清原 雄貴(JR北海道)

ここでは、「清原 雄貴(JR北海道)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 オリ 中日 楽天 東京 西武 阪神 千葉 横浜 福岡 巨人 日ハム 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



177cm83kg 左左 MAX143km カーブ・スライダー・チェンジ 東北高→東北福祉大 2年目
最速143㌔の勢いある直球が武器。3年春リーグ戦初登板初勝利。清原和博氏を親戚に持つ。

  動 画

  投手成績

     試合 回数 被安 奪三 四死 自責
   15都: 1  1.1  0  2  0  0 142㌔ トヨタ自

 ■ 大学時代成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   10春:         登板なし
   10秋:         登板なし
   11春:         登板なし
   11秋:         登板なし
   12春: 1 1勝0敗   5  4  7     0  0.00
   12秋:         登板なし
   13春:         登板なし
   13秋:         登板なし           
   通算: 1 1勝0敗   5  4  7     0  0.00
               被安打率7.20 奪三振率12.60

 ■ 甲子園成績

   09夏  回数 被安 奪三 四死 自責
   倉敷商   1  1  2  2  1 141㌔
   花巻東  0.1  0  0  0  0
        1.1  1  2  2  1 防6.75
   被安打率6.75 奪三振率13.50
四死球率13.50

  最新記事

 ■ 道選抜がハム2軍に勝利!JR北海道・清原、番長魂(スポーツ報知) 15/8/18

 日本ハム―道社会人・大学選抜(道選抜)のプロアマ交流試合が17日、札幌円山球場で行われ、3―2で道選抜が逆転勝ちした。先発左腕・清原雄貴投手(23)=JR北海道=が、3回を2安打5奪三振無失点の好投。母親が元プロ野球選手・清原和博氏のいとこで、勝負強いDNAを大舞台で発揮した。“番長”ばりにほえた。3回2死一、二塁。清原は、日本ハムの5番・大嶋匠捕手を空振りの三振に切って取ると、左拳を握りしめた。「納得のいかない球もあったけど、直球、スライダー、スクリューで攻めの投球ができた」。任せられた3イニングを2安打無失点。ピンチの場面では「自信のある」直球で5三振を奪った。1軍でも活躍する岡大海との対決では、「力んで」2四球を与えた。岡とは東北高3年夏の甲子園(2009年)で対決。当時、倉敷商の投手で4番だった岡に8回無死満塁で中犠飛を打たれたが、8―2で勝利した思い出もある。6月の都市対抗1次予選前にスクリューボールを覚え、投球の幅が広がった。「右打者の外に逃げていくのでカウントを取るのに有効」と清原。この夏は、30度を超える気温の中、8キロのランニングと約200球の投げ込みを1日ごとに繰り返し、体をいじめ抜いた。「まだ、プロ相手に通用するとは思っていないが、低めのコーナーを突けば抑えられることは分かった」。目標にするプロへは「完投できるスタミナを付け、レベルアップしていかないとかなえられない」と清原氏からアドバイスを受けることもある最速144キロ左腕。9月20日から始まる日本選手権道予選で優勝し、本大会での活躍がプロへの距離を縮める近道だ。

 ■ “清原の親戚”JR北海道・清原 力投もチーム敗退(スポニチ) 15/7/23

 東北高、東北福祉大時代から“清原の親戚”と注目を集めたJR北海道の清原雄貴が4番手として登板。7回2死一、三塁のピンチでマウンドに上がると福田を一ゴロに打ち取り、8回も3人で仕留めた。1メートル77、83キロのがっしりした左腕は140キロ台のストレートに多彩な変化球を交え役目を果たした。「きょうはボールが多かったけど、四球を出さなかったのがよかった」と負け試合でも全力投球。プロ解禁の年だが「与えられた仕事をしっかりするだけ」とクールに話した。

 ■ 清原氏親戚のJR北海道ルーキー・雄貴、男気勝負だ!(スポーツ報知) 14/4/22

 社会人野球のJR北海道に、新人4選手が加入した。元プロ野球選手の清原和博氏(46)の親戚にあたる177センチ左腕・清原雄貴投手(22)は、20日の函館大とのオープン戦で3回無失点と好投した。右腕・塚野廉投手(22)も5回無失点の力投を見せた。ルーキーたちが“男気”のある投球で上々のデビュー。昨年9月から活動を自粛していたチームは、活動再開後初の公式戦となる第85回都市対抗野球北海道地区1次予選に挑む。20日の函館大とのオープン戦では、第2試合(16―0)の途中から清原が初登板。内角を攻める強気の投球で3回無失点の好投を見せた。ベンチ内も「いいね、男気!」と盛り上がった。清原は、東北高の3年夏に甲子園に出場経験もある技巧派左腕。最速143キロの直球に90キロ台のカーブを有効に使い、デビュー戦を無失点で切り抜け「ホッとしています」と静かにほほ笑んだ。清原の母・理佳代さん(46)が清原氏のいとこにあたる(母方の祖父と清原氏の父が兄弟)。毎年、正月に親戚が集まるのが恒例だ。昨年正月には清原氏から「変化球も真っすぐも腕の振りが変わらない投手が打ちにくい」とアドバイスも受けた。清原氏は現役時代に番長と呼ばれた。清原は普段は物静かな性格で「しゃべるのはガツガツいけません」と話すが、投球時は「内角をガンガン攻める」と“番長”のように強気な一面も。「先発、中継ぎのどちらでもチームに貢献できれば」とフル回転に意欲を見せた。同じく20日は、181センチ右腕・塚野も第1試合(2―6)に先発し5回無失点と好投。9回には、代打で出場した松浦昌平捕手(22)が右前安打を放ち存在感を発揮した。登板がなかった最速146キロ左腕の金沢光基投手(22)も含め、狐塚賢浩監督(47)は「頼もしい新人たち」と期待を寄せる。

過去記事

 ■ 東北福祉大・清原、清原和博氏の親戚が初登板初白星(スポーツ報知) 12/4/16

 東北福祉大は10―0の6回コールドで宮城教育大を下した。元オリックスの清原和博氏(44)のいとこの子、清原雄貴(3年・東北)がリーグ戦初登板初先発し初勝利を挙げた。プロ球界の“番長”といわれた清原和博氏の親戚で東北福祉大・清原雄貴がリーグ戦に初登板。5回を投げ、4安打7奪三振で初勝利を飾った。「初回は緊張した。初勝利? 素直にうれしい」。昨年まで制球に課題があったが、フォームを見直して安定感が増した。「レベルを上げないと上位チームと当たるリーグ戦の後半では投げられない」と、飛躍を誓った。

 ■ 東北・清原141キロで連続K/夏の甲子園(日刊スポーツ) 09/8/14

 前オリックス清原和博氏の親せき、東北清原雄貴投手が2番手で登板し、1回2奪三振1失点。倉敷商を破った。あこがれの地に体が震えた。7点リードの8回から登板した東北・清原は「緊張してのみ込まれそうになった」と先頭に四球。無死満塁とされ、犠飛で1点を失った。しかし、ここからエンジン点火。最速141キロの直球と90キロ台のカーブをコーナーに決め、2者連続三振でマウンドを駆け降りた。わずか1イニング、32球だったが「自分にしてはめちゃくちゃ遠い存在」と表現する、あこがれの人が活躍した聖地に立った。母理佳代さん(43)が清原氏のいとこにあたる。生まれも同じ岸和田。実家も近所で、中学時代は毎年正月に会っていた。小5の冬、清原氏の父洋文さんに連れられ、清原氏も所属した岸和田リトルシニアの練習を見学。ソフトボールをしていたが、洋文さんに強引にユニホームを着せられて入団した。甲子園を目指すようになった清原の実家の部屋には、清原氏が西武時代に使用したバットやファーストミットが飾ってある。部内暴力による活動停止でボールを握れない日々もあったが、清原は「ケガを抱えながら頑張る和博さんを見て、立ち直るきっかけになった」と振り返る。

     試合 回数 被安 奪三 四死 失点 防御率 
   09夏: 4  9   8   9   4   1  1.00
    被安打率8.00 奪三振率9.00 四死球率4.00

 バラツキがありながらも決まった時の真っすぐにはなかなか力がありましたね。

  プロフィール

 大阪府岸和田市出身。
 清原 雄貴(きよはら・ゆうき)投手。
 小学5年から投手として野球を始め、久米田中では岸和田シニアに所属。
 元プロ野球選手・清原和博氏を親戚に持つ。

 東北高では2年春から控え投手としてベンチ入り。
 部員不祥事による対外試合禁止処分を受け、2年9月から6カ月間を公式戦登板無く終える。
 3年時に佐藤朔弥の控え投手として春夏2シーズン続けて県大会優勝を達成。
 夏甲子園2試合にリリーフ投手として起用され、1回戦・倉敷商戦で最速141㌔をマークした。
 8対1の8回表から登板するも、1安打2四球と乱れ、無死のままで満塁のピンチ。
 その後センター犠牲フライによる1失点にまとめ、ストレートで2者連続三振を奪う力投を見せた。
 チームメイトに佐藤朔弥(住金鹿島)、薗部優也(JR東日本東北)ら。

 東北福祉大進学後は3年春からリーグ戦に出場。
 宮教大2回戦でリーグ戦初登板初先発を任され、5回4安打7奪三振無失点で初勝利を飾った。
 リーグ通算1試合、1勝0敗、5回、7奪三振、防御率0.00。

 JR北海道では1年目から公式戦に出場。
 2年目の都市対抗1回戦に4番手として登板し、1回1/3ノーヒット無四球無失点の実績を残す。 
 最速142㌔、常時140㌔前後を計測し、ストレートで2三振を奪う力投を披露。
 130㌔前後のスライダーを織り交ぜたピッチングで負け試合ながらも救援としての役割を果たした。
 二大大会通算1試合、0勝0敗、1.1回、2奪三振、防御率0.00。

 177cm83kg、ガッチリした体格のスリークォーター左腕。
 セットポジションから重心を下げて早めに着地し、左肘を柔らかく使った腕の振りから繰り出す
 最速143㌔、常時130㌔台後半から140㌔前後の威力あるストレートと、
 130㌔前後のスライダー、110㌔台から120㌔台のチェンジアップ、100㌔前後のカーブ。
 直球にスライダーを織り交ぜる。内角を突く強気の投球も持ち味の一つ。
 大学時代はわずか1試合5イニングの登板で1勝に終わった。コントロールにはバラツキが残る。
 日本ハムなどプロも注目。中継ぎとして評価されている。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2015-08-18(火)|2015年社会人投手 | 仙台六大学 コメント(5) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
左一殺の力があるかどうか次第。
| フラワー | 2015年05月17日(Sun) 23:40 | URL #- [ 編集]
ハムが候補に上げているというニュースがありました。
話題性もあるからだとは思いますが社会人でも着実に力を付けているらしいです。
| ハルタカ | 2015年05月08日(Fri) 12:42 | URL #- [ 編集]
日本ハムが今秋の指名候補に…との報が日刊スポーツにてありました
| 世界日本ハム | 2015年05月08日(Fri) 11:59 | URL #- [ 編集]
新人戦決勝の東北学院大戦で先発・飯田(一関学院高出)の後を継いで6回から登板。
3インニングを投げましたが8回にパスボールで1失点。
9回には花岡も登板して東北学院大打線を無失点に抑えましたが、東北福祉大は惜しくも敗戦。

東北学院大を優勝へと導く大きな要因となったのは2年の高橋信也投手。
東北高校時代は佐藤朔弥(住金鹿島)、清原雄貴らと共に3本柱と呼ばれていた143キロ右腕の高橋が3回から登板。
先発の阿部が初回2回と立て続けに失点した嫌な流れを、三者連続三振を奪うなどで断ち切り9回まで投げ抜きました。
新人戦とはいえ東北福祉大打線を相手に7回1失点は上出来だと思います。
| ハルタカ | 2011年06月22日(Wed) 17:49 | URL #- [ 編集]
いやさすがに指名は、ないんじゃないかな。
次期エースと期待されながら、佐藤がエースになりましたから。
| ロジハル | 2009年09月11日(Fri) 17:16 | URL #EmGmBmaw [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2015年社会人投手 | 仙台六大学 コメント(5) Page Top↑