川崎 真(大阪商業大)

ここでは、「川崎 真(大阪商業大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 オリ 中日 楽天 東京 西武 阪神 千葉 横浜 福岡 巨人 日ハム 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



180cm74kg 右右 MAX143km スライダー・カーブ 広陵高
最速143㌔の伸びのある直球とスライダー。制球力に課題が残る。中学時代に全米選手権出場。

  動 画

  投手成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   12春:         登板無し
   12秋: 1 0勝0敗   1          1  9.00
   13春:         登板無し
   13秋:         登板無し
   14春:         登板無し
   14秋: 2 0勝0敗  3.2  0  1  2  0  0.00
   通算: 3 0勝0敗  4.2          1  1.93

 ■ 甲子園成績

     試合 回数 被安 奪三 四死 自責
   10春: 1 0.2  0  1  0  0 139㌔ 日大三

  最新記事

 ■ 「速い球を投げる」にこだわり--川崎真選手(1年)(毎日jp) 10/2/9

 「速い球を投げる」ことが投手の一番の魅力だと思う。野球を始めて3年目の小学5年の冬、投手になりたくて、キャッチボールの時にコーチの前で速い球を投げてアピールした。そのころからのこだわりだ。投手に転向してから、無駄に過ごす時間が無くなった。祖父を誘い毎日、家の前でキャッチボールをした。練習するほど速くなった。中学3年の時に全米選手権大会に全日本代表で出場した。全日本の仲間には、昨夏の甲子園に出た選手もいた。「うれしい半面、うらやましい」。甲子園で勝負したい。課題はコントロール筋力も柔軟性も「まだまだ。だけど僕は投手しかできない。投手をするために広陵に入った」。

   15春    回数 被安 奪三 四死 自責
   龍谷大 先   2  4  3  2  2
   神院大 先   0  0  0  2  0
           2  4  3  4  2 防9.00
     被安打率18.00 奪三振率13.50 四死球率18.00

 中学時代から帝京高校・伊藤拓郎投手と比較されるほどの有名な投手だったようです。
 こちらも1年秋で最速143㌔。選抜では力強さを増した投球に期待ですね。
 センバツにはシニア日本代表でチームメイトだった帝京・松本、北照・大野も出場します。

 ■ 広陵9点快勝!3年ぶり決勝進出(スポニチ) 09/9/28

 広陵が3年ぶりに秋の決勝に進出。背番号18の川崎が県大会初先発で力投した。「初回は少し緊張しましたが、2回以降は普通に投げられました」。最速142キロの直球とスライダーで祇園北打線を封じ、7回を1失点で乗り切った。今大会、エースの有原(2年)は準々決勝で1/3イニングを投げただけ。打力が期待される蔵桝(1年)も右ひざの故障でベンチを温めるなど、投打ともにまだまだ底は見えてこない。

 【 秋季大会成績 】
      試合 回数 被安 奪三 四死 自責 防御率 被安率 奪三率 四死率
   09秋公: 4 15.2  14  15  3  3  1.72  8.04  8.62  1.72
   09秋全: 19 68.1  41  73  28  8  1.05  5.40  9.61  3.69

  プロフィール

 広島県廿日市市。
 川崎 真(かわさき・まこと)投手。
 小学校3年時から野球を始め、大野東中では広島西シニアに所属。
 日本代表として出場した3年夏の全米選手権・ウエストミシガン戦でノーヒットノーランを達成した。
 北九州中央戦での16Kなど奪三振の多さで注目されていた速球派。

 広陵高では1年時から控えとしてベンチ入り。
 1年秋の県大会準決で公式戦初先発を果たし、祇園北相手に7回6安打1失点の結果を残す。 
 続く決勝戦・広島新庄高戦でも先発として5回を2失点にまとめる投球を披露。
 2年春選抜・準決に8回1死1、2塁から登板し、雨が降り続く悪天候の中で139㌔を計測した。
 一挙10得点と勢いに乗る日大三相手に全7球直球勝負で一ゴ、三振を記録。
 チームとしては9回表4得点の追い上げ及ばず、9対14逆転負けで決勝戦進出を逃している。
 夏甲子園(初戦敗退)での登板は無く、秋の県大会は3決で総合技術に敗戦。
 制球力不足で3年間通して控え投手にとどまり、3年夏も救援1試合1回のみの登板に終わった。 
 当時1学年上に有原航平、同学年に上原健太ら。

 180cm74kg、直球を武器とする本格派右腕。
 最速143㌔、常時130㌔台後半の伸びのあるストレートが武器。スライダー、カーブを操る。
 高1秋68.1イニング(練習試合を含む)で73奪三振(率9.61)を記録した。
 ストレートで押すピッチングが持ち味。制球力、安定感が課題が残り、実績はまだ少ない。
 中学で140㌔、高1秋時点で143㌔を計測していた。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況





 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する