原口 文仁(帝京)|ドラフト・レポート

原口 文仁(帝京)

ここでは、「原口 文仁(帝京)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



原口 文仁(帝京)

178cm74kg 右右 捕手 遠投105m 50m6秒7
中軸を打つ力強い打撃に二塁送球最速1.8秒台の強肩。3年夏甲子園で打率.385。
09年阪神6位

  打撃成績

         試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   09夏予 選: 6 .350 20 6 1 0 0 6 1 4 5  .417  .350
   09夏甲子園: 3 .385 13 5 2 0 0 3 1 0 1  .385  .538

  最新記事

 ■ 二塁牽制球でピンチ救う 帝京・原口文仁捕手(産経ニュース) 09/8/19

 同点で迎えた九回、先頭打者に二塁打を放たれ無死二塁の苦しい場面で、飛び出していた走者を見逃すことなく二塁に鋭い牽制球を投げると、走者は戻ることができずに二、三塁で挟まれタッチアウト。「“攻めの守り”を貫いた」と胸を張った。6人の投手を抱える女房役としてチームを引っ張る。投手の特徴を生かすため、一人ひとりに対して声かけや、構え方を変えるほど、投手に対する心配りに徹している。「それぞれ性格が違うからいろいろと大変だけど、色んな投手の球を捕れるのは楽しい」。2点のリードを許した七回二死から登板した1年生の伊藤には「こうゆう舞台で投げれるのだから、思い切り投げろ」とマウンド上で発破をかけた。「今回の試合で投手それぞれの課題が見つかった。しっかりと修正して、次の試合に臨みたい」。勝利の喜びをかみしめつつも、視線はすでに次の試合を見つめていた。

  プロフィール

 埼玉県寄居町生まれ。
 原口 文仁(はらぐち ふみひと)捕手。
 小学4年から野球を始め5年時に捕手として埼玉県大会8強。
 中学時代は寄居シニアに所属、2年からは一塁手に転向し3年時に関東大会出場。

 帝京高では1年秋からベンチ入り、2年春から再び捕手に戻り秋から正捕手。
 3年夏に甲子園に出場し8強進出。動画
 9月には日本代表に選ばれ日米親善高校野球大会に出場、エキシビジョン含め4試合中
 3試合のスタメンマスクを任された。

 力強い打撃で中軸を打ち3年春の都大会では6試合で3本塁打、3年夏甲子園では大会中
 体調を崩しながらも打率.385をマーク。
 帝京豪華投手陣を好リードで支え二塁送球の最速タイムは1.81秒。実戦でも2秒を切る強肩。
 打撃、守備にバランス良い素質を見せる好捕手。
 阪神など複数球団からマークされている。

  コメント・リストアップ:阪神
 
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2020年プロマーク状況



最終更新日:2009年10月18日(日)|2009年ドラフト指名選手 | コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2009年ドラフト指名選手 | コメント(0) Page Top↑