高山 亮太(日本通運)

ここでは、「高山 亮太(日本通運)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 オリ 中日 楽天 東京 西武 阪神 千葉 横浜 福岡 巨人 日ハム 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



173cm73kg 左左 MAX140km スライダー・カーブ・チェンジ 東海大→鷺宮製作所 5年目
緩急を武器とする技巧派左腕。3年目の都市対抗・エネオス戦で7回途中無失点の好投を見せた。

  動 画

  投手成績

     試合   回数 被安 奪三 四死 自責 
   11都: 2   4.1  3  4  0  1
           1  2  0  0  1 140㌔ 伯和ビク
          3.1  1  4  0  0 135㌔ JR東海
   12都: 1    1  2  0  0  0     伯和ビク
   12日: 1   4.1  6  4  1  3     PANA
   13都: 2   8.2  4  5  0  0
           2  0  1  0  0     四国銀行
        先 6.2  4  4  0  0 135㌔ JX-ENEOS
   14日: 1   1.2  3  1  0  1     JFE西
   通算: 7    20  18  14  1  5 防2.25
       被安打率8.10 奪三振率6.30 四死球率0.45
   ※ 11都・13都は東京ガス、12都は明安生命で補強出場、15年から日通に移籍

 ■ 大学時代成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   07秋:         登板無し
   08春:         登板無し
   08秋: 5  0勝0敗  14  12       4  2.57
   09春: 6  3勝0敗 44.2  27  21  6  3  0.60(1位)
   09秋: 4  4勝0敗  28  25     2  1  0.32(1位)
   10春: 5  4勝0敗 33.2  27  13  7  6  1.60(3位)
   10秋: 5  4勝1敗 29.2  33  20  4  3  0.91(2位)
   通算: 25 15勝1敗  150 124    19  17  1.02
    ※ 09春:MVP 09春:ベストナイン 

 【 全国大会 】
     試合   回数 被安 奪三 四死 自責 
   09選: 1 先   7  6  7  1  2 138㌔(神宮) 海洋学部 ●
   10選: 2    8.1  6  5  3  2 
            7  5  4  2  0 137㌔(神宮) 大 体 大 ○封
           1.1  1  1  1  2 135㌔(神宮) 東 洋 大
   10神: 1 先   4  4  3  2  0 133㌔(神宮) 九 産 大
   通算: 4   19.1  16  15  6  4 防1.86
       被安打率7.45 奪三振率6.98 四死球率2.79

 ■ 甲子園成績

   06選抜    回数 被安 奪三 四死 自責  
   京都外西    1.2  1  1  1  0
   清  峰 先  14  7  6  6  2 ●
          15.2  8  7  7  2 防1.15
       被安打率4.60 奪三振率4.02 四死球率4.02

  最新記事

 ■ 東京ガス 継投が裏目に…「選手起用で甘さが出た」(スポニチ) 13/7/21

 東京ガスは継投が裏目に出た。3点リードの7回2死一、二塁で、まだ79球しか投げていなかった先発・高山を無失点のまま降板させ、井口を投入。このピンチを抑えて流れを食い止めたかに見えたが、8回から投入した白井、山崎が打ち込まれて4失点で逆転を許した。32年ぶりの4強を目前で逃した菊池監督は「選手起用で甘さが出た。大舞台で仕事をするのは難しいこと。毎日の取り組み、準備が足りなかったのかもしれない」とうつむいた。

 ■ 新人ピンチしのぐ(毎日jp) 11/10/29

 東京都は四回、2点先取されなお2死二塁のピンチに、鷺宮製作所の新人左腕・高山を起用した。「左打者を抑えるために補強されたのだから、絶対打たれてはいけない」と思った高山。曲がりの大きいカーブで福田を一ゴロに仕留めると、七回まで内野安打1本に抑えた。勢いのある速球を軸に、丁寧な緩急がさえた。2次東京予選では、クラブチーム戦しか登板がなく、「大声援の中で良い経験ができた。次は自分のチームで」と誓った。

 大学時代はまとまりある左腕として活躍する一方で球威不足の印象でしたが都市対抗
 初戦では常時130㌔台後半を記録していました。力強さを増してくると緩急がより活きますね。

 ■ 東海大2日連続コールド勝ち/大学選手権(日刊スポーツ) 10/6/9

 1回戦を8回コールドで勝ち抜いた東海大(首都)が、大体大(阪神)に圧勝して2日連続のコールド勝ちを収めた。先発の高山亮太投手(4年=東海大相模)が5安打無失点。6回、伊志嶺翔大主将(4年=沖縄尚学)の3ランなどで一挙11得点を挙げた。伊志嶺は「球をうまくつかまえることができました」と満足そうだった。

  プロフィール

 神奈川県平塚市出身。
 高山 亮太(たかやま・りょうた)投手。
 神明中時代は秦野シニアに所属していた。

 東海大相模では1年秋からベンチ入り。
 2年春に控えとして甲子園(登板無し)を経験し、主戦となった2年秋に関東4強進出を果たす。
 8試合(5完投1完封)58.1回で60安打、49奪三振、16四死球、防3.39をマーク。
 翌選抜2回戦で14回193球の力投を見せたが、援護なく清峰高に0対3で完投負けとなった。
 3年夏の県大会は選抜優勝を成し遂げた横浜高校に7対15で大敗し準優勝。
 強力打線相手に1回表から毎回の失点を喫し、3.2回10安打10失点(自責7)で降板となった。
 同学年のチームメイトに田中大二郎(巨人06年高校3巡)ら。

 東海大進学後は1年春からリーグ戦に出場。
 ケガによる戦線離脱を経て2年秋に復帰を遂げ、翌春から菅野智之に次ぐ先発投手を務める。
 以降4シーズン連続投手十傑入りの活躍で通算15勝(6完投2完封)をマーク。
 3勝(無敗)、防御率0.60(1位)を記録した3年春にMVP、ベストナインのタイトルを獲得した。
 春の城西戦で初勝利(3安打1失点完投)、秋の筑波戦で5安打初完封勝利。
 3年春、4年春の大学選手権、4年秋の神宮大会に出場し、二度の準優勝を経験している。
 3年春の大会は海洋学部に1対3でまさかの初戦敗退(7回2死から逆転2ラン)。
 4年春の選手権2回戦で打線の援護を受け、大体大相手に7回5安打完封勝ちを記録した。
 3年7月には首都大学リーグ選抜としてワールドポート・トーナメント大会を経験。
 3試合(先発1)8.2回で2失点の結果を残したが、チームとしては3勝6敗0分で最下位に沈んだ。
 同学年のチームメイトに伊志嶺翔大(ロッテ10年1位)ら。

 鷺宮製作所入社後は1年目から公式戦に出場。
 4年間で二大大会7試合(リリーフ6)に起用され、合計20イニングで防御率2.25の実績を残した。
 4番手として登板した1年目の1回戦・伯和ビクトリーズ戦で最速140㌔を計測。
 2回戦・JR東海戦で2番手として3.1回1安打4K無四球無失点の好リリーフを披露している。
 3年目の都市対抗準々決勝・JX-ENEOS戦(3対4逆転負け)で先発を経験。
 強豪チームを緩急のある投球で翻弄し、4回まで完全、7回途中4安打無失点の好投を見せた。
 二大大会通算7試合、0勝0敗、20回、17奪三振、防御率2.25。

 173cm73kg、緩急を武器とする技巧派左腕。
 セットから上体を前に傾けて重心を下げ、早めに着地し、左ヒジを使った腕の振りから繰り出す
 最速140㌔、常時130㌔台前半から後半ほどの切れの良いストレートと、
 90㌔台から100㌔台の落差あるカーブ、110㌔台のスライダー、110㌔台のチェンジアップ。
 まずまずまとまりのあるコントロールの持ち主。先発・救援の両面をこなす。
 甘いコースに入る球もあるものの、二大大会での四死球はわずか1。四死球率0.45を記録した。
 タイミングを外して打たせて取る投球が持ち味。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2015-05-03(日)|2015年社会人投手 | 首都大学 コメント(1) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
制球力の技巧派左腕か~~
巨人は最近直球派投手が多くなっているので是非指名してほしいですね
| ヨロコンデ〜G党6年目♪ | 2011年11月09日(Wed) 19:08 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2015年社会人投手 | 首都大学 コメント(1) Page Top↑