中山 匠(キャプティ)

ここでは、「中山 匠(キャプティ)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 オリ 中日 楽天 東京 西武 阪神 千葉 横浜 福岡 巨人 日ハム 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



186cm90kg 右右 MAX148km カーブ・スライダー・フォーク 文星芸大付→専大 25歳
柔らかい腕の振りから投げ下ろす角度の付いた148㌔直球とスライダー、落差のあるカーブ、フォーク。

  動 画

  投手成績

 ■ 大学時代成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   11春:         登板無し         二部
   11秋:         登板無し         二部
   12春:         登板無し         二部
   12秋:         登板無し         二部
   13春: 2 0勝0敗   4  2  2  4  1  2.25
   13秋:         登板無し         二部
   通算: 2 0勝0敗   4  2  2  4  1  2.25
         被安打率4.50 奪三振率4.50 四死球率9.00

  最新記事

 ■ 隠し玉が軟式にいた!キャプティ・中山匠、13K完投でプロへ猛アピール(SANSPO) 17/6/22

 全日本実業団野球連盟主催の軟式大会、紅龍旗争奪第67回実業団野球全国大会の準決勝が21日、東京ドームで行われ、キャプティの中山匠投手(25)が、AKIRA戦で3安打1失点13奪三振で完投し、3-1の勝利に貢献した。軟式ボールは、バットに当たる瞬間に大きく変形するため、飛びにくく、安打が少ない一方、投手の球速も出にくい。そのため三振も少ない傾向がある中で、13奪三振。22日の25歳の誕生日を、自ら前祝いした。「序盤は真っすぐが走っていて、途中から変化球も切れてきた。7回まで無安打で(無安打無得点試合を)意識したけど、バテた」。1メートル86、90キロの恵まれた体格で、直球の最速は148キロサイドハンド気味のフォームで、打者からは球筋が見にくい。この日はスピードガン表示がなかったものの、打者の体感は140キロ台前半だったとみられる。七回まで無安打で4四球。八回に3安打を許して1点を失った。視察したオリックス・牧田チーフスカウトは「(硬式のように)上から腕をたたく感じで振ると、軟球では制球がしにくいそれでも140キロ以上が出るのは、指先の感覚がいいんでしょうねピュッと切れる変化球もあったし、秋にもう1度見てみたい」とうなずいた。専大硬式野球部時代はオーバースローで、東都リーグ1部で2試合に登板。卒業後は軟式を選んだ中山にとって、全国大会での完投勝利は大きな勲章。元野監督が「上を目指して続けていくことは無駄ではない」と努力を認める隠れた逸材に、新たな道が開けるかもしれない。

 ■ 1年生エースが快投 文星芸大付・中山投手(asahi.com) 08/7/21

 1年生エースがマウンドで躍動した。5回表から登板した文星芸大付の「背番号1」中山匠投手。最初の打者を中飛に打ちとると、次打者を4球で空振り三振に。そこから130キロ台の直球にスライダーとフォークを織り交ぜ、7回表2死まで7者連続奪三振の快投を演じた。この日、文星芸大付は宇都宮東に一時逆転される苦しい展開。再逆転しても再び失点を許し、いま一つ波に乗りきれないでいた。高橋薫監督が4回、中山投手に声をかける。「5回から行くぞ」。高橋監督は「リズムが悪かったので、中山でテンポを取り戻そうと思った」と振り返る。185センチの長身を生かした投げ下ろす直球に加え、制球力が持ち味。だが、1回戦の矢板東戦は先発して4回で被安打4。「初めての『夏』で緊張してしまった。だから今日はやってやろうと思って、三振を狙いにいった」。終わってみれば3回を投げて、打者9人に対し、被安打0。球速も自己最速の134キロを記録した。兄でもある主将の中山鐘太選手(3年)も「今まで見た中で一番のでき」とたたえた。

   13春   回数 被安 奪三 四死 自責
   国学大    3  1  2  2  0 140㌔
          1  1  0  2  1 140㌔
          4  2  2  4  1 防2.25
     被安打率4.50 奪三振率4.50 四死球率9.00

  プロフィール

 栃木県宇都宮市出身。
 中山 匠(なかやま・たくみ)投手。
 国本中時代は宇都宮スターボーイズで県大会準優勝。

 文星芸大付では1年春にエースの座を獲得。
 1年夏には7連続三振を奪うなどの活躍を見せ、ノーシードからの県大会4強進出を達成する。
 秋の県大会5試合35回で35三振を奪い、栃木1位での関東大会進出を経験。
 四死球4、自責5の安定した投球を見せたが、関東大会では12安打を許し7.1回3失点KOとなった。
 2年春夏は右肘痛で少ない登板に終わり、秋に控えとして関東大会出場(1回戦)。
 3年春に背番号1を取り戻すも2回戦に留まり、腰痛を抱えた夏は初戦敗退、1回15球で終えた。
 県大会優勝、関東大会1回戦が最高成績。甲子園出場実績は無し。

 専大進学後は3年春からリーグ戦に出場。
 リリーフとして神宮球場で最速140㌔をマークし、2試合4イニング(4四死球2失点)を経験した。
 リーグ通算2試合、0勝0敗、4回、2奪三振、防御率2.25。

 186cm90kg、恵まれた体格の右腕。
 セットポジションから重心を下げて早めに着地し、肘を柔らかく使った球持ちに良さのある腕の振りから
 投げ下ろす最速148㌔の角度あるストレートと落差あるカーブ、スライダー、フォーク。
 まとまりのあるコントロールで両サイドに投げ分ける。落ち着いたマウンドさばきを見せる好右腕。
 力みの無い投球フォームから投げ込む切れの良い直球で空振りを奪う。
 高校1年時から好資質で注目されたが、右肘痛、腰痛と相次ぐ故障に悩まされた。

  スカウトコメント

オリックス・牧田チーフスカウト|17/6/22
 「(硬式のように)上から腕をたたく感じで振ると、軟球では制球がしにくい。それでも140キロ以上が出るのは、指先の感覚がいいんでしょうね。ピュッと切れる変化球もあったし、秋にもう1度見てみたい」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2017-06-22(木)|準硬式・軟式野球 | 東都大学 コメント(1) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
関東大会で観戦しましたが、背番号1の佐藤と比べるとボールのキレは違いましたね。故障が癒え、じっくりと体力強化に充ててほしいですね。
| プライセス | 2009年12月18日(Fri) 23:52 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:準硬式・軟式野球 | 東都大学 コメント(1) Page Top↑