風張 蓮(東農大北海道オホーツク)

ここでは、「風張 蓮(東農大北海道オホーツク)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 千葉 東京 日ハム 中日 オリ 巨人 楽天 横浜 西武 阪神 福岡 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



185cm86kg 右右 MAX152km スライダー・カーブ・フォーク・チェンジ・シュート・ツーシーム 伊保内高
伸びのある直球と切れの良いスライダー。2度の代表候補入り。4年秋に最優秀投手賞、ベストナイン。
2014年ヤクルト2位(契約金7000万円、年俸1200万円)

  動 画

  投手成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率 
   11春: 3  0勝0敗   4     9  5  2  4.50
   11秋:         登板無し
   12春: 2  0勝0敗   5     5  0  0  0.00 
   12秋: 4  2勝0敗  15    13  13  2  1.20
   13春: 3  2勝0敗 10.1    14  1  1  0.87
   13秋: 5  4勝0敗 35.2    37  8  5  1.26(4位)
   14春: 5  3勝1敗  36          6  1.50(4位)
   14秋: 5  5勝0敗  35          2  0.51(3位)
   通算: 27 16勝1敗  141         18  1.15
    ※ 14秋:最優秀投手賞 14秋:ベストナイン

 【 全国大会 】
     試合   回数 被安 奪三 四死 自責
   11選: 1    0.2  1  0  2  1 144㌔(神宮) 慶 大
   13選: 2    3.1  4  2  3  4
           0.1  0  0  1  1 141㌔(神宮) 道都大
        先   3  4  2  2  3 143㌔(神宮) 天理大 ● 
   14神: 1 先   1  2  0  0  0 144㌔(神宮) 京産大
   通算: 4     5  7  2  5  5 防9.00
       被安打率12.60 奪三振率3.60 四死球率9.00

  最新記事

 ■ ヤクルト2位風張仮契約 背番は尾花の32(日刊スポーツ) 14/11/29

 ヤクルトから2位で指名を受けた東農大北海道の風張蓮投手が28日、網走市内のホテルで入団交渉に臨み、契約金7000万円、年俸1200万円(金額は推定)で仮契約した。「新人王のチャンスをいただけるなら、狙っていきたい。先発なら2桁勝利、中継ぎなら40~50試合をしっかり投げきりたいなと思っている」。まなざしは鋭く、目標は具体的で明確だ。先発ローテーション候補としてヤクルト真中満監督(43)の期待を集める151キロ右腕は、入団交渉の席上、球団側から期待の大きさを知らされて「グッときた」。背番号32に込められた、球団の思いも受け取った。「昔、尾花さんが付けていた番号と聞いて誇りに思うし、数字に見合う投手になれたら」。現役時代にはヤクルト一筋だった尾花巨人2軍投手総合コーチが、背負った番号。通算112勝を挙げた大先輩のDNAを、しっかりと受け継ぐ覚悟だ。今月行われた明治神宮大会でチームは初の4強入りも、自身は先発した1回戦で右太もも裏を痛めて、わずか16球の登板に終わった。大学入学後、初めて岩手・九戸村から試合観戦に来た両親に、神宮での勇姿を見せることが出来なかっただけに「プロで、しっかりと見せてあげられたら」との思いは強い。準決勝で敗退してから4日後には、ジョギングを再開。投球に支障はなく「来週には普通に走れるので、もう1度体を鍛え直します」と1月の新人合同自主トレを見据え、万全に仕上げていく。
 6年後に大きな目標がある。2020年。東京での「兄弟共演」だ。岩手・水沢第一2年の弟・鼓太郎は陸上砲丸投げで先月の日本ユース陸上で7位入賞。20年の東京五輪出場を目指している。(スポニチ)

 最終学年になって一段階の成長を果たしたようで、試合開始早々のケガによる降板は残念でした。
 初球に144㌔を計測。太もも裏を痛めるまで(打者2人)は常時140㌔前半といったところ。

 ■ 燕D2の東農大オホーツク・風張は登板なし/神宮大会(SANSPO) 14/11/18

 明治神宮大会準決勝(駒大3-0東農大北海道オホーツク、18日、神宮)ドラフト会議でヤクルトから2位指名を受けた東農大北海道オホーツクの右腕風張は、1回戦で負った右太もも裏のけがの影響で登板機会がなかった。「自分が投げず悔しさはあった」と視線を落とした。今大会は消化不良に終わったが、神宮球場はヤクルトの本拠地。「一軍で投げさせてもらえるならここで投げることもある。自分の力を出せるように頑張りたい」とプロでの抱負を語った。
 初戦でベースカバーに入った際に右太もも裏を痛めて大事を取って準々決勝、準決勝と2戦連続で登板を回避。「自分は大丈夫という気持ちだったけど、監督の判断。信頼される投手になりたかったので、もどかしさはある」と悔しさをにじませ「プロでは、ここ(神宮)がホームになる。しっかり力を出せるよう頑張りたい」と次のステージを見据えた。(日刊スポーツ)

 ■ ヤク2位・風張1回降板…リベンジ誓う(デイリースポーツ) 14/11/16

 ヤクルトからドラフト2位指名された東農大北海道オホーツクの最速152キロ右腕・風張蓮(4年、伊保内)が自己最短の1回2安打無失点で降板した。ヤクルトの衣笠球団社長らフロントが10人以上視察に訪れていた。風張は右脚を気にするしぐさを見せたため負傷降板と思われたが、「立ち上がりが悪ければすぐ替えると言われていた。体の異常はない」と無傷を強調。衣笠社長は「もう少し見たかったね。印象は力強い、としか言葉が出ない」と複雑な笑みを浮かべた。チームは3人の完封リレーで勝利し、衣笠社長は予定が合えば再度視察する方針。風張は「今日は甘く入った変化球を打たれたので、次は修正して頑張りたい」と“リベンジ”を誓った

過去記事

 ■ ヤクルトD2・風張、オホーツクのMAX152キロ豪腕が燕救う(SANSPO) 14/11/4

 ヤクルトからドラフト2位指名された風張蓮(かざはり・れん)投手が3日、東京・世田谷区の東農大世田谷キャンパスで指名あいさつを受け、背番号32を提示された。未来の自分を思い浮かべた最速152キロ右腕・風張は投球と同様、強気な言葉を口にした。球団から提示された背番号は32。だが目標は大きい。「ここからもっと若い番号にしていければいい。1年目から活躍したい。各チームを代表する打者に、気持ちで押して、真っすぐで勝負したい」。競輪選手のように大きな太ももと胸板が、トレードマークだ。豪腕を育てたのは、東農大北海道オホーツクならではの“農水産トレーニング”。合宿費用を捻出するため、チーム全体で取り組むアルバイトは、夏は畑で大根掘り、冬は水産会社で1箱20キロの冷凍サケやホタテの積み下ろし。それぞれ約1カ月間、腕力と足腰を鍛え上げた。「結構つらかった。腕っぷしは良くなった気がします」。さらに風張はこの夏、毎日15キロ走り込んだ。徹底した下半身強化と体重増でフォームが安定。直球の最速も152キロまで上がった。鳥原チーフスカウトは「(真中)監督も映像を見て『投げっぷりがいい』と。これで来年の最下位はなくなる」と期待は天井知らずだ。

 ■ 東農大北海道 風張4回0封4年ぶり神宮(日刊スポーツ) 14/10/7

 東農大北海道が道都大に快勝し、4年ぶり2度目の神宮切符を手にした。1勝1敗で並び、勝ったチームが北海道代表を決める一戦。プロ注目の最速151キロ右腕、風張蓮がドラフト前最後の公式戦で先発し、4回を散発3安打無失点に抑える好投でチームに勢いをつけ、勝利を呼び込んだ。道都大は北海道地区代表決定戦で2年連続で敗れていた相手。「去年の秋、負けて悔しくて泣いた。うれしい」と喜んだ。集大成を見せた。4日の第1戦、9回1失点で黒星を喫し、リベンジを誓っていた。中1日での登板だったが、継投策だったため「思いっきり飛ばしていけた。疲れもなく、体も動いていた」。当初予定されていた3イニングを超えて仕事を果たし、次期エース候補の井口和朋(3年=神奈川・武相)、今季登板全8試合無失点の玉井大翔(4年=旭川実)にバトンをつないだ。プロ入りへの道は整った。この秋、他の大学投手のドラフト候補が故障や不調に悩まされるなか、今季リーグ戦で5勝を挙げ、初の最優秀投手とベストナインに輝いた。着実に結果を残し、上位候補に名乗りを上げた。

 ■ 東農大北海道・風張蓮“TG争奪戦”も(デイリースポーツ) 14/10/5

 今秋ドラフト候補の東農大北海道オホーツク・風張蓮投手が4日、道都大との明治神宮大会北海道地区代表決定戦の1回戦に先発。5安打11奪三振で完投したが、ソロ被弾の1失点で敗れた。この日はスカウト陣の姿こそなかったが、最速151キロ右腕にはNPB12球団から調査書が到着。北の剛腕が、ドラフト上位候補の声にふさわしい投球を披露した。「内容的には悪くなかった」。敗れたものの1失点完投。手応えもあった。気温12度の寒さの中、直球は最速146キロ変化球も低めに集めた。六回、グラウンド整備直後の初球に浴びた右越えソロを「少し気持ちが緩んでしまったかな」と猛省したが、失投はこの1球のみ。今秋に向けて磨いてきた外角低めの制球が直球、スライダーともに抜群。見逃し三振は5つを数えた。今秋リーグ戦は5勝0敗で優勝に貢献し、最優秀投手とベストナインにも選出。プロの注目度も赤丸急上昇中だ。阪神は開幕戦の北海道教育大函館戦を佐野統括スカウト、9月27日の旭川大戦を中村GMが視察。球団関係者は「球に力があり、制球もよくなった。2位までに消えるだろう。そのぐらいの評価」と話している。また、巨人も開幕戦を山下スカウト部長が視察。スカウト陣も頻繁に足を運んでおり、評価は高いもようだ。今秋は調子を落とした即戦力候補の投手が多く、風張をめぐって“TG争奪戦”となる可能性も出てきた。「まだチャンスは残っている。明日投げる場面があれば、全力で行きたい」と風張。ドラフトの前に、まずは神宮切符獲得へフル回転する。

 ■ 阪神中村GMドラフト候補風張を直接視察(日刊スポーツ) 14/9/28

 阪神中村勝広GM(65)が27日、ドラフト上位候補に挙げている東農大北海道・風張蓮投手(4年=伊保内)を北海道苫小牧市で初めて直接視察した。北海道6大学リーグの優勝がかかった一戦に先発した右腕はネット裏で7球団が見守る中、旭川大を相手に5回2/3を投げて4安打1失点。最速148キロで6三振を奪った。中村GM「下半身がどっしりしていていい低めのコントロールが素晴らしい。短いイニングだったら、もっとスピードも上がってくると思う。先発でも中継ぎでも両方いける好投手上位(指名)候補です」。7球団の中で最多の4人態勢で見守った中村GMは、その投球ぶりを絶賛した上で上位指名候補と認めた。担当の葛西スカウトも「2巡目終わった段階でいなくなってる可能性がある。それくらい他球団も評価してると思う」と話した。球団関係者によれば、外れ1位の可能性を検討するほど評価は高いという。風張は試合後に「今日は60点くらい。自分の投球をして結果を残せば、評価もついてくると思う。神宮を決めてプロに行けるよう頑張ります」と高い目標を掲げた。チームも4-1で勝ち優勝が決定。10月4日の北海道地区代表決定戦(対道都大)に勝てば、明治神宮大会出場が決まる。
 風張は旭川大戦に先発。5回2/3を4安打1失点と好投し、リーグ戦5勝目を挙げた。その投球を担当スカウトらとともにネット裏から見届けた中村GMは「きょう初めて見たけど、下半身がドッシリとしていて、低めのコントロールが素晴らしいね。真っ直ぐのコントロール、2種類のスライダー、フォーク。どれもよかった。ゲームをつくれる投手だね」と評価。編成首脳が遠路はるばる北海道まで足を運んで視察した事実が、本気度を物語る。(スポニチ)

 ■ 東農大北海道・風張17K3安打完封(日刊スポーツ) 14/8/31

 東農大北海道の風張蓮投手が北海道教大函館との開幕戦で8回3安打、打者全員から毎回の17三振を奪い、0封勝利した。この日最速148キロの直球に変化球を織り交ぜ、大学自己最多の奪三振を記録。高校時代から注目されていた剛腕が、大学ラストシーズンの初戦で6球団10人のスカウトを見守るなか、躍動した。最速148キロの直球にカーブ、フォークの変化球を交え、4者連続3度、打者全員から17三振を奪った。4四球を与えたが、許した安打は3本で三塁を踏ませぬ好投。「今日は変化球でストライクが取れたのが良かった。カーブが決まっていたと思う」と納得顔だった。自慢の直球に制球力が加わり、パワーアップした。この日は自己最速151キロに届かなかったが、際どいコースを突き、見逃し三振は4つ。巨人の山下スカウト部長は「本来のスピードが出ていなくても、あれだけ投げられる球が低めに集まっていたのが良かった」と評価した。強豪との対戦で自信をつけた。8月中旬、東都6連覇中の亜大との道内での練習試合で先発。6回1安打無失点に抑えた。「自分の思ったところに投げられて、感覚をつかんだ」。夏場は体づくりで自分をいじめ抜いた。1日約15キロの走り込みで下半身を強化。さらに、多い日には約200球の投げ込みでコントロールの精度を上げ、その成果を実感して本番に臨んだ。追い続けた夢を自分の手でかなえる。高校時代からスカウトの注目を集めていたが、プロ志望届は出さず、さらなる成長を求めて網走の地にやって来た。今春、リーグ最終戦で黒星を喫し、4季連続のリーグ制覇を逃した。悔しさをバネに迎えた今秋。プロ入りをたぐり寄せるためにも、結果を出す必要がある。「大学最後のリーグ戦。全国で力を出したい」。チームの優勝を決め、満を持してプロ志望届を提出するつもりだ。

 ■ 東農大北海道・風張、14K完封!7球団スカウトに見せつけた!(スポーツ報知) 14/4/28

 3試合が行われ、4季連続優勝を目指す東農大北海道が3―0で函館教育大に勝利し、開幕連勝を飾った。今秋のドラフト候補の最速151キロ右腕・風張蓮(4年=岩手・伊保内高出)が、5安打14奪三振で完封した。7球団のスカウト8人が見つめる中、その実力を見せつけた。ギアが一段、上がった。東農大北海道・風張は2―0の7回、安打と犠打で1死三塁のピンチを迎えた。樋越勉監督(57)からは「1点は(与えて)いい」という指示が出ていたが、右腕は「絶対に点を取られてはいけないと思って気持ちを入れ直した」。連続三振で切り抜けるとガッツポーズをつくり、雄たけびを上げた。この日はMAX146キロと自己最速(151キロ)に及ばなかった。しかし、3者連続2度を含む毎回の14三振。ほとんどは、直球を決め球に奪ったもの。圧巻の投球を披露し「腕が良く振れていた」と笑顔。リードした樋越優一捕手(3年=千葉経大付高出)も「最後まで球威は落ちなかった」と絶賛した。スタンドにはスカウト8人が集結。高校時代から風張を知る楽天・上岡良一スカウトは「以前は直球にばらつきがあったけど安定してきたと思う」と評価。広島・近藤芳久スカウトは「全国でどれだけの投球ができるか楽しみ」と期待を込めた。昨年6月の全日本大学野球選手権では、2回戦の天理大戦に先発したが、3回3失点で降板。「一つもいいところがなく終わってしまった」と唇をかんだ。3月の沖縄キャンプでは内角、外角と納得のいく投球ができるまで投げ込むなど「安定感」にこだわってきた。将来のプロ入りを目指し、岩手から北海道にやって来て4年目。常にプロで活躍することを頭の片隅に置いているが「まずはリーグ戦を勝ち進んで全国でリベンジしたい」と目の前の戦いを見据えた。
 高校時代から知る楽天上岡スカウトは「力強さと安定感があるさらに良くなった印象地元の子なので、見ていきたい」と今後もマークしていく方針。(日刊スポーツ)

 ■ 東農大北海道8強ならず/大学野球(日刊スポーツ) 13/6/13

 東農大北海道(北海道学生)が2回戦でシード校の天理大(阪神)に敗れ、16年ぶりのベスト8進出を逃した。全国初先発だった風張蓮(3年=伊保内)が3回4安打3失点。1/3回だけ中継ぎ登板した前日11日の1回戦(対道都大)に続く連投だったが「甘く入った球を打たれてしまった。ここ一番で力を発揮できなかった」と悔しさを口にした。高校時代から最速147キロ右腕として、プロ注目の存在だったが、プロ志望届を提出せず進学。今夏の日米大学野球選手権(7月、松山ほか)の日本代表候補に北海道から唯一選出された。「今回チームが負けてしまって責任を感じている。テンポが悪かったし、点数を取られないようなピッチングをできるようになりたい」と言葉をつないだ。

 今ひとつ物足りなさの残る投球内容となってしまいましたね。残り3シーズンでの飛躍に期待です。

 ■ 高校時代は10球団がマーク 1年生右腕悔しい全国デビュー(スポニチ) 11/6/9

 最速147キロを誇る東農大生産学部の期待の1年生右腕、風張が9回から3番手で登板した。岩手・伊保内でもプロ10球団のスカウトが視察に駆けつけた1メートル81、82キロの本格派右腕。初球に144キロをマークしたが、四球をきっかけに1失点。2/3回、打者5人に22球の全国デビューに「まだまだ自分の力はこんなもの。大学野球で通用する投球と気持ちの強さが必要」。野球人生初の大舞台で悔しさを胸に刻みつけた。

   13春  回数 被安 奪三 四死 失点
   函教大   4  3  6  0  0 ○
   函館大  1.2  1  1  1  1
   旭川大  3.1  0  7  0  0 ○
         9  4  14  1  1 防1.00

 ■ “みちのく大器”東農大進学を決意(スポニチ) 10/10/1

 今秋の北海道六大学リーグ覇者・東農大生物産業学部(網走市)に、岩手・伊保内の147キロ右腕、風張蓮投手が進学する意向を固めたことが30日、分かった。風張は昨秋の地区予選で3試合計20イニング無失点、さらに県大会初戦の花巻南戦で17奪三振をマーク。今春は最高10球団のスカウト陣が集結するなどプロから熱視線を浴びていた。今夏は県大会3回戦で敗退し甲子園への道は断たれたが、人口約6700人の村の全校生徒136人の高校に現れた逸材の進路は関係者の注目を集めていた。1メートル80の長身から投げおろす最速147キロの直球にスライダー、フォークなど5種類の変化球が持ち味だ。当初はプロ入りを視野に入れていたが、大学でのレベルアップを選択。プロ志望届を提出せず、全日本大学選手権10回出場の実績と環境が整った同大に進学する方針を固めた

 予想されていた大学とはちょっと違いましたね。リーグ記録を塗りかえるような活躍を期待です。

 ■ 岩手・風張は大学進学、プロ志望届提出せず(スポーツ報知) 10/9/28

 伊保内高のプロ注目右腕・風張蓮がプロ志望届を提出せず、大学進学することが27日、分かった。卒業後の進路に注目が集まっていた東北屈指の147キロ剛腕は、地方の強豪大に進学の予定。野球部引退から2か月。髪の毛もすっかり伸び、マウンドとは対照的に穏やかな表情を浮かべた風張は「投球技術はもちろんですけど、人間的な面でも成長したいと思って、進学を決めました。人間として一人前になるため(の選択)です」。きっぱりと言い切った。今夏の岩手県大会では、3回戦の久慈工戦で4―5の惜敗を喫したが、昨秋の県大会1回戦・花巻南戦では17奪三振を記録。一躍、全国にその名を知らしめた。その後の公式戦では最高でプロ10球団のスカウトが視察に訪れるほどの注目の的となった。今夏の敗戦後、約2か月間、高卒での即プロ入りも視野に悩み抜いた。出した結論が「球速、変化球のキレ、投球術。すべて、レベルアップしたい」という自らの成長を信じての大学進学だった。今は後輩とともにグラウンドで汗を流す日々。12月の受験を控え、練習後、猛勉強に励んでいる。屋形場哲也監督(39)は「大学では全日本メンバー入りする気持ちで頑張ってほしい。その資質もある。将来はプロで活躍する選手になるはず」と期待する。進学予定の大学は所属リーグで2ケタを超える優勝回数を誇り、リーグでは常に優勝争いを繰り広げている強豪。プロ選手も、これまでに多数輩出している。風張は「自分の掲げている目標はあくまでもプロ。1年、1年、しっかりやって、4年後、(プロ入りを)考えたい」と宣言。みちのくの剛腕が、まずは大学球界を沸かせる。

 ■ プロ注目の伊保内・風張敗れる/岩手大会(日刊スポーツ) 10/7/20

 伊保内のプロ注目右腕・風張蓮が、逆転負けした。久慈工に完投したものの、12安打浴びて4-5で姿を消した。「調子は悪くなかった」と悔やんだ。だが、打ち取ったかに見えた打球が、内野手の前でイレギュラーしたり、強くたたきつけられて内野の頭をしぶとく越す安打が多く、流れを呼び込めなかった。試合後、ナインを前に「ごめん、と言いました」。目に涙をためていた。

 ■ 伊保内・風張140キロ完封/岩手大会(日刊スポーツ) 10/7/19

 岩手ではプロ注目の右腕、伊保内の風張蓮投手投手が7球団スカウトが見守る中で初登板、140キロをマークして10三振を奪い、1-0で西和賀を下し夢の舞台へ第一歩を踏み出した。西和賀相手に3安打、10三振を奪ってつけ入るスキを与えなかった。180センチから投げおろす直球に、大きなカーブ交えて的を絞らせなかった。外野に飛んだ打球は4本だけ。風張は「100点満点の投球でした。最後なんで、やってきたことを全部出すつもり」と納得の表情を浮かべた。3人体制で臨んだ巨人の大森スカウトは「コントロールが良く、縦のカーブに特徴がある。まだ全力投球じゃない。それが増えれば、さらに良くなる」と評価した。「省エネ投法」にはわけがあった。伊保内の部員数はマネジャーを除くとわずか21人。風張1人で岩手大会の全6戦を投げ抜かなくてはならない。6月にはスタミナ強化の体づくりにも取り組んだ。1週間1000球の投げ込み。バント処理も想定して「投げてはダッシュ」を繰り返してきた。入学時、強豪私立への進学を薦める声もあったが、あえて断り、地元の県立校である伊保内に進んだ。選手全員が九戸中の出身だ。「地元から全国制覇したいんです」。
 阪神・中尾スカウトは「時間はかかるけど、化ける要素は十分ある。将来的にはこの子が一番」と、東海大相模・一二三や浦和学院・南ら、関東地区のドラフト候補より高く評価。同じく阪神・菊地東日本統括スカウトも「体つきもいい。楽しみ」と投球にくぎ付けだった。(デイリースポーツ)
 「低めに丁寧に投げ切れていた」(オリックス・中川スカウト)と評価していた。(SANSPO)
 中日・中田スカウト部長 「体も大きく潜在能力が高い。ただ持っている力の半分しか出せてないね。上半身だけで投げている感じ。下半身で引っ張って来られれば、球持ちも良くなり球威もあがる。プロの目から見て将来性はある。プロでやるべき投手だと思う」(日刊東北6県版)

   10夏      回数 被安 奪三 四死 失点
   2回戦:西和賀   9  3  10  0  0 140㌔ 動画
   3回戦:久慈工   8  12  5  1  5
            17  15  15  1  5 防2.65(失点から計算)
        被安打率7.94 奪三振率7.94 四死球率0.53

 ■ 伊保内・風張投手にプロ10球団が熱視線!(SANSPO) 10/5/22

 伊保内のMAX147キロ右腕、風張蓮(かざはり・れん)投手が、2回戦の盛岡三戦に先発。7回を2安打8奪三振、無四球の好投で、7-0の七回コールド勝ちに貢献した。ヤクルト・由規投手、西武・雄星投手に続く“みちのくの大器”に、訪れたスカウト陣も絶賛だ。 「速さより制球を重視して、7-8割(の力)で投げました」。17三振を奪いながら0-1で敗れた昨秋の県大会1回戦・花巻南戦後に、屋形場哲也監督(39)から「27個のアウトをみんなで取っていこう」という助言を受けた。 「最初は三振を取れるのになんでだろうと思った。でも打たせていけば球数も減るし、守備のリズムもよくなります」 。この日の球数は7回で81球。バックを信頼した狙い通りの省エネ投球だった。この日の直球の最速は137キロと物足りなかったが、原因があった。今月上旬の地区予選で右手中指のつめが欠け、十分な投球練習をしていなかったのだ。万全ではないにもかかわらず、相手を抑えた風張の投球に、スタンドに集結したプロ10球団のスカウトは目を見張った。「余力を残しての投球だけど、球の伸びがすごくいい」(日本ハム・今成スカウト)。「制球もいいし、変化球が投げられなくても直球で緩急をつけていた」(中日・山本スカウト)。口々に潜在能力の高さを評価した。変化球の持ち球も多彩。カーブ、スライダー、シュート、チェンジアップ、フォーク、ツーシームを投げる。特にカーブは大きく曲がり落ちる球筋で、スカウトも高く評価している。この日はつめの影響で、直球、フォーク、ツーシームの3種類だけで相手をゼロ封した。
阪神・中尾スカウト
 「打者(の様子)を見て投げている。持って生まれた才能だし、教えられて身に付くものじゃない
巨人・大森スカウト
 「球の速さよりも質がいい。まだ伸びしろもあるし、東北地方の高校生ではトップクラス

 ■ プロ注目右腕・風張7回完封…春季岩手県地区大会(スポーツ報知) 10/5/6

 ▽1回戦 福岡工0―10伊保内 伊保内のプロ注目147キロ右腕・風張蓮が今季の公式戦初戦で快投した。福岡工戦に先発し、7回を被安打2の無失点。「球速や三振は意識しないで打たせて取ることを考えた」と言いながら直球最速は140キロをマーク。5連続を含む8奪三振と力の差を見せつけた。一冬越え、体重は4キロ増の80キロ。下半身が安定し、自慢の快速球にも磨きがかかったはずだが、この日は“大人な投球”に終始した。屋形場哲也監督(38)の「守備のことを考えて打たせて取れ」との忠告を守り、カーブとスライダーを交え、力むことなく淡々と投げた。プロの評価は高い。ネット裏では2球団のスカウトが注目。横浜の武居スカウトは「腕を強く振って投げたときの球の角度がいい。特にアウトローに(いい球が)来ていた」と話した。前日4日、西武の雄星投手がイースタン・楽天戦で“プロ初勝利”を飾った。「同じ岩手だし、自分も頑張ろうという気になります」と刺激を受けた。「チャンスがあればプロに行きたい。まだレベルアップしなきゃダメ」と風張。夢に向け成長を続ける剛腕はこの日、巧みな投球術を披露し投球の幅を広げた。

 ■ 伊保内のプロ注目右腕風張にプロ10球団!(日刊スポーツ) 10/4/1

 プロ注目の最速147キロ右腕、伊保内(岩手)の風張(かざはり)蓮(3年)が3月8日の練習試合解禁後、初めてのゲームに臨んだ。仙台商と対戦し、3-2で勝利。風張は、6回6安打9三振で2失点だった。直球とカーブを武器とする本格派に、練習試合にもかかわらずプロ10球団のスカウトが駆けつけ、熱い視線を送った。バックネット裏に陣取るプロ10球団のスカウトにも緊張した様子はない。約5カ月ぶりの実戦ということもあり「5、6割の力で投げました」と風張。それでも、この日の最速は138キロを記録。ひと冬を越え体重も4キロ増え、さらに成長を遂げていた。セ・リーグ全球団日本ハム楽天ソフトバンクロッテと10球団のスカウトが集結。「カーブのキレが良い」「全力ではないのに、あれだけ投げられるのはいい」「伸びしろが大きい」などと次々に高評価の声が上がった。伊保内がある九戸村は、まだ雪が残り、この日までグラウンドで野球ができたのは、わずか2日だけ。投げ込みも「そこまでしてません」と話すようにビニールハウス内で週2日、投げる程度だったという。風張は部員12人と少人数のため降板した7回以降、自ら一塁コーチを務め、ひときわ大きな声でチームを盛り上げた。スカウトの数も意識せず「しっかりと頑張って最終的にはプロに行きたい」と冷静に話す。県内の強豪7校から誘いを受けたが、地元・伊保内を選んだ。「目標は甲子園で全国制覇ですから」と愛する地元のため、絶対的エースは投げ続ける。

 ■ 雄星に続け!伊保内・風張豪腕147キロ(日刊スポーツ) 09/11/3

 今年の高校球界は、西武からドラフト1位指名された花巻東・菊池雄星投手に沸いたが、その岩手に剛腕2年生がいる。伊保内(いぼない)の風張(かざはり)蓮投手だ。147キロの直球とカーブを武器にする本格派右腕に、中日ソフトバンクが注目し視察に訪れているという。風張も「プロに行きたい」と夢を膨らませている。人口約6500人の九戸村で生まれ育った風張に、熱視線が注がれようとしている。風張は今年の春と夏に、夏県準Vの盛岡一と県大会で対戦し、春は14回2/3で15三振(2失点)、夏も9三振(3失点)と好投。秋の県大会1回戦も花巻南から17三振を奪った。いずれも接戦で敗れたが、輝きを放ってきた。中学時代は軟式ながら最速138キロを記録。県選抜にも選ばれ、強豪校から勧誘された。だが風張は、気心知れた仲間たちとの甲子園出場しか考えず、誘いを断り、自宅から一番近い伊保内に進学。部員のほとんどが同じ九戸村出身で「地元から全国制覇したいんです」と、夢を目指している。岩手の先輩のプロ入りが刺激になっている。菊池とは面識はないが、知人を通じて気にかけてもらっていることを知った。「菊池さんはすごい人。注目してもらえるだけで、うれしいです」と風張。体が硬いため機会があれば、ストレッチ法を学びたいという。また二戸市出身で、ソフトバンク3位指名の光星学院・下沖勇樹投手とは、風張が中2の時に投げ合い、1―3で敗れた。「初めて自分より速い球を投げてきた相手です」。その2人はプロの世界に挑む。「いつかは岩手出身対決をやってみたい。まずは、もっと球速を上げないと…」と、さらなる成長を遂げてから、プロのマウンドで先輩に挑戦するつもりだ。

 ■ 盛岡一、投手戦制す(岩手日報) 09/7/13

 盛岡一が伊保内に競り勝った。1-1の同点で迎えた1死二塁から高橋洵の右前打で勝ち越し、2死三塁として赤沢の左前打で追加点を挙げて3-1とした。伊保内の主戦風張蓮投手(2年)は、盛岡一打線を5安打に抑えながら「コントロールが甘くなったところを打たれてしまった」と春の県大会に続いて盛岡一に敗れ肩を落とした。盛岡一の杉田清彦監督が「今大会の右腕ナンバーワン投手」と評価するだけあって、伸びのある直球と切れ味鋭いスライダー9三振を奪った投球は将来性を感じさせる内容だった。風張は「自分の中の甘さが投球に出てしまった。秋の大会に向けて気持ちを入れなおしたい」と前を見据えた。

 全く知らない投手でしたが下沖(光星学院)以上との評価もあるんだそうです。
 今後注目されていくかもしれないですね。

  プロフィール

 岩手県九戸村生まれ。
 風張 蓮(かざはり・れん)投手。
 長興寺小3年時から野球を始め、九戸中では軟式野球部に所属。
 2、3年時に県大会4強に進出し、県選抜に選出されるなど、138㌔右腕として注目されていた。
 強豪校からも誘いを受ける中、地元校・伊保内高進学を選択する。

 伊保内(いぼない)高では1年春から控えとしてベンチ入り。
 2年春の大会からエースとしてチームを引っ張り、3季連続で県大会初戦敗退の悔しさを味わう。
 春初戦・盛岡一戦で14.2回207球15K、1対2完投の力投(サヨナラ弾で敗戦)。
 夏の県大会初戦2回戦で再び同校相手に9回5安打9奪三振1対3完投の好投を披露した。
 実績少ないながらも資質を注目され、秋の地区大会では20回無失点を記録。
 県大会初戦(エラー絡みで0対1完封負け)で花巻南高から17三振を奪う快投を演じている。
 3年春になってベスト8進出を果たすも、夏は久慈工に4対5で敗れ3回戦敗退。
 最速147㌔右腕として10球団から注目されたが、プロ志望届は提出せず大学進学を選択した。
 県大会8強が最高成績。甲子園出場実績は無し。

 東農大北海道オホーツク進学後は1年春からリーグ戦に出場。
 釧公大1回戦での5回参考ノーヒットノーランなど、2年秋のリーグ戦になって先発2勝を記録する。
 3年秋に全5カードで先発2番手を務め、防1.26(4位)で投手十傑入りを達成。
 リーグ2位4勝(苫駒大を完封、旭川大戦で1失点完投勝ち)の働きで3季連続Vに貢献した。
 2季ぶりVの4年秋に最多5勝(1完投)で最優秀投手賞、ベストナインを初受賞。
 開幕戦・北海道教育大函館校戦で8回コールド3安打17三振完封の快投を披露している。
 全国大会には1・3年春の大学選手権、4年秋の明治神宮大会(4強)に出場。
 1年春の慶大戦に3番手として救援起用され、0.2回2四球1失点の神宮デビューを経験した。
 2回戦の先発を任された3年春は天理大相手に3回4安打3失点でノックアウト。
 4年秋は初戦1回のベースカバーで太腿を痛め、実力を出し切れず1回のみで大会を終えた。
 2年6月には3年生以下の50名として一次合宿を経験(紅白戦2回を無失点)。
 3年夏の選考合宿・紅白戦では2回を1安打2三振(峰下智弘水本弦)無失点に抑えている。
 リーグ通算27試合、16勝(7完投4完封)1敗、141回、防御率1.15。

 185cm86kg、恵まれた体格の本格派右腕。
 ノーワインドアップから重心を下げ、インステップ気味に踏み出し、球持ちに良さのある腕の振りから
 投げ下ろす最速152㌔、常時130㌔台後半から140㌔前後の伸びのある直球と、
 110㌔台から120㌔台のキレの良いスライダー、100㌔台のカーブ、120㌔前後のフォークボール。
 真っすぐとスライダーとのコンビネーションが持ち味。コントロールにはバラツキが残る。
 4年夏の徹底した下半身強化、体重増で一段階成長。長身にどっしりとした下半身を備える。
 4年秋に5勝、防0.51の自己最高成績を残し、プロからドラフト上位評価を受けた。
 胸の張りが良く癖の少ないフォームの持ち主。2年夏、3年夏の2度代表候補入りを果たしている。
 3年秋までの70回で78三振、27四死球。遠投115m、50m6秒3。

  スカウトコメント

ヤクルト・鳥原チーフスカウト|14/11/29
 「チームは2年連続の最下位。即戦力として勝ちに貢献してほしい」
ヤクルト・鳥原チーフスカウト|14/11/4
 「(真中)監督も映像を見て『投げっぷりがいい』と。これで来年の最下位はなくなる」
ヤクルト・八重樫幸雄スカウト|14/10/23
 「MAX151キロを誇る本格派右腕。頑丈で故障知らず、先発に限らずリリーフとしても期待できる即戦力投手」
阪神・中村GM|14/9/28
 「下半身がどっしりしていていい。低めのコントロールが素晴らしい。短いイニングだったら、もっとスピードも上がってくると思う。先発でも中継ぎでも両方いける好投手。上位(指名)候補です」
 「きょう初めて見たけど、下半身がドッシリとしていて、低めのコントロールが素晴らしいね。真っ直ぐのコントロール、2種類のスライダー、フォーク。どれもよかった。ゲームをつくれる投手だね」
阪神・葛西スカウト|14/9/28
 「2巡目終わった段階でいなくなってる可能性がある。それくらい他球団も評価してると思う」
巨人・山下スカウト部長|14/8/31
 「本来のスピードが出ていなくても、あれだけ投げられる。球が低めに集まっていたのが良かった」
楽天・上岡良一スカウト|14/4/28
 「以前は直球にばらつきがあったけど安定してきたと思う」
 「力強さと安定感がある。さらに良くなった印象。地元の子なので、見ていきたい」
広島・近藤芳久スカウト|14/4/28
 「全国でどれだけの投球ができるか楽しみ」
中日・中田スカウト部長|10/7/19
 「体も大きく潜在能力が高い。ただ持っている力の半分しか出せてないね。上半身だけで投げている感じ。下半身で引っ張って来られれば、球持ちも良くなり球威もあがる。プロの目から見て将来性はある。プロでやるべき投手だと思う」
巨人・大森スカウト|10/7/19
 「コントロールが良く、縦のカーブに特徴がある。まだ全力投球じゃない。それが増えれば、さらに良くなる」
阪神・中尾スカウト|10/7/19
 「時間はかかるけど、化ける要素は十分ある。将来的にはこの子が一番」
阪神・菊地東日本統括スカウト|10/7/19
 「体つきもいい。楽しみ」
オリックス・中川スカウト|10/7/19
 「低めに丁寧に投げ切れていた」
 「馬力がある」
横浜・武居邦生スカウト|10/7/19
 「春より(力を入れたり抜いたりする)ピッチングが成長した」
楽天・上岡スカウト|10/5/22
 「うまく力を加減しながら投げている。センスを感じる」
日本ハム・今成スカウト|10/5/22
 「余力を残しての投球だけど、球の伸びがすごくいい」
中日・山本スカウト|10/5/22
 「制球もいいし、変化球が投げられなくても直球で緩急をつけていた」
阪神・中尾スカウト|10/5/22
 「打者(の様子)を見て投げている。持って生まれた才能だし、教えられて身に付くものじゃない」
巨人・大森スカウト|10/5/22
 「球の速さよりも質がいい。まだ伸びしろもあるし、東北地方の高校生ではトップクラス」
横浜・武居スカウト|10/5/6
 「腕を強く振って投げたときの球の角度がいい。特にアウトローに(いい球が)来ていた」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況





 Comments
この記事へのコメント
三年前あんなに騒がれた斎藤祐樹。 そんなやつでも今は終わってしまうかも知れないってゆう立場にいて、野球は一体なんなのかって感じー
| 風張 蓮 | 2014年10月23日(Thu) 06:16 | URL #- [ 編集]
13年秋のリーグ戦は5試合に登板。
4勝0敗、投球回35回2/3で自責点5、防御率1.29の好成績でした。
| ハルタカ | 2014年01月16日(Thu) 23:50 | URL #- [ 編集]
今日のリーグ戦函館大学戦に先発し、4回をなげて1失点MAX151kmを計測しました!
| tetu | 2013年09月17日(Tue) 23:07 | URL #- [ 編集]
今日はMAX151キロ、5回途中1失点とコントロールにばらつきがありながら修正能力は以前よりも付いてました。最終節の旭川戦で完封して欲しいです
| 匿名 | 2013年09月17日(Tue) 15:02 | URL #- [ 編集]
春のリーグは微妙な感じだったようだね
田舎の高校で伸び伸びやってきたからか
環境の変化に戸惑ったのかな?

チームメイトにいいピッチャーがいるだけに
切磋琢磨して頑張ってほしいところ
| まさる | 2011年06月29日(Wed) 23:32 | URL #- [ 編集]
北海道で心身ともに逞しく成長してほしいです。
| 匿名 | 2010年12月30日(Thu) 10:37 | URL #- [ 編集]
まさかこんな有名どころが北海道の大学に来るとは・・・。
来年の北海道六大学が楽しみです。
| YUKI | 2010年10月01日(Fri) 21:38 | URL #.ciQz8fI [ 編集]
| 匿名 | 2010年10月01日(Fri) 18:27 | URL #- [ 編集]
かなりの数のリストアップがありましたから志望すればどこかには行くのかな?と思っていましたが進学ですか。東京の大学は初めから考えてなかったのでしょうかね。4年後が楽しみですね。
| 匿名 | 2010年09月29日(Wed) 00:19 | URL #8/bi7mmM [ 編集]
| 匿名 | 2010年09月28日(Tue) 20:07 | URL #- [ 編集]
富士大学に進むような話が出ている。
| renji | 2010年09月25日(Sat) 20:46 | URL #- [ 編集]
プロ志望届出さないのかな?
| ゆうちゃん | 2010年09月14日(Tue) 06:35 | URL #EBUSheBA [ 編集]
対久慈工戦ではどこか痛めてたとか…。
たしかに打たれまくってましたからね…。
負けてしまってとても残念ですが、精一杯投げていた姿に感動しました。

同じ高校の生徒として、是非プロで活躍してほしいです。
| さく | 2010年07月24日(Sat) 17:39 | URL #JalddpaA [ 編集]
負けてしまって残念…よく頑張った
| ピーちゃん | 2010年07月20日(Tue) 17:06 | URL #- [ 編集]
スカウトコメントありがとうございます。
ありがたく記事に掲載させて頂きます。
| gogo126 | 2010年07月19日(Mon) 21:14 | URL #q1Fr55OM [ 編集]
ニッカンスポーツの東北6県版に中日の中田スカウト部長のコメントがのってました。

中田部長
「体も大きく潜在能力が高い。ただ持っている力の半分しか出せてないね。上半身だけで投げている感じ。下半身で引っ張って来られれば、球持ちも良くなり球威もあがる。プロの目から見て将来性はある。プロでやるべき投手だと思う。」

スカウト部長、直々の視察なので、中日も力をいれているようですね。
| ゴンザレス | 2010年07月19日(Mon) 17:16 | URL #- [ 編集]
http://www.nikkansports.com/baseball/highschool/sensyuken/2010/chihou/news/p-bb-tp3-20100719-655372.html

この試合の視察は7球団、巨人は3人体制だったようです。
巨人、日ハムは獲得に本腰なのかな?
| ハルタカ | 2010年07月19日(Mon) 12:57 | URL #- [ 編集]
オリックスのスカウトのコメントも来ましたね。
http://www.sanspo.com/baseball/news/100719/bsm1007191021004-n1.htm
これで全球団のスカウトが見に来たのか。
| renji | 2010年07月19日(Mon) 11:38 | URL #JxiZYOp2 [ 編集]
デイリーに記事がありました。
http://www.daily.co.jp/baseball/2010/07/13/0003196584.shtml
| 匿名 | 2010年07月13日(Tue) 23:47 | URL #8/bi7mmM [ 編集]
高卒でのプロ入りでは今までの環境とのギャップで、
実力を発揮する前につぶれてしまいそうな気が…。
岩手の先輩・雄星の現状を見ているとよけいにそう思います。

焦る必要はない。
社会人でじっくり揉まれて、満を持してのプロ入りを期待します。
| ウサコッツ | 2010年05月25日(Tue) 18:33 | URL #- [ 編集]
そこまでしてでもほしい素材だったんですね。

かなりの球団がマークしてるので、故障の説がたいしたことないのを願いたいです。
| 匿名 | 2010年05月24日(Mon) 23:39 | URL #8/bi7mmM [ 編集]
上の解説にあるように、中学時代で抜けた存在で、
高校入学時に岩手とか青森近辺の主要な高校から
誘いが来たらしいですよ。

八戸の高校の監督さんなんか、相当風張君の素質に
入れ込んでいたみたいで、自分のところに住まわせて
までも呼びたかったらしいです。
| renji | 2010年05月24日(Mon) 21:31 | URL #- [ 編集]
とんでもないです。いつもこのサイトで楽しませてもらってますので。

西武・広島スカウトの視察視察もあったんですね。かなり注目されてますね。かなり将来性がありそうですからね。

言い方は悪いですけど、今まで聞かない普通の公立高校でこれだけのピッチャーが出てくるというのもすごいですよね。失礼な言い方で申し訳ないですが…
| 匿名 | 2010年05月23日(Sun) 23:55 | URL #8/bi7mmM [ 編集]
5月22日(土)対花巻東戦の投球は明らかに変でしたね。
ストレートだけで制球も一杯一杯で、あれ?という感じ。

その理由として、地区大会で右手の爪を割って、
中間調整不足もあったらしいですし、前日の投球で
肘肩が張っていたとも報じられています。

対戦相手の花巻東・佐々木監督も「故障して
いるんじゃないかと(いう内容)」
というコメントをしていましたし。

まずは、夏までに治してもらいたいです。
| renji | 2010年05月23日(Sun) 10:33 | URL #- [ 編集]
おぉ!助かります。
あとキャプションで西武・広島スカウト視察が報じられていましたね。
| gogo126 | 2010年05月22日(Sat) 23:44 | URL #q1Fr55OM [ 編集]
報知では楽天の上岡スカウトのコメントもありましたよ
http://hochi.yomiuri.co.jp/baseball/hs/news/20100522-OHT1T00148.htm
| 匿名 | 2010年05月22日(Sat) 23:33 | URL #8/bi7mmM [ 編集]
見てみたい投手なんですが、動画ってどこかにありますか?
| 匿名 | 2010年05月09日(Sun) 13:34 | URL #NJsiWxd2 [ 編集]
今のところ東北で1位・2位を争う投手。もっと伸びて欲しい。
| かさご | 2010年04月26日(Mon) 20:10 | URL #- [ 編集]
最後の夏に向けて頑張ってほしい 全国で見てみたいです
| はち | 2010年04月14日(Wed) 13:11 | URL #- [ 編集]
今まではスライダーピッチャーかと思っていたんですが、どうやらカーブもいいようですね。
ますます楽しみ。
プロ10球団が視察と注目度も増していますし、是非ともプロ入りしてもらいたいです。
| ハルタカ | 2010年04月02日(Fri) 11:07 | URL #- [ 編集]
目指せ150キロ! いつか見てみたいです。
| いっくん | 2010年02月24日(Wed) 19:09 | URL #- [ 編集]
下沖(光星学院)より上という評価もある この冬みっちり下半身鍛えれば球速もコントロールもさらによくなりそう
| 匿名 | 2010年01月02日(Sat) 23:51 | URL #- [ 編集]
下沖(光星学院)より上という評価もある この冬みっちり下半身鍛えれば球速もコントロールもさらによくなりそう
| 匿名 | 2010年01月02日(Sat) 23:48 | URL #- [ 編集]
人数が20人いないみたいですね
せっかくの逸材だけにまず人数だけでも揃ってくれたらと思いますが…
| 匿名 | 2009年12月24日(Thu) 17:08 | URL #- [ 編集]
こんなにすごいのに伊保内はなんで勝てないんでしょう
| 匿名 | 2009年12月24日(Thu) 13:25 | URL #- [ 編集]
打線の援護があればいいところまで勝ち上がってこれますね。
そうすれば全国的にも有名になるのでは。
| ハルタカ | 2009年10月14日(Wed) 21:30 | URL #- [ 編集]
東北でもナンバー1右腕かもしれませんね。

実績の無い高校だけに、高校でどこまで伸びるかは
未知数だけど、今のところは順調に育っているようで
何よりですね。
| renji | 2009年10月07日(Wed) 21:46 | URL #- [ 編集]
この投手はすごいです。岩手では、間違いなくNo.1右投手!菊池雄星のようなスケールの大きい選手に育ってほしいです。
| あ | 2009年10月01日(Thu) 13:01 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する