナインを受賞。
 1回戦4連勝で4カード連続の勝ち点に貢献し、明大戦で自身初3回戦の白星を収めている。
 天王山・慶大1回戦で手痛い一発を浴び、チームとしては4シーズン連続のV逸。
 プロからドラフト戦線一人勝ちと評価されたが、4年秋は右肘違和感でわずか1勝に終わった。
 2年6月に日本代表候補として3年生以下の50名による一次強化合宿を経験。
 3年6月4年6月の選考合宿にも招集されたが、2年続けてメンバー漏れとなる悔しさを味わった。
 通算62試合、19勝(5完投4完封)12敗、271回、210奪三振、防御率2.72。

 189cm96kg、恵まれた体格のスリークォーター右腕。
 ノーワインドアップからインステップ気味に早めに着地し、肘を使った鋭く強い腕の振りから投げ下ろす
 最速156㌔、常時140㌔台中盤から150㌔前後の角度の付いた威力のある直球と、
 120㌔台スライダー、130㌔前後のチェンジ、130㌔前後2シーム、130㌔台カット、100㌔台カーブ。
 真っすぐに落差のある縦スラ、落ちるチェンジアップ、ツーシーム、カットを織り交ぜる。
 高めに浮く球、シュート回転など甘く入る球もあるが、大型投手としてはコントロールはまずまず。
 3年夏のオープン戦で156㌔(リーグ戦では3年秋の154㌔が最速)を計測している。
 東京六大学トップクラスの球速を誇る一方で、被安打・被長打多く実戦力を課題としていたが、
 下半身強化でフォーム・制球力を改善し、2年秋以降の4季で先発15勝を挙げた。
 ここぞで勝ちきれない場面が見られ、大学時代にエースとしてのV経験、国際大会経験は無し。
 4年間で3回戦での先発白星が1勝のみ(8試合1勝4敗)とスタミナに不安を残した。
 六大学通算19勝と実績に物足りなさを感じさせ、高い潜在能力の本格的な開花に期待がかかる。
 馬力のある大型本格派右腕。遠投120m、50m6秒2。

  スカウトコメント

ソフトバンク・福山龍太郎スカウト|14/11/25
 「経験値の高さ、球威、球速、角度、変化球のキレは超一流。プロに入ってくる選手には経験値とプライドが必要」
オリックス・由田慎太郎スカウト|14/11/25
 「一番、力がある選手だと思います。でも実は変化球ピッチャーなんじゃないかとも思います。ストレートも速いですが、スライダーやスプリットなど変化球も操れます」
中日・中田宗男スカウト部長|14/11/25
 「絶対的な力を持ち、体にパワーがあります。繊細さを持ち合わせているのもいいですね」
日本ハム・山田正雄ゼネラルマネジャー|14/11/17
 「無理はしてもらいたくない。(故障を治して)1年間先発ローテーションで入ってほしい」
ソフトバンク・永山アマスカウトチーフ|14/10/19
 「素材の良さは分かっていますから、結果でどうこういう投手ではない。あとは(1位)で行くか、行かないかでです」
巨人・山下スカウト部長|14/10/19
 「全力で投げたボールはわずかだが、150キロは出ているし、スケールの大きい投手。今どうこうではなく、春のいい時を評価したい。肘も心配することはなさそう。うちの菅野タイプ。真っすぐのスピードがあって、変化球の球種が多い」
 「球速があるが変化球にもキレがあり、うちの菅野のようなタイプ」
広島・苑田聡彦スカウト統括部長|14/10/19
 「1位を明言しただけあります。速い球も魅力的だけど、球種も多い。今日のようにバント処理もできるし、けん制もうまい。(右肘の心配は)あれだけ腕が振れていたらないと思う」
 「春よりバランスが良くなったし、肘は心配のかけらもない。1年目から10勝以上期待できる」
楽天・福田スカウト部副部長|14/10/19
 「投げられて良かったですね。肘も重症ではなさそう。いいに決まっているわけですから、投げられることが分かっただけで、その確認ができれば十分です。今の状態の中で、ベストを尽くしている」
DeNA・吉田スカウト部長|14/10/19
 「あれだけ投げられれば大丈夫。要所、要所でしっかりと力を入れて投げている。肘も大丈夫そうです」
阪神・中村GM|14/10/19
 「腕も振れていた。肘は問題ないのでは。それにしても排気量が違う」
阪神・平塚スカウト|14/9/29
 「直球はまだまだなんだろうけど、変化球のキレと制球はさすが」
阪神・佐野統括スカウト|14/9/29
 「これだけ投げられれば」
巨人・榑松スカウト|14/9/29
 「まずは今日投げられたことが一番。まだ5割くらいの力だと思うが、さすがの投球。調子が良ければ力で抑えるが、そうじゃなくても変化球を使って抑えられるワザを持っている」
ソフトバンク・永山アマスカウトチーフ|14/9/29
 「すばらしい投手。直球も148キロが出ていたし、このぐらいでも十分でしょう。どこの球団も10勝ぐらいできると考えるのでは」
 「変化球中心できっちり投げられていたし肘は問題ないと思います。素材が素晴らしいですから、とにかく元気な姿を見られて良かったです」
西武・奥薗編成部部長|14/9/29
 「捕手があれだけ(変化球を)要求したということは全く問題ないということです」
中日・中田スカウト部長|14/9/29
 「目いっぱい投げていないけど、いいのでは。力的なものは揺るぎない」
ロッテ・林球団本部長|14/5/20
 「必ずどこかが1位指名の評価というのは当然」
 「体が大きいし、器用。十分伸びしろがある」
巨人・原沢GM|14/5/18
 「非常にスケールの大きさを感じる選手。スピード、球種、身体能力を含めて、そういうものを感じる」
巨人・山下スカウト部長|14/4/29
 「昨年より粘る力を見せた。大学野球のエースの自覚だね」
阪神・中村GM|14/4/27
 「投手として華がある。江川卓にダブる。未完成であることも魅力」
巨人・山下哲治スカウト部長|14/4/13
 「3人とも間違いなく1位候補。有原は投球の工夫ができるようになった。石田もAクラス(の評価)は変わらない。山崎は変化球の切れが良くなった」
ロッテ・松本尚樹編成統括|14/4/13
 「有原は高校時代から変わらず、器用なところが素晴らしい。石田は以前は直球で押している印象だったが、今は打者をしっかり見ている」
西武・奥園満編成部育成アマ担当部長|14/4/13
 「有原は昨年から変わらずいい投手。(石田、山崎を含めた)3投手とも見応えのある投球だった。今年の(ドラフトの)目玉になることは間違いない」
広島・苑田聡彦スカウト統括部長|14/4/13
 「有原はスピードがあるし、山崎はうちの野村のようにその日の調子を見て投げられる。(ドラフト)1位で消える投手」
DeNA・吉田孝司スカウト部部長|14/4/13
 「(3人とも)上位候補。山崎はバッティングもいいね」
オリックス・中川チーフスカウト|14/4/13
 「スケールも器用さもありますね」
阪神・平塚スカウト|14/4/13
 「去年より落ち着いている。ハイレベルで安定している」
巨人・山下スカウト部長|14/3/12
 「この時期は結果じゃない。昨秋より変化球の質が良くなった。球速がある上に変化球がいいのは、うちの菅野みたい。1年目から先発ローテに入る力はある」
ブルージェイズ・ダン・エバンス統括スカウト|14/3/5
 「素晴らしい。非常に印象的な投球だった。最速は96マイル(154キロ)以上、投げるんだろ。知っているよ」
日本ハム・大渕スカウトディレクター|14/2/27
 「この時期に150キロを出す投手は、プロでもそういない」
阪神・平塚スカウト|14/1/6
 「ずっと見ていく?それはそうでしょ」
巨人・榑松スカウト|14/1/6
 「大学生の目玉」
巨人・山下スカウト部長|13/4/28
 「ウチのスピードガンでは154キロ。簡単には出ない。来年の即戦力NO・1でしょう」
 「来年の目玉。今年のドラフトに入っても、1位になる」
広島・苑田スカウト部長|10/8/13
 「高校生、大学生を見てもトップクラス。4年後が楽しみ」
 「大学生を含めてもアタマ(ドラフト1位)でいけるくらい」
巨人・山下スカウト部長|10/8/13
 「高校生離れしている」
広島・苑田スカウト部長|10/8/4
 「右本格派なら断トツ」
ロッテ・永野チーフスカウト|10/8/4
 「安定感、実績、将来性が抜群」
日本ハム・大渕スカウトディレクター|10年春
 「ボールに角度がある。制球も安定しており、リズム良く試合を作れる」
巨人・山下哲治スカウト部長|10年春
 「立派な体格をしている。高校の先輩であるウチの西村(=健太朗)は当時からフォームが完成されていた。ある意味、彼の方がスケールは大きい。下半身の使い方を修正すれば、夏までに大化けする可能性を秘めている」
 「下半身とのバランスが今後の課題になるが、恵まれた体と直球の速さは魅力的。夏までに150㌔を出せるかもしれない」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況





 Comments
この記事へのコメント
巨人のドラフト1位は有原で確定です。
| 匿名 | 2014年10月01日(Wed) 18:27 | URL #- [ 編集]
[足元の選手を逃せ無い筈]フアン1同で待ちますよ。
優勝を懸けて完全完備で帰って来て欲しい大いに待ちますよ故郷に錦を飾って下さい念願です。
| 広鯉! | 2014年05月19日(Mon) 19:57 | URL #- [ 編集]
決戦は明日
同じドラ1候補山崎と大学No.1対決
| ☥智弁和歌山好き/アスラン・ザラ☥ | 2014年05月16日(Fri) 22:38 | URL #- [ 編集]
今年の一位指名は有原君でしょう。

安楽君は夏までに昨年なみに戻るのは不可能ですね。
| くまさん | 2014年05月16日(Fri) 18:16 | URL #- [ 編集]
西武単独指名
| 匿名 | 2014年03月25日(Tue) 09:18 | URL #RdUBAN4. [ 編集]
広鯉!さんへ

×有吉 ○有原

いい加減に名前を憶えてあげて下さい。
有原君に対しても失礼です。
| 匿名 | 2014年03月09日(Sun) 01:47 | URL #wCUcGCV. [ 編集]
[欲しいけど確率は?]
確率度外視で玉砕戦法で飛び込め勝負しないと勝てません?
| 広鯉! | 2014年03月08日(Sat) 17:32 | URL #- [ 編集]
持っている能力からしたらうーん...
高卒組では一位候補だった4年前
あれから4年・・・もっとすごい投手になると思ったのですが
しかしながら秋のリーグは圧巻です
福也16勝、石田15勝勝ってるだけに勝負の一年がんばれ有原航平
| ☥智弁和歌山好き/アスラン・ザラ☥ | 2014年02月01日(Sat) 11:22 | URL #GCA3nAmE [ 編集]
1位候補者を有吉航平&石田健大&山崎福也&山崎康晃の4名に的を絞る。
| 広鯉! | 2014年01月15日(Wed) 17:13 | URL #- [ 編集]
将来野村祐輔と有原の広陵出身二枚右腕でカープを日本一に導いて欲しい
| 匿名 | 2013年10月04日(Fri) 01:52 | URL #- [ 編集]
デビュー戦おめでとうございます。これからも頑張って下さい!
| 野球大好き | 2011年04月12日(Tue) 17:17 | URL #- [ 編集]
同じ広島出身の石田との投げ合いも楽しみである!今年の東京六大も見所満点である。
| 野球小僧 | 2011年01月10日(Mon) 15:42 | URL #- [ 編集]
スゴいファンです。これからも応援してます。大学でも頑張ってほしいですよ!
| 有原ファン | 2011年01月10日(Mon) 15:22 | URL #- [ 編集]
広陵のピッチャーの中で一番良い、後継者になってもらいたいのが川崎くんである。
| 広陵ファン | 2011年01月10日(Mon) 11:38 | URL #- [ 編集]
早大三羽カラスが卒業するから、恐らくエースだろう!投げ方を修正すれば結果は出る。
| 野球小僧 | 2011年01月09日(Sun) 22:29 | URL #- [ 編集]
| 匿名 | 2010年11月18日(Thu) 19:28 | URL #- [ 編集]
野球小僧さんは右の本格派が好きなんでしょうね(笑)
大学球界も斉藤、澤村が卒業したら少し寂しくなりそうですが、中大進学の島袋とこの有原で双璧として盛り上げていって欲しいですね。
両方とも主力投手が抜けるので、頑張れば1年からでもチャンスが来ると思います。
今から来春が楽しみです。
| ko | 2010年11月14日(Sun) 18:59 | URL #6mhiDe5. [ 編集]
コメの殆どが野球小僧さん・・・周りから見ても変な風にみられるだけですよ
| 石川調査団 | 2010年11月14日(Sun) 13:54 | URL #- [ 編集]
まだ早稲田に決まってないんだろうか?早く決まってほしい!
| 野球小僧 | 2010年11月14日(Sun) 13:27 | URL #- [ 編集]
本当に早稲田で頑張ってほしい!
| 野球小僧 | 2010年10月17日(Sun) 22:13 | URL #- [ 編集]
やはり早稲田進学である!
| 野球小僧 | 2010年10月15日(Fri) 17:52 | URL #- [ 編集]
パワーバランスでもっと実力が上がる!!
| 野球小僧 | 2010年10月06日(Wed) 16:50 | URL #- [ 編集]
今から全国の剛腕になっていくのである!
| 野球小僧 | 2010年10月06日(Wed) 14:22 | URL #- [ 編集]
来年のは早稲田のエース!
| 野球小僧 | 2010年10月06日(Wed) 13:16 | URL #- [ 編集]
ZETTと契約済みなのかな?
| 野球小僧 | 2010年10月05日(Tue) 22:31 | URL #- [ 編集]
心から本当に応援している!!!
| 野球小僧 | 2010年10月05日(Tue) 20:53 | URL #- [ 編集]
広島の星!ジャンボ右腕!
| 野球小僧 | 2010年10月05日(Tue) 20:24 | URL #- [ 編集]
早稲田を優勝させて貰いたい!
| 野球小僧 | 2010年10月05日(Tue) 13:13 | URL #- [ 編集]
本当に期待をしている!
| 野球小僧 | 2010年10月05日(Tue) 12:44 | URL #- [ 編集]
まだまだ伸びる!
| 野球小僧 | 2010年10月05日(Tue) 00:19 | URL #- [ 編集]
才能は前田健太より上である!
| 野球小僧 | 2010年10月03日(Sun) 21:11 | URL #- [ 編集]
大学に向けて下半身の強化に励んで貰いたい!春先には良いボールが投げれるはずだ!
| 野球小僧 | 2010年10月03日(Sun) 19:51 | URL #- [ 編集]
有原世代になって貰いたいのである!
| 野球小僧 | 2010年10月03日(Sun) 18:51 | URL #- [ 編集]
広島の星!いざ全国へ!
| 野球小僧 | 2010年10月03日(Sun) 17:04 | URL #- [ 編集]
一二三との投げ合いが見てみたい!
| 野球小僧 | 2010年10月03日(Sun) 15:55 | URL #- [ 編集]
本当に頑張ってほしい!
| 野球小僧 | 2010年10月03日(Sun) 15:33 | URL #- [ 編集]
黄金世代になるだろう!
| 野球小僧 | 2010年10月02日(Sat) 22:58 | URL #- [ 編集]
君しか居ない!大エースへ!
| 野球小僧 | 2010年10月02日(Sat) 22:05 | URL #- [ 編集]
澤村を越えて良いピッチャーになってほしい!
| 野球小僧 | 2010年10月01日(Fri) 23:13 | URL #- [ 編集]
中国地方を代表する剛腕である!
| 野球小僧 | 2010年10月01日(Fri) 13:01 | URL #- [ 編集]
神宮の星になってほしいのである!
| 野球小僧 | 2010年09月30日(Thu) 23:48 | URL #- [ 編集]
来年は神宮を沸かせているだろう!
| 野球小僧 | 2010年09月30日(Thu) 22:54 | URL #- [ 編集]
全国で島袋との投げ合いも見たい!神宮のマウンドで!
| 野球小僧 | 2010年09月30日(Thu) 09:43 | URL #- [ 編集]
早稲田でも斎藤の後釜として頑張ってほしい!野村との広陵同士の投げ合いも注目である!
| 野球小僧 | 2010年09月30日(Thu) 09:42 | URL #- [ 編集]
まだ伸びるぞ!怪物ジャンボ右腕!
| 野球小僧 | 2010年09月29日(Wed) 18:23 | URL #- [ 編集]
将来は日本のエースに育っていってほしいのである!
| 野球小僧 | 2010年09月29日(Wed) 16:01 | URL #- [ 編集]
今でも巨人のローテに入れる素材である!凄いです!
| 野球小僧 | 2010年09月29日(Wed) 15:14 | URL #- [ 編集]
国体で是非、有原のピッチングを見たかった!
| 野球小僧 | 2010年09月29日(Wed) 13:23 | URL #- [ 編集]
マエケンを越えて欲しい!
| 野球小僧 | 2010年09月28日(Tue) 23:35 | URL #- [ 編集]
秋の大会は広陵は負けたみたいです!
| 野球小僧 | 2010年09月28日(Tue) 00:59 | URL #- [ 編集]
輝けジャンボ右腕!
| 野球小僧 | 2010年09月27日(Mon) 09:20 | URL #- [ 編集]
島袋より断トツ上である!今年のナンバーワンである!
| 野球小僧 | 2010年09月26日(Sun) 21:33 | URL #- [ 編集]
西村、野村、有原と広陵出身のピッチャーは本当に良い!
| 野球小僧 | 2010年09月26日(Sun) 21:09 | URL #- [ 編集]
有原のピッチングが早く見たい!
| 野球小僧 | 2010年09月26日(Sun) 19:11 | URL #- [ 編集]
有原の後継者川崎に頑張って欲しい!
| 野球小僧 | 2010年09月26日(Sun) 16:52 | URL #- [ 編集]
斎藤を越える素材である!だから越えて欲しい!
| 野球小僧 | 2010年09月26日(Sun) 14:10 | URL #- [ 編集]
広陵中国大会に行けるだろうか?3位決定戦にかけよう!
| 野球小僧 | 2010年09月26日(Sun) 12:35 | URL #- [ 編集]
パワーバランスをすればもっと良いだろう!
| 野球小僧 | 2010年09月26日(Sun) 10:55 | URL #- [ 編集]
先ずは早稲田のエースへ!
| 野球小僧 | 2010年09月25日(Sat) 14:25 | URL #- [ 編集]
西村二世である!かなりの期待である!
| 野球小僧 | 2010年09月24日(Fri) 19:21 | URL #- [ 編集]
ジャンボ右腕高評価である!これからも頑張れ!
| 野球小僧 | 2010年09月24日(Fri) 18:43 | URL #- [ 編集]
四年後は是非、巨人へ来てほしい!
| 野球小僧 | 2010年09月24日(Fri) 13:06 | URL #- [ 編集]
本当に応援してる!期待もしてる。頑張れ!
| 野球小僧 | 2010年09月23日(Thu) 13:45 | URL #- [ 編集]
パワーバランス効果であろう!
| 野球小僧 | 2010年09月23日(Thu) 12:51 | URL #- [ 編集]
今からが勝負である!見物である!
| 野球小僧 | 2010年09月23日(Thu) 09:39 | URL #- [ 編集]
もうそろそろセレクションが始まるんではないか!勝負が始まる!
| 野球小僧 | 2010年09月22日(Wed) 12:50 | URL #- [ 編集]
本当に有原を応援している!期待をしてる。やはり潜在能力が凄い!早稲田のエースへ!
| 野球小僧 | 2010年09月18日(Sat) 20:51 | URL #- [ 編集]
完成度が高い高校生のピッチャーである!夏は一回戦敗退ではあるが彼の力が見れて本当に良かったのである。これからものびしろのあるジャンボ右腕である!
| 野球小僧 | 2010年09月17日(Fri) 19:49 | URL #- [ 編集]
これからがジャンボ右腕は勝負である!怪我をしないように願う!
| 野球小僧 | 2010年09月16日(Thu) 19:09 | URL #- [ 編集]
是非、プロに行ってほしかったが大学進学を希望!四年後が楽しみ!ジャンボ右腕!
| 野球小僧 | 2010年09月14日(Tue) 17:36 | URL #- [ 編集]
ジャンボ右腕は君しかいない!活躍は期待大である!頑張れ!
| 野球小僧 | 2010年09月13日(Mon) 13:55 | URL #- [ 編集]
ずっと有原を応援しているんで頑張ってほしい!何より世代を代表する右腕だからである!
| 野球小僧 | 2010年09月12日(Sun) 16:55 | URL #- [ 編集]
斎藤二世になってほしい!後継者は有原しかいないのである。
| 野球小僧 | 2010年09月12日(Sun) 11:55 | URL #- [ 編集]
広島から全国の剛腕になって!なれる。
| 野球小僧 | 2010年09月09日(Thu) 12:47 | URL #- [ 編集]
広島の期待の星!東京でも輝いてほしい。
| 野球小僧 | 2010年09月08日(Wed) 16:40 | URL #- [ 編集]
大学で150キロ越えを目指してほしい!
| 野球小僧 | 2010年09月07日(Tue) 20:30 | URL #- [ 編集]
西村を越えた右腕に期待してる。夏は一回戦で負けたけど、良い試合だった!のびしろたっぷりの剛腕である。
| 野球小僧 | 2010年09月06日(Mon) 10:11 | URL #- [ 編集]
広陵から早大のエースへ。斎藤世代が卒業したらまずは有原を鍛えてエースにならせるだろう!一年生から投げそうなので楽しみだ!
| 野球小僧 | 2010年09月05日(Sun) 11:06 | URL #- [ 編集]
高校通算93号HRの伊藤諒介との対決が楽しみでたまらない。
| 愛知県人 | 2010年08月31日(Tue) 23:14 | URL #- [ 編集]
また、来年の神宮も盛り上がるだろう。特に注目したいのは石田くんと有原くんの投げ合いだ!同じ広島出身なんでぶつかり合いの楽しさを見ていこい。
| 野球小僧 | 2010年08月30日(Mon) 13:17 | URL #- [ 編集]
広陵の1年に長身右腕で有原投手に似たタイプの松村という好投手がいるようです。
広陵と言えば現2年に、中学時代に西日本シニアNo.1と言われた川崎投手や、
187cm左腕の上原投手がいますが、ひょっとしたら来年には松村君は彼らを越えて
エースになっているかもしれません。
| 山陽人 | 2010年08月27日(Fri) 17:56 | URL #- [ 編集]
早大進学希望なので頑張ってほしい。巨人に来てほしかったけど四年後に楽しみだ!甲子園でも良いピッチングを見せてくれた。頑張れ広島の星!
| 野球小僧 | 2010年08月26日(Thu) 12:32 | URL #- [ 編集]
甲子園で広陵戦を見ていたが
149㌔を2回出してた

| 匿名 | 2010年08月17日(Tue) 16:34 | URL #vBFezzQg [ 編集]
伊藤(神港学園→法大進学希望)との対決楽しみにしています。
| 匿名 | 2010年08月16日(Mon) 01:01 | URL #- [ 編集]
今日聖光戦で149キロでましたね。
| 匿名 | 2010年08月12日(Thu) 14:10 | URL #oyCfJ0mM [ 編集]
ヒジがよくなかったみたいですね。完治したみたいですが甲子園でのピッチングがどうなるか。

携帯の高校野球情報.comというサイトでは珍しく自分から痛いと言ったと書いてありました。

http://www.nikkansports.com/baseball/highschool/sensyuken/2010/chihou/news/p-bb-tp3-20100729-659505.html

http://www.daily.co.jp/hsbaseball/2010/07/29/0003253603.shtml
| 匿名 | 2010年07月29日(Thu) 15:18 | URL #8/bi7mmM [ 編集]
今日の広島県大会で久々に登板してました。
スタンドで生で見ましたが、他の高校生とは格が違う感じでした。
| 匿名 | 2010年07月24日(Sat) 23:25 | URL #- [ 編集]
早大進学希望表明しましたね。私は早大を応援しているわけではありません、神宮で見られるのを希望しています。
| 匿名 | 2010年07月07日(Wed) 13:09 | URL #- [ 編集]
西村二世いや、それより上か。良いピッチャー!立ち投げぢゃなく下半身を使えばもっと球が速くなる。西村の後輩でもあるし巨人に来てほしい逸材!
| 野球小僧 | 2010年07月05日(Mon) 21:44 | URL #- [ 編集]
広陵負けてしまいましたね。

大会前の優勝校予想を広陵にしていて、組み合わせが決まって、日程的にもきつくない位置にいたのでいけるかもと思ってただけに残念です。しかも、用事があったので録画してたのですが録画失敗してたみたいで、有原がどんなピッティングをしたのかも、丸子のホームランも見れずじまいになってしまいました。夏に帰ってきてほしいです。それにしてもエラー絡みもあったみたいですが、日大三の打撃はホントすごいですね。
| 匿名 | 2010年04月01日(Thu) 23:40 | URL #8/bi7mmM [ 編集]
今日は初戦の時よりも本来の力を発揮できていたと思います
スポーツ報知によれば初戦に自己最速の147キロを投げていたらしいです
(報知)
http://hochi.yomiuri.co.jp/baseball/hs/news/20100329-OHT1T00043.htm
| 鴎 | 2010年03月29日(Mon) 16:25 | URL #- [ 編集]
去年の夏は突っ立って投げているくらいのイメージでしたが動きに切れが出てきていい感じでしたね。今日は解説の方も触れていたようにいい球と悪い球がハッキリしていましたが。
| gogo126 | 2010年03月22日(Mon) 21:58 | URL #q1Fr55OM [ 編集]
次は今日よりもいいピッチング期待してます
| 匿名 | 2010年03月22日(Mon) 16:04 | URL #- [ 編集]
失点は目立ちましたが13奪三振と160球を越えても140キロを投げれるタフネスは素晴らしいですね
スライダーもよかったです
| 鴎 | 2010年03月22日(Mon) 15:46 | URL #- [ 編集]
甲子園で絶対勝ってください!
| 鯉魂 | 2009年12月22日(Tue) 17:02 | URL #- [ 編集]
ちょっと情報元が不明確でしょうかね。。
こうしてコメントを頂けた事で読者の方も145キロ記録の噂があることは把握できるでしょうから今回はそこまでに留めておこうかなと。
| gogo126 | 2009年08月16日(Sun) 21:00 | URL #q1Fr55OM [ 編集]
どこかのスカウトのスピードガンが145㌔を表示したという情報がありますが。
| 広島男 | 2009年08月16日(Sun) 00:55 | URL #- [ 編集]
差し支えなければ情報元、教えて下さい。
| gogo126 | 2009年08月15日(Sat) 23:16 | URL #q1Fr55OM [ 編集]
max145kmらしいですよ、
| 匿名 | 2009年08月15日(Sat) 23:04 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する