古田 康浩(明治安田生命)

ここでは、「古田 康浩(明治安田生命)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 オリ 中日 楽天 東京 西武 阪神 千葉 横浜 福岡 巨人 日ハム 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



180cm75kg 右右 MAX143km スライダー・カーブ・フォーク・カット 箕面学園→佛教大 7年目
低めに集め安定感ある投球。2年目選手権初戦1安打完封勝利、トヨタ戦3安打1失点完投。

  投球成績

   10日     回数 被安 奪三 四死 自責
   新日鉄広 先   9  1  6  1  0
   ト ヨ タ 先   9  3  6  0  1
           18  4  12  1  1 防0.50
       被安打率2.00 奪三振率6.00 四死球率0.50

 ■ 大学時代成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   05春:         登板無し
   05秋: 2  0勝0敗   2  3  3  0  0  0.00
   06春: 5  3勝0敗  24.2  20  21  6  6  2.19(7位)
   06秋: 5  5勝0敗   37  16  32  3  2  0.49(2位)
   07春: 7  4勝1敗  39.2  28  27  1  4  0.91(3位)
   07秋: 5  4勝0敗   28    35  4  1  0.32(2位)
   08春: 5  4勝0敗   34          5  1.32(3位)
   08秋: 4  2勝1敗   19          2  0.95(1位)
   通算: 33 21勝2敗 184.1          20  0.98
    ※ 06秋:最優秀投手 07春秋:ベストナイン 

 【 全国大会 】
     試合 回数 被安 奪三 四死 自責
   07選: 1  5   5  2  2  3     札幌大
   08神: 1  4   4  2  2  0 143㌔ 東福大
   通算: 2  9   9  4  4  3 防3.00
     被安打率9.00 奪三振率4.00 四死球率4.00

  最新記事

 ■ トヨタが明治安田に1-0で勝つ(毎日jp) 10/11/9

 トヨタ自動車打線をわずか3安打に抑えながら敗れた明治安田生命の古田は、「失投を打たれたので、自分の投球に納得はしていません」。二回、フルカウントから外角を狙ったカットボールが中に入り、田中に左翼席に運ばれた。それでも、“全国デビュー戦”だった1回戦から18回を投げ抜き、被安打計4、失点1。「変化球でゴロを打たせることができたし、球が浮かなければ球威がなくても抑えられる」。手応えを持ち帰った。

 ■ 明治安田生命28年ぶり出場で大会初勝利(スポニチ) 10/10/31

 明治安田生命が大会初勝利を挙げた。初陣だった28年前は遊撃手で出場した藤光監督は「最高の試合ができたと思う。選手に感謝している」と喜びをかみしめた。立役者は右腕の古田だ。直球とスライダーを巧みに織り交ぜて1安打完封。「低めにボールを集めることを心掛けた。あまり球が浮くことはなかった」と胸を張った。初白星を弾みに旋風の予感が漂う中、古田は「勝ちを意識せず、自分にできることを一つずつやっていく」と静かに意気込んだ。
 西雄監督は「球の出し入れがうまかった」と脱帽した。外の変化球に狙いを定める作戦だったが、「カットボールのキレが思ったより良かった」と大久保主将。(神戸新聞)

 ■ ルーキー古田康は6回1/3、11K無失点!(スポニチ) 09/3/12

 明治安田生命のルーキー古田康が大仕事をやってのけた。竹内監督が「(8年間の)監督人生で記憶にない」というシーズン開幕戦の新人先発起用。京滋リーグ・佛教大で通算21勝の実力派右腕は、6回1/3を6安打11奪三振無失点で期待に応えた。この日は最速138キロの直球を見せ球に、得意のスライダーで6回無死一塁から3者連続三振もマーク。「先発はきのう(10日)言われ驚いた。11三振は人生初です」と笑顔の古田康を「チーム合流から落ち着きがあったので使った。素晴らしい投球」と指揮官も絶賛していた。

過去記事

 ■ 仏教大が神宮大会進出 古田5安打完封(デイリースポーツ) 08/11/11

 第39回明治神宮大会関西地区第2代表決定戦が10日、南港中央球場で行われ、仏教大が3-0で龍谷大を下し、4年ぶり3度目の神宮大会出場を決めた。仏教大はMAX142キロ右腕・古田康浩投手(4年)の5安打完封で神宮切符をつかんだ。速球、変化球を低めに集めて無四球の圧巻ピッチ。「気負わず、大学生活最後の試合を楽しもうとマウンドに上がった」と笑顔を浮かべた。山田龍平投手(4年)との2本柱は安定感抜群。「粘り強く戦えば、全国でも勝てると思う」。卒業後は関東地区の社会人チームでプレーすることが決まっているが、その前に神宮大会で“仏教旋風”を起こしたい。

  プロフィール

 大阪府・箕面学園出身。
 古田 康浩(ふるた やすひろ)投手。
 高3夏は3回戦で敗退、甲子園出場実績は無し。

 佛教大では1年秋からリーグ戦に登板。
 先発1番手としてコンスタントに成績を残し通算21勝(2敗)を挙げた。
 2年秋に5勝(無敗)で最優秀投手賞、3年春秋にベストナインを受賞している。
 全国大会には3年春、4年春秋の3度出場。
 2試合に先発するも5回3失点、4回2失点でいずれも負け投手となり結果を残せず終わった。
 同期に谷掛雄介投手(西濃運輸→和歌山箕島球友会)。

 明治安田生命入社後は1年目春から公式戦に登板。
 スポニチ大会初戦で日本通運を7回途中11奪三振無失点に封じ社会人初勝利、
 開幕投手抜擢に応える好投を披露。
 2年目日本選手権では低めに集める投球で新日鉄広畑相手に1安打完封勝利を挙げ
 同大会28年ぶり出場となったチームに初勝利をもたらした。
 続くトヨタ戦でも敗れはしたもののソロ本塁打による1失点のみで3安打無四球完投。
 2試合18回をわずか4安打1四球1失点に抑えている。

 180cm75kg、右オーバースロー。
 癖の無い投球フォームから常時130㌔台中盤から後半の伸びのある直球と
 緩いカーブ、大きく曲がるスライダー、カットボール、フォーク。
 球速はさほど無いが抜群のコントロールで低めに集め打たせて取る投球に持ち味。
 打者との駆け引きに長け安定感のある投手。
 
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2011-02-04(金)|2015年社会人投手 | 京滋大学 コメント(3) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
社会人向きの選手だと思う。
プロに行くには速球が145以上はほしい。
| sato | 2010年06月04日(Fri) 19:53 | URL #q0isl8JA [ 編集]
全国大会での登板が多い訳ではないので判断が難しいところですね。
愛知はすっかり知名度上がりました。
二部にどんどん人材が出てくるのがおもしろいところ。
九州は高校生から随分面白そうな人材揃い、これからさらに注目の地域ですね。
| gogo126 | 2008年04月28日(Mon) 20:17 | URL #q1Fr55OM [ 編集]
井の中の蛙、ですかね?

リーグはどのくらいのレベルなんでしょうかね?最近は、名古屋なんかがレベル高くなってきてますね。

九州もですかね。
| jL | 2008年04月27日(Sun) 23:42 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2015年社会人投手 | 京滋大学 コメント(3) Page Top↑