西嶋 一記(富士重工業)

ここでは、「西嶋 一記(富士重工業)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 オリ 中日 楽天 東京 西武 阪神 千葉 横浜 福岡 巨人 日ハム 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



187cm92kg 左左 MAX143km カーブ・スライダー・スクリュー ドジャース傘下→熊本GL 4年目
最速143㌔直球とカーブ、スライダー。丁寧な投球で試合を作る。伯和戦で9安打2失点完投勝利。

  動 画

  投手成績

 ■ MLBマイナー時代成績

      試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率 
   2011年: 14 2勝1敗 32.2  45  27  5  21  5.79(PIO)
   2012年: 16 8勝1敗 47.1  57  30  14  24  4.56(PIO)
   通 算: 30 10勝2敗  80 102  57  19  45  5.06
         被安打率11.48 奪三振率6.41 四死球率2.14

 ■ 大学時代成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   07春: 1 0勝0敗   1  0  1  0  0  0.00
   07秋: 5 0勝0敗  4.2  1  4  3  0  0.00
   08春:         登板なし
   08秋: 2 0勝0敗  2.1  0  0  0  0  0.00
   09春: 1 0勝0敗  6.1  5  3  2  1  1.42
   09秋: 10 3勝1敗   32  29  30  6  4  1.13(1位) 
   10春: 6 2勝1敗   24  16  19  7  5  1.88(5位)
   10秋: 6 1勝3敗  30.1  24  19  6  12  3.56
   通算: 31 6勝5敗 100.2  75  76  24  22  1.97
         被安打率6.71 奪三振率6.79 四死球率2.15

 【 全国大会 】
     試合 回数 被安 奪三 四死 自責
   09神: 1  5.1  7  3  1  3 137㌔ 上武大

 ■ 甲子園成績

     試合 回数 被安 奪三 四死 自責
   06春: 2 1.1  2  1  2  0
        0.1  0  1  1  0 早  実 
         1  2  0  1  0 岐阜城北
   06夏: 1 0.1  2  0  0  0 大阪桐蔭
   通算: 3 1.2  4  1  2  0 防0.00
    被安打率21.60 奪三振率5.40 四死球率10.80

投手成績詳細

   07春   回数 被安 奪三 四死 自責
   東大    1  0  1  0  0

   07秋   回数 被安 奪三 四死 自責
   東大    1  0  2  0  0
   立大   1.2  0  2  2  0
   早大   0.1  0  0  1  0
   法大    0  1  0  0  0
        1.2  0  0  0  0
        4.2  1  4  3  0 防0.00

   08秋   回数 被安 奪三 四死 自責
   早大    2  0  0  0  0
        0.1  0  0  0  0
        2.1  0  0  0  0 防0.00

   09春   回数 被安 奪三 四死 自責
   東大 先 6.1  5  3  2  1 

   09秋   回数 被安 奪三 四死 自責 
   立大    3  0  4  0  0
         2  2  1  1  0
   早大    1  1  2  1  0
   東大 先  7  5  8  1  2 ○
   慶大    3  3  3  1  0
         1  1  1  0  0
      先  6  7  5  0  0 ○
   法大    1  2  0  0  0 ○
      先 7.1  7  4  2  2 ●
        0.2  1  2  0  0
         32  29  30  6  4 防1.13
     被安打率8.16 奪三振率8.44 四死球率1.69

   10春   回数 被安 奪三 四死 自責
   東大 先  6  2  7  0  0 ○
   早大 先  5  3  5  3  1
   立大 先  4  6  1  1  2 ●
   慶大 先  4  5  3  1  2
   法大    2  0  1  2  0 ○
         3  0  2  0  0
         24  16  19  7  5 防1.88
     被安打率6.00 奪三振率7.13 四死球率2.63

   10秋   回数 被安 奪三 四死 自責
   東大 先 6.2  5  4  0  1 ○ 
   早大 先 8.1  3  5  0  1
   法大 先 1.2  5  1  1  5 ●
   慶大 先  3  4  3  0  2 ●
   立大    1  1  1  0  0
      先 9.2  6  5  5  3 ●
        30.1  24  19  6  12 防3.56
     被安打率7.12 奪三振率5.64 四死球率1.78

  最新記事

 ■ 社会人野球東京大会の組み合わせ決まる(日刊スポーツ) 15/2/9

 社会人野球の今季初戦となる東京大会(3月9日から4日間、大田スタジアムほか)の組み合わせが9日、決定した。各ブロック1位が準決勝、決勝を行う。富士重工には元ドジャースマイナーの西嶋一記投手が、熊本ゴールデンラークスから移籍して加入。新日鉄住金かずさマジックには元DeNA真下貴之投手、JR東海には元中日の「ブーちゃん」中田亮二内野手が加入した。

 ■ 熊本GL西嶋 無念の1/3回降板(西日本スポーツ) 13/6/3

 熊本ゴールデンラークスに新加入した大型サウスポーの西嶋一記にとっては、悔いの残る都市対抗予選初登板となった。逆転された直後の5回から2番手で登板。制球に苦しみ、1死を奪った後に安打と2四球で満塁のピンチを招いてマウンドを降りた

   13都予   回数 被安 奪三 四死 自責 
   西部ガス   0.1  1  0  2  0

 ■ 元ドジャース傘下・西嶋 都市対抗予選で初見参(西日本スポーツ) 13/6/1

 都市対抗野球大会(7月12日開幕、東京ドーム)の九州地区予選が1日から長崎市のビッグNスタジアムなどで行われる。出場12チームが3枚の本大会切符を争う。2008年以来の代表を狙う熊本ゴールデンラークス(熊本市)には、昨季まで米ドジャース傘下のルーキーリーグでプレーした西嶋一記投手(24)が加入。身長187センチの本格派左腕は米球界での経験を生かし、先発の一員として勝利に貢献するとともに、目標の日本プロ野球界入りに向けて全力を尽くすことを誓った。

過去記事

 ■ 横浜高出身・西嶋一記投手、夢のメジャーへ貪欲(神奈川新聞) 12/11/29

 横浜高出身で、米大リーグドジャース傘下のマイナーチームに所属する西嶋一記投手(23)が2年目のシーズンを終え帰国、都内で自主トレーニングに励んでいる。今季は1Aの下に位置するルーキーリーグのオグデン(ユタ州)で8勝1敗の好成績をマーク。過酷なマイナー生活に耐え、飛躍の素地を築いた左腕は「メジャー昇格のチャンスをつかみたい」と貪欲に前だけを見据えている。細身だった高校時代はもちろん、大学時代とも別人の体つきになった。ダンベルを使ったウエートトレーニングを終えた西嶋は「去年の冬はスクワットで100キロくらい。今は200キロくらい上げられる」と、隆起した胸を見て笑った。筋力アップに加えて低めへの制球を磨き、ツーシームやカットボールを体得した成果は、昨季(2勝1敗)を大幅に上回る成績に結実した。西嶋は「捕手や投手コーチと意思疎通できるようになったことも大きい。アメリカでは投手が配球を組み立てるから」と分析。一方で「調子に波があった。孤独で、相談相手もおらず気持ちの切り替えができなかった」と振り返る。必要なのは、一層の制球力と体力。何より「マイナーの環境に耐え抜く精神力が必要」と痛感している。

 ■ ドジャース 明大左腕と熊本の高校生右腕と契約(スポニチ) 10/11/19

 ドジャースが明大の西嶋一記投手(21)、熊本・文徳の高野一哉投手(18)とそれぞれマイナー契約を交わしたことが17日(日本時間18日)、分かった。ド軍の地元紙ロサンゼルス・タイムズ紙(電子版)が同日付で報じた。西嶋は1メートル86の長身から最速143キロの直球を武器とする左腕。松坂(レッドソックス)と同じ横浜高出身で06年センバツでは全国優勝を経験。明大では昨秋、防御率1・13で優勝に貢献。東京六大学通算31試合で6勝5敗、防御率1・91の成績を残した。ともにプロ志望届を提出していたが、先月のドラフトでは指名がなかった。ド軍は07年オフに亜大のロバート・ブース投手を獲得するなど、日本のアマチュア選手から大リーガー育成に力を注いでいる。

 ■ 明大・西嶋、危機感バネに初勝利 東京六大学野球(asahi.com) 09/10/11

 危機感がリーグ戦初勝利をもたらした。明大の西嶋(3年、横浜)が今春以来、2度目の先発で7回を失点2。186センチ、89キロの恵まれた体格だが、これまで精神力の弱さを指摘されてきた。変化のきっかけは野村や難波ら2年生の台頭。「悔しさもあった」と夏場、懸命に走り込んだという。はびこるインフルエンザにも、手洗い、マスクをして予防。チャンスをものにした。善波監督は「安定感が出てきた」とほめた。

 ■ 「弱いハート」一皮むけた 横浜・西嶋一記投手(asahi.com) 06/7/30

 渡辺元智監督が「素質はナンバーワン。だがハートが弱い」と言い続けていた左腕、西嶋一記君(3年)。選手の緊張がピークに達する決勝の舞台。最後の場面にマウンドにいたのは、西嶋君だった。球威のある速球とキレのあるカーブを武器に、中学時代シニアの全日本選抜チームに選ばれた。横浜でもエース候補だった。しかし、そう簡単にはいかなかった。忘れられない場面がある。2年前の秋季県大会。準決勝で慶応と対戦した時だった。6回2死満塁、代打に、後に主将になる慶応の平川敬悟君(3年)が送られた。内角に投げた球をたたかれた。「まさかないだろう」と思った打球は、代打逆転満塁本塁打になった。この試合後も満塁や走者を置いて打たれる場面が続き、西嶋君は「満塁恐怖症」と言われるようになった。「自分ではそんなことはないと思うんですけど結果がすべてです」。渡辺監督はことあるごとに「西嶋はピンチに弱い」と話した。期待の裏返しだった。原因は、力みにあった。「ピンチのときこそ8割の力で」。自分に言い聞かせた。今大会ではひじを上げるときの動作が小さくなって制球が安定したこともあり、調子も上向いていた。この日、7回に先発の川角謙君(3年)が7点目を奪われ、出番がきた。「川角は準決勝で完投している。いつでもいけるように準備していた」。7、8回を6人で抑えた。しかし、最終回、安打で走者を許すと、慎重になりすぎて続く打者に四球を与えた。伝令で川角君がやってきた。渡辺監督の言葉をそのまま伝えた。「楽しんで投げろ」。「力まない」。「満塁恐怖症」から抜け出るためにテーマにしてきたことを思い出した。大好きな長渕剛の曲を思い浮かべる。力みが取れた。今大会で3本塁打を放っている強打者、田中大二郎君(3年)が打席に立っても動じない。得意のカーブで、セカンドゴロにうち取った。優勝旗を持った行進が終わった後、整列していると、後ろから肩をたたかれた。「一皮むけたな」。渡辺監督の言葉がハートに響いた。

               回数 被安 奪三 四死 自責
   2 回 戦:座  間 先  6.2  2  6  0  0 
   4 回 戦:大 和 東 先   3  3  5  1  0
   準々決勝:横浜創学 先   5  3  5  1  1
   決  勝:東海相模     3  1  1  1  0
               17.2  9  17  3  1 防0.51
            被安打率4.58 奪三振率8.66 四死球率1.53

  プロフィール

 神奈川県横浜市出身。
 西嶋 一記(にしじま・かずき)投手。
 小学3年時から軟式野球を始め、上飯田中では瀬谷シニアに所属。
 エースとして3年春の全国大会準Vを達成し、全日本選抜チームでアメリカ遠征を経験した。

 横浜高校では1年春から公式戦に出場。
 主戦候補とされながらメンタル面に課題を残し、高校時代の大部分の期間を控えとして過ごす。
 1年秋の県大会準決・慶應義塾戦(5対6)で逆転の代打満塁本塁打を被弾。
 主戦を務めた2年春の県3回戦・桐蔭戦では、満塁からの死球、3点打で一挙4点を失った。
 川角謙を擁して出場した3年春夏の甲子園でリリーフ3試合1.2イニングを経験。
 3年夏の県大会で4試合(先発3、救援1)17.2回9安打17奪三振2失点の好成績を残している。
 同期に福田永将(中日06年高3巡)、下水流昂(広島12年4位)ら。

 明大進学後は1年春からリーグ戦に出場。
 リリーフ左腕として秋のリーグ戦5試合に登板し、少ない投球回数ながら重要な場面も経験する。
 野村祐輔らの台頭、左肩違和感により、2年春以降の3季は登板機会が減少。
 3年秋になって10試合(リリーフ7)32回をこなし、防御率1.13(1位)の活躍で優勝を達成した。
 7回までを5安打8K2失点に抑えた東大2回戦でリーグ戦初勝利を収めている。
 神宮大会では上武大戦の先発を任されたが、5.1回7安打3失点、5対8で4強敗退となった。
 日本代表候補として3年12月にU-26NPB選抜戦、4年夏に選考合宿を経験。
 志望届を提出するもドラフト会議で指名が無く、マイナー契約でのMLBドジャース入団を決めた。
 通算31試合、6勝(0完投0完封)5敗、100回2/3、76奪三振、防御率1.97。

 オグデン・ラプターズ入団後は1年目からリーグ戦に出場。
 2年間でパイオニアリーグ30試合80回を投げ、通算10勝2敗、57三振、防御率5.06を記録した。
 3年目春のキャンプで解雇通告を受け、誘いのあった熊本GLへの入部を選択。
 二大大会出場を果たせないまま2年間を終え、2014年オフに富士重工業への移籍が決まった。
 岡山大会・伯和戦で8K2失点完投勝利を収めている。

 187cm92kg、恵まれた体格の左腕。
 ワインドアップから上体を前に傾けて重心を下げ、開き早めに肘を使った腕の振りから投げ下ろす
 最速143㌔、常時130㌔台中盤から後半のストレート(学生時代)と、
 120㌔台のスライダー、120㌔台のスクリューボール、110㌔台の落差の大きいカーブ。
 外角中心の丁寧な投球が持ち味。ストレートに変化球を織り交ぜる。
 マイナー生活2年間で筋力アップを進めると共に、新たな球種としてカット、ツーシームを習得した。
 甘い球もあるが、制球はまずまず。遠投100m、50m6秒6。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況





 Comments
この記事へのコメント
西嶋帰国してたんだ…。初めて知った。
しかし、よく社会人チームが受け入れてくれたなー。プロアマ規定があるから、プロ経験のある選手は社会人チームは敬遠するものだと思ってた。
| 北風 | 2013年06月01日(Sat) 23:32 | URL #- [ 編集]
ここへのコメントは初めてになるものです。
メジャーリーグへのアマチュア有望選手の流失は確かに問題ですが、田澤投手のようにプロ野球からの指名が確実視されるなかでのメジャーへの移籍方向になるのはいけないことですが、正直このようにドラフトが漏れた選手がメジャー挑戦をすることとそれを同一視して語るのはどうかなと思います。

最近は社会人野球も厳しい運営状況ですし、国内独立リーグも同様です。そのなかで、こういったマイナー契約からより自分を磨いていこうという選択は悪くない気がします
| ハンクルース | 2011年04月02日(Sat) 10:19 | URL #MyJ0QW/M [ 編集]
G.G.佐藤(西武)や山口(巨人)みたいに、アメリカ行って成功できなくても日本に帰ってきて1軍戦力になる選手もいるしなぁ。
特にG.G.佐藤はアメリカで捕手転向してなかったら西武の入団テストにも合格してなかっただろうし(結局外野手になったけど)。

MLBで成功できればそれで良し、MLBでダメでもNPBで成功できればそれも良し。MLBでもNPBでもダメだったら、言い方は悪いけどそこまでの選手だったということだね。
| 匿名 | 2010年11月23日(Tue) 14:56 | URL #- [ 編集]
しかし有望選手のアメリカ流出は日本のプロ野球にとって死活問題だと思います。
アマチュアのトップレベルの選手が数年後にはプロ野球で活躍している。これは多くの野球ファンが想像し、期待に胸膨らませていることだと思います。
しかし田澤や今年の西嶋の様に日本ではなくアメリカのプロリーグに直接選手が渡ることが常習化していけば日本のプロ野球のレベル低下にも繋がると思いますし、観ていておもしろくないなら人気低下にも繋がると思います。
ほかにも日本の野球界の大リーグの下部リーグ化問題などもありますし、このまま日本の選手の流出が続けばやはり問題は多いかと・・・。
西嶋が大リーグに挑戦することは悪いとは思いません。本人の意思ですから。ただ日本の野球界は人材流出という観点から言えば対策をとっていく必要があると一野球ファンとして思います。
| ガードナー | 2010年11月23日(Tue) 11:04 | URL #- [ 編集]
自分もそう思います。新しいチャンスを求めるために本人が選んだ道だと思いますし。

大リーグで成功できればすばらしいことですし、何年かして日本に逆輸入というかたちで高い評価で日本に帰ってくるなんてこともあるかもしれないですね。

WBCでアメリカを知る選手がいたりすると心強いですしこういう選手がいてもいいと思います。
| 匿名 | 2010年11月22日(Mon) 23:49 | URL #8/bi7mmM [ 編集]
大卒や高卒の時点でドラフトにかからなかった選手が、チャンスを求めて渡米するのは個人的にはそれほど悪いことだとは思わないな。
日本の社会人や大学に進んだからといって確実にプロになれるわけでもないんだし、選択肢のひとつとしてのアメリカ挑戦はアリだと思う。
ていうかドラフトにかからなかった選手まで日本に縛り付けようってのは明らかに傲慢な考えなんじゃないかな?
| 匿名 | 2010年11月22日(Mon) 12:42 | URL #- [ 編集]
社会人で鍛えればいいのに…
有望な人材の流出は問題。日本の野球界はこの流れを止めないと行けないと思う。
| ガードナー | 2010年11月20日(Sat) 15:13 | URL #- [ 編集]
日本のスカウトがどうのこうのより、指名から漏れたからメジャーが手を出したってことでしょう。
指名されない程未完成とも言える訳で、余程化けないとメジャー昇格は厳しいかな、と思います。
まずは150㎞目標ですかね。
| ko | 2010年11月19日(Fri) 21:08 | URL #6mhiDe5. [ 編集]
>>20661
マイナーだよ
| ハンケツ | 2010年11月19日(Fri) 17:52 | URL #Vpc3orJc [ 編集]
日本のプロ野球はアイドルにしか、目が無かったって事ね。
| 匿名 | 2010年11月19日(Fri) 15:24 | URL #- [ 編集]
メジャーとは…!!!
| 匿名 | 2010年11月19日(Fri) 13:41 | URL #- [ 編集]
社会人が濃厚でしょうね
| 匿名 | 2010年10月26日(Tue) 00:33 | URL #JalddpaA [ 編集]
下位指名はわりと硬いかな?
5~6位指名でも行けそう。
| こいこい | 2010年09月21日(Tue) 17:47 | URL #- [ 編集]
殻を破って欲しいなあ・・
昔から素材は一級品なんだけど
| みな | 2010年09月12日(Sun) 23:24 | URL #z8283xuI [ 編集]
身長の低い選手も増えてきましたが、やはり高い選手に魅力を感じる僕はダメですね
| 黒鯉 | 2009年11月22日(Sun) 17:58 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する